韓国に「付き合いきれない」とはっきり言うのは相互理解のために必要

韓国に「付き合いきれない」とはっきり言うのは相互理解のために必要

日韓基本条約や日韓合意を平然と破る韓国を見て、すべての日本人は韓国という国に底知れぬ嫌悪感を抱くようになっている。韓国は国と国の約束をも守ることができない国である。

そんな韓国を、マスコミは必死で擁護しようとしている。

朝日新聞や毎日新聞や東京新聞などは、いったいどこの国の新聞社なのか分からないほど韓国擁護の論陣を張る。

朝から晩まで、グループのあらゆる媒体を使って「合意を破った韓国に強く言うな」という世論操作を日本人に仕掛けていると言っても過言ではない。しかし、今さらこうしたマスコミに世論操作される日本人は減り続けている。

普通の人は、もう日本の新聞社が中国・韓国・北朝鮮に乗っ取られているのに気付いており、マスコミが韓国を擁護すればするほどマスコミに嫌悪感を持つ。

マスコミの韓国擁護とは裏腹に、日本人は条約や合意を守らない韓国に強く激しく抗議しなければならないと考えている。韓国とは未来志向の関係などあり得ない。韓国とは、関われば関わるほど日本は泥沼に引きずり込まれる。

韓国が反日を収めるというのは絶対にあり得ない。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

日本政府はさらなる対抗措置を出さなければならない

日韓合意みたいなものを交わして金を払っても、そんなものが不可逆的な解決に寄与するはずはないのは明快なる事実だった。約束を守れない国と約束を交わして、それを守られると思っている方がどうかしている。

こうした日本の妥協は、結局は問題をより複雑化させただけで終わり、合意を結ぶ前より状況は悪化している。

では、いったいどうすればよかったのか。これが、実に簡単な話なのだ。日本は最初から有無を言わせない報復外交をすればよかった。

「約束を守れないなら報復する」と言って、韓国を国際司法裁判所に提訴し、関税を引き上げ、スワップの永久凍結を宣言し、ビザの免除措置を凍結し、入国審査を厳格化するなどの報復をすれば良かった。

韓国に対して効力を発揮する外交は、報復外交であり、国交断絶「だけ」である。それ以外はまったく何の効果もない。謝罪外交も、未来志向の合意も、日本政府がそれをどれだけうまくやっても何の意味もなさない。

なぜなら、韓国は頭からつま先まで信用できない国家であり、価値感を共有しない国家であり、さらに反日で凝り固まっていて日本を舐めきっている国だからである。

こんな価値感を共有しない国と未来志向の関係などあるわけがない。反日国家を断罪し、突き放し、反日に報復し、最終的には国交断絶するのが唯一の「関係改善」なのだ。

「日韓合意を結んでも何の解決にもならなかった」という事実を日本人は冷静に見つめて評価しなければならない。

韓国は、今も慰安婦問題を蒸し返して「謝罪しろ、賠償しろ」と言い出しているのだが、何度も謝罪しても埒が明かないのだから、関係改善など最初からあり得ないと理解する必要がある。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

慰安婦像というのは「嫌がらせ像」

韓国は反日国家だ。今後も国際常識を受け入れて慰安婦像を撤去すると考えてはいけない。韓国が常識を優先することはいっさいない。韓国とは永遠に分かり合えない。それが現実なのだ。

そもそも、なぜ韓国は慰安婦像を建てまくりたいのかを考えなければならない。それは、日本が嫌がるからである。

韓国は日本の嫌がることなら何でもする。それが韓国という国の特質である。反日というのは、そういうことだ。日本を差別するためなら何でもする。それが反日という形で行動に出ている。

慰安婦像というのは「嫌がらせ像」であり、それによって日本人の神経を逆撫でることができることに韓国人は酔いしれているのだ。

そんな反日の特性を持つ韓国人と関わりを持つということ自体がおかしなことである。日韓関係は終わらさなければならない。国家レベルでも関係は切る必要があるし、国民レベルでも関係を切るのが理に適っている。

日本人は大人しすぎる。今後、日本は韓国人をありとあらゆる名目で拒絶すべきだ。韓国人に対して、怒っていることを個人レベルでも、きちんと近くにいる韓国人に表明すべきだ。

別に反日国家の人間に好かれる必要はない。

反日に対しては反韓で返すのが正しい付き合い方であり、きちんと反韓を伝えることで日韓は分かり合える。以心伝心など100%不可能なのだから、「反日の人間とは付き合えない」とはっきり言うべきなのである。

日本人が街できちんと韓国人にそう伝えないから、日本人の気持ちが分かってもらえない。相互理解のためには「付き合いきれない」とはっきり言う。気持ちを伝えるのは素晴らしいことである。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

韓国との国交断絶は真剣に議論される内容となっていく

まともな日本人で韓国に関わりたいと考えている人は皆無に等しい。捏造と偏向にまみれたマスコミがいくら韓国の反日の隠蔽と擁護をしても逆効果になるばかりで、どんどん嫌韓が増えていく。

当然だ。慰安婦像を見ても分かる通り、韓国は日本を国際的に踏みにじり、日韓合意すらも守ることができない未開国家である。そんな国に、普通の日本人が好意を持てるはずがない。

この国と関わることによって日本の不利益になることを、多くの日本人が知ることになったのだ。

「もう韓国とは国交断絶したほうがいいのではないか」

そのように考えたり口にしたりする日本人も増えた。あるいは非韓三原則に同意する人も増えた。「韓国には、もうウンザリだ」と、吐き捨てるように言う日本人も珍しくなくなった。

最近はテレビや新聞に洗脳されて親韓であってもおかしくないはずの高齢層ですらも、「韓国は許せない」と言うようになっている。韓国の反日が引き起こしているのは、慰安婦像問題だけではないからだ。

対馬の仏像は盗まれて返してもらえず、靖国神社は燃やされそうになり、日本文化破壊テロも進んでいる。旭日旗は戦犯旗と罵られ、日本海は東海と言い換える運動を世界規模でしている。日本の文化の何もかもを韓国起源にさせられ、教科書の記述ですらも内政干渉されている。

レーダー照射事件では政治家が率先して嘘八百を述べて、最後は「日本が低空飛行したから悪い」と言い出して日本に謝罪を求め出した。さらに韓国の国会議長である文喜相(ムン・ヒサン)という男は、天皇陛下に対して「戦争犯罪に関わった主犯の息子」と言い放つ始末だ。

これほどの反日言動の嵐の中で、韓国と関係を保つべきと考える方がどうかしている。客観的に考えれば考えるほど、メリットよりもデメリットの方が目立つ。

「もう韓国とは終わりだ。断絶した方がいい」

時間が経つほど、このように考える日本人はますます増えていき、韓国との国交断絶は真剣に議論される内容となっていく。韓国との国交断絶は、いまや日本で真剣に議論されるべき優先順位の高い国家方針となっているのである。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

大気汚染で視界の曇る韓国。日本との関係も視界が曇ったままだ。反日が過激化する韓国に関わり続けるのは、客観的に考えれば考えるほどメリットよりもデメリットの方が目立つ。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

一般カテゴリの最新記事