約束を守らない韓国には報復外交と日韓断交しか方法がない

約束を守らない韓国には報復外交と日韓断交しか方法がない

日本政府と韓国政府は2015年12月28日に日韓合意を交わし、慰安婦問題については、「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認した」と言った。

不可逆というのは「蒸し返さない」ということだ。しかし、韓国はソウルの慰安婦像を撤去せず、釜山に慰安婦像を建て、以後も世界中のあちこちに慰安婦像を建てまくって蒸し返し続けてきた。

そして2017年12月27日、韓国は「合意まで被害者(元慰安婦)との意思疎通が相当不足していたとの結論になった」と言い出して、合意を守らない気でいる。

韓国政府がいちいち何か言わなくても、すでに慰安婦問題の「蒸し返し」が延々と執拗に続いており、2015年12月28日の日韓合意はまったく意味がないものになってしまっている。

これが韓国という国の実態だ。約束しても守られない。合意しても平気で破る。誠実さの欠片もなく、信頼できない詐欺国家だ。

しかし、韓国が信頼できないなど、最初からそんなことは分かっていた。(賛否両論の日韓合意。韓国を信頼したら、いずれ裏切られる

韓国に足元をすくわれて、こんな下らない合意をして10億円を毟り取られた岸田文雄前外相は最低の政治家だ。まさにネギを背負ったカモ同然だった。

それは、れっきとした「被害者ビジネス」だった

もともと慰安婦問題というのは、戦時売春をしていた韓国女性が「日本軍に強制連行された」「日本軍に性奴隷にされた」という嘘八百で、日本から金をふんだくるために仕掛けられたものだ。

「日本人に強制連行された」と嘘を最初に言い広めたのは吉田清治という胡散臭い共産党の人間である。背乗り(はいのり)をしたのではないかと疑われている男だ。(日本社会をひっくり返すようなインパクトを持つ闇とは何か

「韓国女性を強制連行した」という嘘八百を述べた。

それは真実ではないと後に分かったのだが、朝日新聞はそれをあたかも真実のように報道し、薄気味悪いほど粘着的に取り上げて問題に火を付けていた。

そして、朝日新聞お抱えのジャーナリストや弁護士が騒ぎ、日本から金がもらえると考えた高齢の韓国女性たちが従軍慰安婦に成りすました。

慰安婦だったことにすれば日本から賠償金がもらえる可能性があるし、韓国社会でも「かわいそう」とちやほやされる。実際、そのようになっている。

つまり、慰安婦になりすますというのは、高齢韓国女性にとっては悪いことではない状況になっている。

これは、れっきとした「被害者ビジネス」だ。被害者ビジネスとは、被害者になりすますことで相手から賠償金をせしめるビジネスである。

今までの日本は、相手が言うがままに謝罪して賠償してきたので、いよいよそれが韓国で大規模ビジネスになっていった。謝罪すればするほどこのビジネスは成長する。

韓国が世界中に慰安婦像を建てて、さらに日本を追い込もうとしていたのは、そうすればいくらでも日本から金をせしめることができたからである。

日本人はこの執拗な「謝罪と賠償」の要求に、やっと何が起きているのか理解するようになり、韓国が信用ならない国であることを身を持って知ることになった。

日本人の訪韓は最終的にはゼロになるのが望ましい

日本にとって謝罪とは「相手と和解して良い関係に結びつける」ためのものだ。しかし、中国や韓国や北朝鮮と言った日本の隣にある国々はまったく違う。

これらの国々にとって謝罪とは「屈服」の意味だ。そして、謝罪したものからは賠償金を絞り取るところまでがセットになっている。「謝罪と賠償しろ」というのは、屈服しろということなのである。

日本の謝罪には屈服するという意味はない。だから簡単に謝罪するのだが、良い関係に結びつけようと思って謝罪したら屈服したことにされるのだから、いかに中国・韓国・北朝鮮に謝罪するのが危険なのか分かるはずだ。

