アマゾンで出回っている中国製の粗悪品を買うと社会が荒廃する理由とは?

アマゾンで出回っている中国製の粗悪品を買うと社会が荒廃する理由とは?

中国は偽物・安物・粗悪品が横行する大国で、食品から工業製品までそうしたもので覆われているのは誰もが知っている。

目先の金儲けのために、客の安全や安心をないがしろにして「売り逃げ」する。そして、そうやって粗悪品を売りつけて儲けては「騙される方が悪い」とうそぶいて哄笑する。そういう体質がある。

中国人が自国内でそれをやっているのであれば、私たち日本人には何の関係もない。それは「彼ら」の問題である。

しかし、最近はそうではなくなった。日本に莫大な中国人が流入するようになって、今のアマゾンや楽天やヤフーショッピングのようなインターネット・サイトには中国人が中国製だと隠して粗悪品を大量に売りさばく時代になっているからだ。

こうした製品は概して異様な安値で売っていたりする。そのため、粗悪品ほどよく売れて「悪貨が良貨を駆逐する」ような状況と化す。

しばらく売っていると悪評判が立つ。そうすると、そのネットショップを畳んでまた違う名前で同じことをする。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

極端に安いモノにはワナがある

安い製品は「使い捨て」の感覚で人々は買う。すぐに壊れて捨てる覚悟で買うのだから、それがどんなに粗悪品でもいいではないかと考える人もいる。

しかし、そうした製品ばかりを人々が買うようになると、しっかりした品質で作られた安売りできない製品は徐々に売り上げを維持できなくなり、コスト削減を極限まで進めるしかなくなる。

通常、企業のコストの中で最もウエイトを占めているのは人件費なので、企業は人件費を削るしかない。

つまり、「使い捨て」の安物が広がれば広がるほど、私たち私たち自身もまた使い捨てされ、安い賃金に落とされるという流れになる。

使い捨て、安物の製品・サービスと言えば、ひとことで言えば「粗悪品」ということになる。この粗悪品に関われば関わるほど、私たちの人生も粗悪になるということだ。人々がモノをどのように選択するかで私たち自身の運命も決まるのだ。

かつて粗悪品の代表と言えば100円ショップでそれは今も変わっていない。しかし最近は、アマゾンや楽天やヤフーショッピングに舞台を移して粗悪品が大量に出回るようになっている。

こうした粗悪品だけが爆発的に売れる世の中になるとどうなるのか。

粗悪品はその多くが中国製・韓国製の製品で、どこか手抜きした粗悪な製品を安物の値段で売る。

それが市場を席巻するということは、まともな品質でまともな製品を作っていた日本製の企業が成り立たなくなるということである。そうなれば企業は縮小し、従業員はリストラされていくしかない。

粗悪品しか売れない時代になると、自分たちの生活・人生すらも粗悪なものになっていくというのは、そういう意味である。極端に安いモノにはワナがある。巡り巡って、そのツケは自分に返ってくる。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

粗悪品に関わると、とんでもないことになる

通常、私たちがよく把握しなければならないのは「価値」の方だ。価値がないものはいくら安くても価値はない。

たとえば、命に関わる切実な病気にかかっていて、まったく効かないが安い薬と必ず効くが高い薬があったら、誰もが高くても必ず効く薬を選ぶ。なぜなら、必ず効く薬は「価値」があるからである。

価格と価値のどちらが大切なのかと言われれば、誰もが価値の方が大切だというのは分かる。それは現代社会に生きる私たちの常識だ。

しかし、それでも粗悪品は世の中からなくなることはない。なぜなら、粗悪品は「騙し」「錯覚」「捏造」によって売られるからだ。

粗悪品は、さも普通の製品であるかのように外観が装われて作られる。それによって消費者を錯覚させる。積極的に錯覚させるためにスペックなどを捏造したり隠蔽したりすることもある。

インターネット時代では製品のレビューが非常に重要な足がかりになるのだが、このレビューもまた改竄されてしまう。それによって人々は騙され、良いものを買ったと思いながら粗悪品をつかまされることになる。

そうした粗悪品がうまく駆逐されないと、本当に良い製品を作っている会社が苦境に落ちる。そうした状態が長く続くと、後で改めて良い製品を買おうとした時、すでに良い製品を作っている会社が消えてしまっていることもあり得る。

粗悪品が社会に出回ると害になるというのは、少しずつ日本人も理解できるようになってきている。

もちろん、私たちの収入は限りがあるのだから、誰でも安い値段でモノを手に入れたいという気持ちはある。だから、安いモノはそれなりに売れる。

しかし、ほとんどの日本人が極端なまでに安い製品しか購入しなくなると、そのツケは最後に日本社会の劣化となって跳ね返ってくるのである。すぐに壊れる粗悪品を持たされ、賃金も下げられ、生活が荒廃する。

安物の粗悪品が社会を覆い尽くすからだ。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

結局のところ、コスト削減には限度がある

材質をごまかし、強度をごまかし、含有量をごまかし、部品を減らし、いろいろなところを少しずつ手を抜いた結果、最終的には愚にも付かない品質となるのが粗悪品だ。

結局のところ、コスト削減には限度がある。その限度を超えるからモノは粗悪になる。粗悪なモノは長持ちしないし、危険だし、時には必要な性能すらも持ち合わせていない。

さらに、モノやサービスを激安で買うことばかりを考えていると、自分の人生も激安で売り飛ばさなければならなくなる。

粗悪品ばかりに囲まれるライフスタイルは辞めた方がいい。粗悪品しか買わないと、すべての商品が劣化する。その結果、社会が劣化していく。最後に、自分の人生が劣化させられる。

しかし、だからと言って高級品を買えと言っているわけではない。見栄の結果でしかないような無駄に高い高級品を買い込むのは馬鹿げている。

普通の人がポルシェやロレックスを買っても、ただの虚栄でしかない。ダイヤモンドを散りばめたスマートフォンのカバーがあったとしても、それは性能とは何の関係もない。

本質とは関係のないところで無駄なものを付与して極端に価格を上げても、それに意味があるわけではない。上にも下にも、極端に向かえば向かうほどツケが回るだけだ。

粗悪品を買わないというのは高級品を買うという意味ではなく、「適正なもの」を選ぶという意味だ。きちんとした常識があれば、適正なものがどれなのか判断できるはずだ。

呆れるほど安い粗悪品に関わる必要はないし、虚栄心だけのために作られた高額商品に関わる必要もない。ほどほどの値段で、きちんとした製品やサービスを利用するというのが、世の中にとっても自分にとっても一番いい。

価格だけを見て、粗悪品ばかり買ってはいけない。アマゾンで出回っている中国製の粗悪品を安値で買っていると社会が荒廃する。ようやく、多くの日本人がそれに気付くようになっている。日本人はそうした製品を積極的に排除することで社会を守ることができる。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

女性の間で大流行しているカラーコンタクトだが、中国製の粗悪品を買うと綿棒でこすっただけで色素が落ちる。これが長時間つけていると危機的なまでに目を傷つけることになる。こんな粗悪品が日本のネットショップでも普通に売られて日本の若い女性が使っている。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

一般カテゴリの最新記事