韓国は歴史問題で日本を責め続けるが、日本人は韓国に来て金を落とせ?

韓国は歴史問題で日本を責め続けるが、日本人は韓国に来て金を落とせ?

韓国の外相である康京和(カン・ギョンファ)という人物が、日本人の観光客が激減していることを懸念して、「韓日文化・人的交流タスクフォース(作業部会)」というものを発足している。そして、その中でこのように発言している。

『歴史問題は原則通り対応しても、国民の交流は活性化させなければならない』

これが意味するところは「韓国は日本に対して歴史問題で責め続けるが、日本人は韓国に来い」ということである。なぜ日本人を韓国に呼び寄せるのか。日本人に韓国で金を落とさせるためだ。

これはすなわち韓国がいつもやっている「用日」である。

金をせしめるために日本を利用する。日本を利用することを韓国では「用日」という。あるいは「ツートラック」とも言う。

韓国は日本を利用することしか考えていない。金が欲しいときは日本に擦り寄り、自分たちが有利に立ったと思ったらすぐに日本を攻撃する。

従軍慰安婦の問題でもそうだが、韓国のゆすり・たかり・嫌がらせは手を変え形を変えて、延々と続いている。国際条約も日韓合意もまったく関係ない。いつでも日本を責め、それでいて日本にタカる。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

 

日本にストーカーのようにつきまとっている

日本人は脅せばいくらでもカネをむしり取れると韓国は思っている。

だから、『歴史問題は原則通り対応しても、国民の交流は活性化させなければならない』みたいなことを言える。要するに日本を舐めきっているのである。

ひとつ、はっきりと自覚しなければならないことがある。それは、韓国は日本に憎悪を剥き出しにして「敵として認識している」ということである。

反日教育を行い、ありとあらゆる部分で日本を貶め、日本を敵として「全面攻撃」してきている。日本人を下劣に貶めるために何でもする。

韓国は長らく反日教育を公然と行ってきた挙げ句、日本人を「サル」だと言い放つ。日本海を呼称変更せよと要求し、日本大使館前やアメリカに慰安婦像を設置して、執拗ないやがらせを行っている。

大統領が変わろうが何だろうが反日姿勢は同じだ。

2012年8月10日、韓国の大統領だった李明博は日本への事前通告をせずに竹島に上陸して、それを「韓国の国土だ」「天皇は土下座して謝れ」と言い放った。

朴槿恵も「1000年恨む」と発言し、アメリカに行ってはオバマ大統領にも日本外しを提案していた。

さらに現在の大統領である文在寅も、朴槿恵が結んだ日韓合意を「この合意で慰安婦問題は解決できない」「合意は問題解決にならない」と反故にしようと画策している。

そして、捏造した慰安婦問題を何度も蒸し返して、もっと謝罪や賠償を引き出そうと、執拗に、粘着的に、日本にストーカーのようにつきまとっている。

その病的なまでの敵対には、どこか精神異常のような様相さえ見える。薄気味悪く、異様だ。

本来であれば、日本はもう国交断絶すべきである。なぜそうしないのか、国民の多くは疑問に思っている。日本は最終的に国交断絶を宣言するしかないのだが、それを先延ばしするから、次から次へと問題が出てくる。

 

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

 

「弱腰」で対処するからこのようなことに

日本の外交の問題のすべては、日本政府と日本人の「事なかれ主義」と「弱腰」から始まっている。

「謝罪すれば何とかなる、日本が折れれば何とかなる、金を出せば何とかなる」と日本政府は考えて、周辺国と真っ向から対立するのを徹底して避けた。

だから日本は舐められ、恫喝され、いつまで経っても謝罪と賠償を要求され続けるのだ。

中国・韓国・北朝鮮は明確に「反日」の立場を鮮明にして、折に触れて日本を貶めているが、そうであれば、これらの国は日本の味方でも友人でもない。敵なのである。

敵だと薄々分かっていても「事なかれ主義」と「弱腰」で対処するからこのようなことになる。

毅然と対峙しないから、どんどん物事が日本に悪い方へと傾いていく。日本人の「事なかれ主義」は、国を滅ぼす最大の要因となってきている。

敵を敵と認識できない甘さが、韓国の傲慢を膨らませてしまった。日本は韓国が何をしても、一向に毅然とした態度が取れない。韓国はそこにつけ込んでいるのである。

日韓合意を結んでも韓国側がいっこうに守ろうとしないことで分かったはずだ。韓国とは話し合いをしても合意を結んでも遺憾の意を突きつけても無駄なのだ。

日本がすべきことは単純だ。

日本は韓国と国交断絶しなければならない。人的交流も経済交流も断たなければならない。韓国と対立し、衝突し、戦争するよりも、単純に国交断絶するのが最も合理的で効率的な解決方法である。

また韓国が日本の国益を毀損するのであれば、報復外交を展開しなければならない。

いっさい関わらない。相手が日本に絡んできたら報復外交する。それが日本の「正しい外交」である。

 

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

 

何癖をつけて、金をゆすり、たかり、むしり取る

文在寅は無能大統領だった朴槿恵の経済政策を否定し、韓国経済を立て直すとして大統領になった。

ところが、文在寅もやはり無能のままで、現在の韓国経済は非常に危うい状態の中にある。雇用を増やすと豪語していたが、実際には失業率はこの17年間で最悪、就業者数も3分の1に落ち込み、青年就業者増加数はゼロ。

所得を増加させると言って「最低賃金引き上げ」を行ったら、雇用主がコスト増大を恐れて雇用を抑えるだけでなく、雇っていた人員すらもリストラして「雇用ショック」が起きる始末である。

韓国礼賛なら何でも報道するメディアは、こうした韓国の苦境をまったく報道しない。

財閥も中小企業も一部を除けば「ほぼ全滅状態」で、高齢者の貧困も危機的になっており、スラムもホームレスも経済を苦にした移民も増え続けている。

韓国経済は地獄に向かって転がり落ちようとしているのが今の姿なのである。

これから韓国で起きるのは、さらなる困窮である。韓国ではサムスンのような大手企業と中小企業の差が途方もなく開いていて、それがそのまま国民の格差になっている。そのサムスンも中国企業に侵食されて先が見えなくなっている。

韓国はそんな国内事情を抱えている。そして、韓国は何をしたいのか。韓国は自国の失政を穴埋めする「金」を求め出しているのだ。

だから韓国政府はすべて日本のせいにして、日本人にありとあらゆる何癖をつけて、金をゆすり、たかり、むしり取りにきている。

康京和(カン・ギョンファ)の「韓国は日本に対して歴史問題で責め続けるが、日本人は韓国に来い」というのも、日本人から金をむしり取る動きのひとつである。

日本人は韓国を拒絶しなければならない。なぜ日本人が韓国に行って金を落とさなければならないのか。馬鹿げている。(written by 鈴木傾城)

 

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

日本人は韓国を拒絶しなければならない。なぜ日本人が韓国に行って金を落とさなければならないのか。馬鹿げている。

一般カテゴリの最新記事