「価値感を共有していない」のである。

今まで日本人はそれが分からなかったが、謝っても謝っても執拗に「謝罪と賠償」を要求する韓国に、やっと日本人も気づくようになった。この国が「被害者ビジネス」をする遺伝子を持っていることに気付いたのである。

韓国が永遠に被害者の立場でいようとするつもりであることも理解するようになった日本人は、韓国に対して深い嫌悪を持つようになっている。

韓国に訪れる日本人観光客も静かに消えている。

それもそうだ。日本を国際的に貶めているような国に行きたいという日本人はいない。そもそも、まだ韓国に遊びに行っている人間がいるということ自体がおかしい。

韓国のツアーは激安なものが多いというが、激安ツアーにはワナがある。

無理やり土産店やショッピングに連れて行かれるコースが設定されており、それを拒絶したら違約金が発生するような契約になっているのである。そして、そこでぼったくられる。

反日国家に行く理由はないし、行ってもぼったくられるのだから、そんな国に行っても意味がない。

日本人の訪韓は最終的にはゼロになるのが望ましい。日本を貶める国に金を落とすというのは、いかなる形でも拒否すべきである。クズと関わるべきではない。

韓国に対する日本人の目は、氷のように冷めている

日本は、韓国を遠ざけることでトラブルを遠ざけることができる。韓国に関わるとトラブルに巻き込まれるというのは、一種の法則である。

当然だ。真実を重視せず、自分の都合の良い捏造ファンタジーを作り出して、それが真実だと大声でわめく国とうまくいく方がどうかしている。

しかも、捏造ファンタジーを無条件で飲むように迫ってきて、ひとつでも譲歩すると「謝罪と賠償」を執拗に求めてくる。それを突っぱねると、全世界に「日本が悪い」とわめき散らして反日に邁進する。

その反日も教育の現場から叩き込まれていて、日本憎悪が当たり前になっている国が韓国だ。だから、ありとあらゆる日本憎悪が噴き出してくるのだ。

竹島を強奪し、自分たちのものだと言い張る。靖国参拝問題で激しく日本に内政干渉する。仏像を盗んで、日本が盗んだと言い張る。

強制労働訴訟を何度も蒸し返して賠償を要求する。慰安婦問題を捏造し、何度も謝罪と賠償を要求する。慰安婦像を世界中に立てて日本を貶める。

旭日旗を戦犯旗と言い換えて使用を禁じようとする。日本海を東海と言い換えて名前の書き替えを要求する。日本の歴史教科書に介入し、自虐史観を植え付ける。

反日教育を推し進め日本人に対する差別意識を持つ。天皇陛下に謝罪しろと繰り返し言い募る。日本の文化を何でもかんでも韓国起源にしてしまう。

大統領自ら「千年恨む」と告げ口外交を展開する。日本文化をけなし、「韓流」を押しつけてくる。日本の初代首相を暗殺したテロリストを英雄視する。

日本企業の技術を次々と盗み、模倣を繰り返す。日本大使襲撃犯を英雄扱いして日本を貶める。軍艦島の世界遺産で強制労働があったと嘘を主張する。

そして、日韓合意を交わしてもそれを守らない……。

韓国に対する日本人の目は、氷のように冷めている。これだけ、問題がある国と関わるというのがいかに愚かなのか、なぜ日本人は気づかないのか。

問題解決は、毅然とした「日韓断交」以外にないのである。徹底的に関係を断ち、反日行動には報復外交をすることによってすべての問題を封じ込めることができる。

こんな単純かつ明快な外交を、なぜ日本政府は行おうとしないのか。日本はどうかしているとしか言いようがない。

韓国に対する日本人の目は、氷のように冷めている。これだけ、問題がある国と関わるというのがいかに愚かなのか、なぜ日本人は気づかないのか。問題解決は、毅然とした「日韓断交」しかない。

一般カテゴリの最新記事