日本人は「今の野党を壊滅させること」を決断しなければならない

日本人は「今の野党を壊滅させること」を決断しなければならない

大した支持率があるわけでもない野党が、国会審議もせず、提言もせず、議論もせず、対話もせず、朝から晩までモリカケ、モリカケと馬鹿の一つ覚えのようにわめき散らしている。

それをマスコミが煽り、日本の政治を空転させている。

野党は安倍政権を崩壊させようとして、それだけの目的で安倍政権を攻撃している。すでに国民は野党の攻撃とマスコミのクズのような個人攻撃にうんざりしている。

それでも野党とマスコミはまったく倒閣運動をやめようとしない。モリカケ、モリカケと言っているのだが、実際のところ安倍政権を攻撃できれば何でもいいわけで、モリカケに何か意味があるわけではない。

彼らはただ政治を空転させたいだけだ。

仕事もしないで倒閣工作に走るその姿は異常であり、その粘着性も薄気味悪い。疑惑でも何でもないものを疑惑として煽って印象操作だけで安倍政権を崩壊させようとしているのだから悪質極まりない。

私たち日本人はこんな野党を必要としているのだろうか。こんな野党など「ない方がマシ」ではないだろうか?(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

 

自民党であっても間違ったことはたくさんする

日本人が求めている野党というのは、「国益のためになること」「国民のためになること」を具体的に「こうだ」と提示してくれて、それを実現するために与党と議論を重ねて正しい方向に国を導いてくれる存在である。

与党・自民党であっても間違ったことはたくさんする。

たとえば、韓国絡みでも今の自民党はあまりにも不甲斐ない。自民党は竹島を奪還しようと積極的に動かないし、韓国と国交断絶をしようとしない。

それどころか、約束も守れないような国である韓国と日韓合意みたいなものを結んだり、韓国が合意を守らなくても報復措置を取ることもない。

なぜ、野党はこのような自民党の不甲斐ない点を厳しく追求しないのか。なぜ、「守られもしない日韓合意を結んだのか?」と自民党に激しく詰め寄らないのか。なぜ「信用できない韓国と国交断絶せよ」と自民党を糾弾しないのか。

国民はそれを求めているのに、野党はまったく何もしない。何も言わない。「不甲斐ない自民党」を追及しない。

それだけではない。

野党は「消費税を引き上げるというのは日本にとって良いことなのか?」という議論を自民党とすることもない。あるいは、「外国人に生活保護を与えるとはいったいどういうことなのか?」と国民に変わって国会で質問することもない。

あるいは「このままでは日本は崩壊する可能性があるのに、なぜ少子高齢化を放置するのか」と国民と一緒になって世論を喚起するすることもない。

少子高齢化の議論が深まれば、改善に向けてすぐにできることもたくさんある。

「出産にかかる費用を完全無償化する」とか「子育て支援金を出す」とか「子育て世代のために格安な住居を提供する」とか「保育園を十分に増やす」等は、本来は今この瞬間にでも実現できていないといけないことである。

与党もそうだが、野党が何もしないから、少子高齢化が深刻化して日本は未来が消えつつある。

 

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

 

今の野党はまったく日本のためになっていない

今の野党はまったく日本のためになっていない。日本の国益を高めるどころか、逆に日本の国益を毀損している害虫のような存在と成り果てている。

日本にはスパイがうようよしている。それは、沖縄の基地反対運動に大量の外国人がなだれ込んで、反日偏向まる出しのマスコミと結託して沖縄の日本離反工作を進めているのを見ても分かる通りだ。

日本は一刻も早くスパイ防止法を制定しないといけない。そうしないと、中国・韓国・北朝鮮のような国の工作員が日本をハイジャックする危険性もある。

そもそも今の日本は「日本人かどうか分からない国籍不明の人間」が議員をやっているような危険な国なのである。

「日本人かどうか分からない」と言うと、すぐに村田蓮舫を思い浮かべるが、実は自民党の内部にも日本人なのかどうかよく分からない人間が反日という牙を隠して蠢いている。

だからこそ、一刻も早くスパイ防止法を制定して、工作員を摘発しなければならないのである。

日本には中国政府の支持で動く工作員が数千人いるというのが誰の目にも明らかになったのは「長野聖火リレー」で中国人が5000人近く集まって示威活動をしたことだ。

「長野聖火リレー・中国人・暴動」で検索すれば、日本で大暴れする中国人の暴虐を私達は映像でいくらでも見ることができる。見たことのない人は検索してみるべきだ。マスコミはまったくこれを報道しない。

日本はもう「スパイだらけ」なのである。

スパイ防止法は審議にも上がらないが、野党がそれを持ち出さないからである。国民はそれを求めている。なぜ野党はそうしないのか。

「野党自身がもう工作員の巣になっているからではないか」と日本国民の多くは心の中で思っている。そうであれば、今の野党は必要ない存在であるという結論になる。

 

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

 

今の野党は存在価値がない。国を混乱させているだけ

自民党はまた国外に意味のない無償援助をばらまいているし、いつまで経っても自衛隊を国軍にしないし、CIAやモサドのような強力な諜報機関を創設することもない。

自民党はやるべきことをまったくやっていない。

だから、野党はそういった点を厳しく追及しなければならない立場にある。「やるべきことをやっていない」と自民党を激しく追及するのが本来の野党の姿だ。

ところが、そういった肝心なことをまったくしないで、ただ朝から晩まで「モリカケ、モリカケ」と騒ぐだけだ。ただ、安倍政権を崩壊させたいだけである。

今の野党はクズの集まりだ。

国益も語らないし、政策も語らないし、理念も語らないし、日本の将来設計も語らない。何も語らないで、くだらない倒閣工作ばかりして時間を浪費し、国会を空転させている。

今の野党が国会を空転させている限り、日本の政治は安定しないし、日本の国益も向上しない。

だとすれば、日本人がやらなけばならないのが何かが分かるはずだ。日本人は「今の野党を壊滅させること」を真剣に考えなければならなくなっているということだ。

今の野党は存在価値がない。国を混乱させているだけだ。これからも日本の役に立つ見込みもない。つまり、今の野党はどうしようもない。

役に立たない存在を生かしておいても日本の足を引っ張るだけで害悪でしかない。

そうであれば、日本人は「今の野党を壊滅させること」を決断し、そのためにできることをすべきだ。反日の野党がいかに危険なのかを訴え続けて彼らの影響力を削ぎ、選挙にも当選できないように声を上げていく。それが第一歩だ。

私たちは野党は必要だが、反日野党は必要ない。必要なのは、きちんと国益を追及できる真の野党である。(written by 鈴木傾城)

 

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

日本人は「今の野党を壊滅させること」を決断し、そのためにできることをすべきだ。反日の野党がいかに危険なのかを訴え続けて彼らの影響力を削ぎ、選挙にも当選できないように声を上げていく。それが第一歩だ。

一般カテゴリの最新記事