杉田水脈氏への攻撃は反日マスコミのいつもの見え透いた手口である

杉田水脈氏への攻撃は反日マスコミのいつもの見え透いた手口である

『新潮45』の8月号に自民党の杉田水脈氏は「『LGBT』支援の度が過ぎる」というタイトルでひとつの論文を寄稿した。

LGBTは、L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダーを指す用語であり、杉田水脈氏は彼らの支援のあり方に問題提起している。

しかしこの論文は物議を醸して、差別だと激しく糾弾されている。「LGBTのカップルは生産性がない」という一部分だけがクローズアップされて、これが糾弾されているのだ。

朝日新聞や、朝日新聞グループの雑誌やメディアがこぞって杉田水脈氏の論文の趣旨を曲解して火を付けて回り、野党と活動家に騒がせている。

そして、問題の本質と外れたところで、杉田水脈氏を差別主義者のようなレッテルを貼ろうとしている。しかし、杉田水脈氏が差別主義者ではないのは明らかだ。

『新潮45』の8月号をしっかり読んで欲しい。

これを読んで見て感じるのは、杉田水脈氏にはまったく差別の意図がないということである。これに騒いでいる野党や活動家は何かおかしい。はっきり言って、野党の騒いでいる人間たちは文章を読んでいない。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

杉田水脈氏はLGBTの生きづらさを理解している

彼女自身はLGBTに関してまったく差別意識はないことはその文章を通して読むと分かる。たとえば、彼女は次のような文章を書いている。

もし自分の男友達がゲイだったり、女友達がレズビアンだったりしても、私自身は気にせず付き合えます。職場でも仕事さえできれば問題ありません。多くの人にとっても同じではないでしょうか。

杉田水脈氏に差別意識があったら、このようなことは書かない。そして彼女自身は「LGBTの生きづらさ」をもきちんと理解している。

LGBTの当事者たちの方から聞いた話によれば、生きづらさという観点でいえば、社会的な差別云々よりも、自分たちの親が理解してくれないことのほうがつらいと言います。親は自分たちの子供が、自分たちと同じように結婚して、やがて子供をもうけてくれると信じています。だから、子供が同性愛者だと分かると、すごいショックを受ける。

世の中を見渡せば、LGBTの人々に関してまったく理解がなく、頭から嫌う人もいる。私に言わせれば、彼女はLGBTの立場をしっかりと把握して理解も示しており、非常に寛容な女性であると思える。

杉田水脈氏の『新潮45』の趣旨はこうだ。

「朝日新聞や毎日新聞は欧米の真似をしてLGBTの権利を認めよと言うが、日本は欧米のような宗教に根ざした苛烈な差別はないので税金を使ってまで支援する必要性はない。むしろ生きづらさを克服できるような乗り越える力を教育で与えるべき」

これは差別だろうか。まさか。杉田水脈氏はLGBTを差別するどころか、むしろ「理不尽な世の中を彼らが乗り越えられるような力を教育で与えよ」と言っている。これについては、次の文章を読めば分かるはずだ。

リベラルなメディアは「生きづらさ」を社会制度のせいにして、その解消をうたいますが、そもそも世の中は生きづらく、理不尽なものです。それを自分の力で乗り越える力をつけさせることが教育の目的のはず。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

「生産性がない」と言ったのは立憲民政党の菅直人

杉田水脈氏は、欧米と違って日本はLGBTに関してはそんなに強烈な差別はないと分析し、だからこそ税金を投入して彼らに何かするよりも、むしろ「乗り越える力」を教育で与える方が理に適っているという点を言いたいのだ。

問題の「生産性がない」という点も、子育て支援や子供ができなカップルへの不妊治療の対比として出しているだけだ。さらに税金投入という行政的な支援から見た区分けの用語として「生産性」という言葉を使っただけだ。

例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたびにもてはやすマスコミがいるから、政治家が人気とり政策になると勘違いしてしまうのです。

この文章は、「子育て支援は少子化対策として効果がある」「子供ができないカップルへの不妊治療も少子化対策として効果がある」「LGBTのカップルは賛同が得られるのか?」という流れになっているのだ。

杉田水脈氏が括弧書きで「生産性」という言葉を使ったのは、過去にそのような言葉を使った政治家がいるから、それが頭に残って揶揄するつもりで使った可能性すらもある。

「子供を産まないから生産性がない」と言った政治家は誰か。現在、立憲民政党にいる菅直人元首相だ。

この男は鳩山由紀夫と並んで戦後日本最悪の首相であると言われているのだが、この男が「子供を産まない=生産性がない」と発言していた人間だったのである。

そうであれば、マスコミは菅直人を引っ張り出してきて糾弾しなければならないのだが、そうしない。なぜなら、菅直人は反日側の活動家上がりの人間であり、反日マスコミの「お仲間」であるからだ。

 

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

反日マスコミのやっている「いつもの手口」だった?

この騒動の目的は、実はLGBTの問題を題材にした「反日マスコミの保守派議員潰し」であることに気づかなければならない。

保守派議員を「潰す」ために何でもいいから材料を作り、騒ぎ、世間の食いつきが良ければ野党や活動家を使って盛大に扇動する手口を使っている。

(1)保守派議員を攻撃できる問題を探す。
(2)見つけたら大騒ぎして火を付けて回る。
(3)野党や活動家を焚き付けて騒がせる。
(4)「辞任しなければならない」と強制する。

何のことはない。これは反日マスコミが使う「いつもの手口」なのである。使い古しの、見え透いた、分かりやすい保守派議員潰しの手口だ。

朝日新聞が火を付け、野党と活動家が騒ぐといういつものルーチンが杉田水脈氏のLGBT論文でも使われているのだ。

攻撃材料を見つけ、保守派議員を「民衆の敵」のように仕立て上げ、そして攻撃し、叩き潰す。逆に自分たちの側にある反日政治家に対しては、どんなスキャンダルや問題言動を引き起こしても隠蔽するか擁護する。

これが反日マスコミのやっていることだ。

モリカケの問題でも、安倍首相が一年以上に渡ってこの手口で攻撃されているのだが、やっている手口はワンパターンであることに気づけば世の中が見えてくるはずだ。

マスコミは凋落したとは言っても、今でも強大な影響力を持っている。マスコミの一定の影響力はこれからも残る。そのため、この手口は何度も何度も繰り返し保守系の政治家に使われると見なければならない。

私たちがしなければならないのは、こうした卑劣な手口がいつも使われているということを理解し、保守派議員をきちんと守り抜くということである。

杉田水脈氏は日本にとって重要で大切な議員である。私はひとりの日本国民として彼女の政治生命を守りたいと考えている。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

 

朝日新聞が火を付け、野党と活動家が騒ぐといういつものルーチンが杉田水脈氏のLGBT論文でも使われている。攻撃材料を見つけ、保守派議員を「民衆の敵」のように仕立て上げ、そして攻撃し、叩き潰す。逆に自分たちの側にある反日政治家に対しては、どんなスキャンダルや問題言動を引き起こしても隠蔽するか擁護する。これが反日マスコミのやっていることだ。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

一般カテゴリの最新記事