複雑化する社会、安定なき雇用、激しい競争、そして脱落の恐怖が襲う

複雑化する社会、安定なき雇用、激しい競争、そして脱落の恐怖が襲う

「精神疾患」にかかる患者が世界中で急増している。精神疾患の代表は鬱病だが、この鬱病も例外ではない。

世界保健機関の統計でも、いまや世界で約3億5000万人が鬱病で苦しんでいるとある。毎年100万人近い自殺者のうちの約半数が鬱病による自殺である。

精神的な疾患により医療機関にかかる人々は年々増えていく一方で、先進国はおろか新興国まで患者の増加が止まらない。

「精神疾患」というのは、鬱病だけではなく、統合失調症、不安障害、認知症も含むのだが、精神疾患の内訳を見ると、「鬱病・不安障害・統合失調症」の3つで大部分を占めている。

精神疾患については、現代医学や製薬会社が精神疾患の認定者を積極的に増やして売上を上げているという側面や、向精神薬そのものが自殺を誘発しているのではないかという「医学の闇」も原因としてあげられることもある。

しかし、現代社会のあり方そのものが全世界の人間に激しいストレスを与えているというのも事実であり、向精神薬を服用していない人も精神破壊に追い込まれている。

これが見過ごせないほど深刻化している。無防備に生きていると、やがて精神を蝕まれ、そして破壊されていく。現代社会の何が私たちを追い込むのか……。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

誰もが現代社会を見通せなくなった理由

グローバル化が世界の隅々にまで浸透して行く時代の中で、人々のストレスが増大していくのはなぜなのか。これには4つの要因があると言われている。

まず、最初に指摘されるのが「社会の複雑化」である。

物事が複雑化すると、人々はその複雑さに対して対応を迫られることになる。ありとあらゆる分野が細分化され、それを理解するためには深い専門知識が必要となる。

しかし、人間の能力はそのすべてに対応できるはずもなく、現代社会には私たちの理解できない「ブラックボックス」が大量に生まれていく。

要するに、私たちは誰もが現代社会を見通す能力がなくなっている。知らなければならないことが大量にあって、しかもそのどれもが人間の能力の限界を超えている。

今でもそんな状態なのに、テクノロジーはさらに進歩していき、そのたびに多くの人が出遅れる。大勢が、社会から置いてけぼりにされてしまう。テクノロジーの進歩についていけない。

これが人々のストレスになる。社会の動きについていくのに精一杯なのに、追いついたと思った頃にはまた社会の方が新しい変化を見せる。

変化についていけないと、自分の存在そのものが時代遅れになってしまい、適応できないと転職するにしても有利な転職ができない。

企業そのものも、テクノロジーの変化に乗り遅れると、あっという間に淘汰されて消えていく。

現代社会は、人々に複雑化した社会の対応を迫るのだが、これが人々の心に絶え間ない緊張感を与えることになり、激しいストレスを感じさせるようになる。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

グローバル化がもたらした激しい競争

「安定なき雇用」も、人々を激しいストレスに追いやる大きな原因となる。

現代社会はグローバル化を加速させ続けており、企業は全世界から激しい競争を強いられるようになる。インターネットでは常に「他よりも安い」企業が出現し、すべての企業がコスト削減を強いられるようになっていく。

そのコスト削減は、非正規雇用をどんどん促進させていくのだが、これは「人間の使い捨て」である。企業は労働者を必要な時に集めて歯車のひとつにして、壊れたら使い捨てにする。

グローバル化がもたらした激しい競争は、「安定なき雇用」を生み出しているのである。

これは、働く側から見れば、いつクビを切られるのか分からないということである。今日は働けても、明日にはクビになっているかもしれない。

逆に雇用を死守する企業は、環境が変わったときにクビを切れない社員が重荷になって会社ごと消えてしまう可能性もある。そうなれば、クビではなくても路頭に迷うという点では同じである。

安定なき雇用は、もちろん働く人間に強く深刻なストレスを与えることになる。生活が安定せず、将来に対する不安はずっと消えることがない。生活が安定しないのだから、これほどのストレスはない。

人々は、クビにされないために、他人よりも多くの資格、勉強、仕事をして、何とか生き残ろうとする。賃金をもらえない長時間労働に追い込まれる人も珍しくない。

多くの人がいっせいにそれをするので、結果的に安定なき雇用は人と人の間に「激しい競争」を生み出す。同僚は仲間ではなく、競争相手になる。すなわち、蹴落とす相手になっていくのである。

相手を蹴落とさなければ、自分が蹴落とされるかもしれない。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

永遠に逃れられない競争の中に放り込まれる

「複雑化する社会」「安定なき雇用」は、「激しい競争」を生み出す。この「激しい競争」が、人々を強いストレスに追い込む3つめの要因となる。

自分の給料やクビがかかっているので、企業に勤める人々は、もう立ち止まることは許されない。

永遠に逃れられない競争の中に放り込まれ、足を引っ張り合い、死ぬまで競争させられる。

回し車の中でクルクル回っているネズミと同じで、働いても、働いても、一向に終わりのない競争に駆り立てられる。これは死のラットレースである。

世の中には、このような競争が死ぬほど好きな人もいる。しかし、多くの人はこのラットレースで疲れ果て、心を病む。

そして、時間が経つとポツリポツリと誰かが精神的に壊れて脱落していくのだが、脱落するとどうなるのか。今度は下流に落とされて、そこから這い上がれなくなる。

「脱落の恐怖」もまた人々に大きなストレスを与える要因となる。競争から脱落したり、蹴落とされたり、病気になったりすると、競争社会から叩き出される。そして、たちまち生活に困窮することになる。

人間にとって、食べて行けないというのは、最大のストレスだが、脱落したら本当に食べていけなくなるので、誰もがそんな状態に恐怖する。

しかし、競争があるということは、脱落してしまう人もいるということである。不運は誰の身にも降りかかる。自分が絶対に脱落しないとは誰にも言えないのである。

「複雑化する社会」「安定なき雇用」「激しい競争」「脱落の恐怖」は、すべて現代人に密接に関わり合っていて、そのすべてが人々に激しいストレスを与え、じわじわと心を削いでいく。

心が壊れていく人がこれからも増えていったとしても、まったく不思議ではない。そして、誰が追い込まれても不思議ではない。

誰もが他人事ではない。次に窮地に追いやられるのは、私たちかもしれないのだ。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

「複雑化する社会」「安定なき雇用」「激しい競争」「脱落の恐怖」は、すべて現代人に密接に関わり合っていて、そのすべてが人々に激しいストレスを与え、じわじわと心を削いでいく。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

一般カテゴリの最新記事