あなたが生活に困窮している人を直接的に援助しなくても問題がない理由とは?

あなたが生活に困窮している人を直接的に援助しなくても問題がない理由とは?

街に出ると、貧困に苦しんでいる「見知らぬ他人」を私たちはいくらでも見つけることができる。ホームレスを見かけることもあれば、深夜のマクドナルドで寝ている若者を見ることもある。そうしたニュースに接して、あなたは「見知らぬ彼ら」に自分の貯金を「これを使って下さい」と差し出すだろうか。恐らく、そうしないはずだ。しかし、そんなことをしなくてもいい理由がある。(鈴木傾城)

この記事は、別サイト『フルインベスト:鈴木傾城』で読むことができます。

投資関連の記事は、今後はすべて新サイト『フルインベスト:鈴木傾城』で展開します。すでにダークネスに掲載してあった投資関連の記事は新サイトに移行済みです。

これによって、ダークネスをより純化できるのと同時に、新サイト『フルインベスト:鈴木傾城』の方では、投資に関する専門の内容をより深く広く包括的に書いていくことができるようになります。投資に関心のある方はどうぞ、新サイトもブックマークをお願い致します。

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

フルインベストカテゴリの最新記事