今は「生き残る」ことをテーマにしてライフスタイルや投資を組み立てておく

今は「生き残る」ことをテーマにしてライフスタイルや投資を組み立てておく

コロナショックは人々の生活を激変させている。日本政府は2020年4月7日に緊急事態宣言を発令したのだが、これによって「自粛・休業・ステイホーム」が要請という名の強制となって、日本経済は急ブレーキをかけて止まることになった。

大都会で昼間でも人がまばらな光景というのは、なかなか見られるものではない。このような光景を見るのは私も人生で初めてだ。東日本大震災の時ですらも、このような光景はなかった。2020年の中国発コロナウイルスは、まさに社会を一変させていることが分かる。

日本だけではない。全世界がこのような状況になっている。欧米はもっとひどい。さらに新興国も徹底した都市封鎖(ロックダウン)を行っており、5月に入ってもほとんどの国が封鎖継続を余儀なくされている。

ギリアド・サイエンシズの治療薬「レムデシビル」は5月1日にコロナ治療薬の第一号となって実用化されることになった。日本ではすでに富山化学工業の「アビガン」が患者に投与されるようになっており、それなりにコロナ対応は進んでいる。

しかし、レムデシビルは劇的に効くわけではないという研究者もいることや、アビガンも催奇形性という副作用も知られており、決定的なコロナ治療薬であるとは言えない側面もある。さらに決定打となるワクチンもまだ開発されていない。

そのため、今の段階で感染者と死者を減らすには、どうしてもロックダウンのような乱暴な措置を取るしかない。これによってグローバル経済は、ズタズタになったまま推移することになる。

まさに未曾有の事態が目の前で進行していると言える。(鈴木傾城)

「まぐまぐ大賞2019・メディア・マネーボイス大賞」の1位に選ばれたメルマガです。この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。1週間に1度、日曜日にメルマガでの発行を行っております。


まぐまぐ大賞2019 マネーボイス賞1位

週に一回、『鈴木傾城のダークネス・メルマガ編』をまぐまぐ!から発行しております。2019年は、『メルマガの日本一はあなたが決める!まぐまぐ大賞2019 MAGMAG AWARDS 2019』の中で、マネーボイス賞1位を頂きました。

まだメルマガを購読したことのない方は、これを機に登録してみて下さい。上記より登録することができます。

【ご注意】

ご登録頂いてメールが届かない場合、こちらにてお問い合わせ下さい。再発送等も、こちらで行います。

http://www.mag2.com/info/renew/webmail.html

読者さん窓口:reader_yuryo@mag2.com

ダークネス・メルマガ編バックナンバー

ダークネス・メルマガ編は、バックナンバーも充実しております。たとえば、以下のようなバックナンバーが揃っております。

  • 株主に報いる優良企業を保有するだけで金が金を連れてくる
  • ロックフェラーの資産が陰謀も裏工作もなく増え続ける理由
  • 弱肉強食の世界で自分が弱者だと気付いたらどうすべきか?
  • 「現代資本主義の魔術」を身につける絶好の機会を見逃すな
  • これで「無限にキャッシュを生み出すマシーン」が手に入る
  • 次に押さえたいのは「変わりゆくものをすべて飲み込むこと」
  • 少子高齢化と人口減で活力が低下する国がインフレにならないとでも?
  • 資本主義では自分に才能がなくても、他人の才能を保有するのが基本だ
  • 学歴を裏口で手に入れなくても「これ」でイージーモードに入れる
  • 資本主義の中で、普通の人間が合法的に他人を搾取する方法がある
  • 学歴・職歴・容姿・能力・年齢を超越して、旨味を吸う生き方を選べ
  • 自分に投機の才能がないと分かっても、悪賢く立ち回る方法がある
  • 「自分が働いて稼ぐ」という発想をするな。もっと重要な発想がある
  • 「一生カネに困らなくなるための生き方」として第一歩を踏み出すために
  • 「自分は努力しない」という生き方を、合理的に実践する方法を学ぶべき

読みたいバックナンバーはありませんか? 他にも大量のバックナンバーを満載してお待ちしております。

ダークネス・メルマガ編が生んだ電子書籍

 
(ダークネスの記事が電子書籍になりました。画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます)

鈴木傾城 – マネーボイス掲載記事一覧

http://bit.ly/2vUKg9Q

メルマガカテゴリの最新記事