「多文化共生は素晴らしいこと」というのはリベラルなマスコミの国民洗脳だ

「多文化共生は素晴らしいこと」というのはリベラルなマスコミの国民洗脳だ

「多文化共生は素晴らしいこと」だと洗脳されていたEU各国の国民も洗脳から覚めた。自分たちは間違った方向に進んでいたというのを知るようになった。ところが、リベラルのマスコミはまだ多文化共生を「正しいもの」であると喧伝し続けている。全世界でマスコミは信用されなくなっている。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。まぐまぐ大賞2019メディア『マネーボイス賞』1位。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。(連絡先:bllackz@gmail.com)

イスラム教徒はフランス人殺す権利がある?

2020年10月16日。フランスで、中学校の歴史と地理を教えていた47歳の教師が斬首されて殺されるという事件が起きていた。一部には「刃物で首を切られて殺された」とあるのだが、実際にはそうではない。「斬首」されたのだ。

何があったのか。

この教師は「表現の自由」に関する授業の中で、イスラム教の預言者ムハンマドを嘲笑する表現物を見せて、「こうしたものも表現の自由のひとつ」として子供たちに教えたようだ。

これに対してひとりのイスラム教の生徒が抗議し、その父親がその「名指しの抗議」をSNSに上げ、その結果イスラム教徒の間で瞬く間に怒りが共有し、教師の惨殺という結果になった。

犯人は18歳のチェチェン系ロシア人容疑者だった。チェチェンでは過激なイスラム主義が蔓延っている国なのだが、この18歳の少年もイスラムを狂信し、犯行を躊躇わなかったようだ。

フランスでは、このようなテロがしばしば起きている。

それでも、フランスは「我々は預言者ムハンマドを侮辱する権利がある」と主張し、フランス政府はこの教師を国家追悼式で弔い、マクロン大統領は「あなたが教えた自由を守っていきます」と述べ、亡くなった教師にフランス最高勲章のレジオンドヌール勲章を授けた。

それで、どうなったのか。

「それでも預言者ムハンマドを侮辱する権利を捨てない」と聞いた各国のイスラム教徒たちは、「今度はマクロンをやれ」「イスラム教徒はフランス人殺す権利がある」と叫び、マクロン大統領の写真を燃やした。

ちなみに、「イスラム教徒はフランス人殺す権利がある」というのは、マレーシアのマハティール元首相がツイッターに上げた言葉である。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

はっきりと意見を述べる人たちが増えた

今まで欧米のメディアは多文化共生の推進を「100%正しいこと」のように喧伝し続けてきて、その結果としてEU(欧州連合)は移民・難民で溢れることになった。

「多文化共生は素晴らしいことだ」と洗脳されていた国民は当初それを受け入れていた。しかし、大量の移民が地域を覆い尽くしていくに従って、多くの対立や軋轢が表面化していくようになった。

言葉による対立だけでなく、しばしばテロも引き起こされた。その結果、本当に「多文化共生は素晴らしいのか」という疑問を抱く人が増えるようになった。

問題は、マスコミは完全に「多文化共生を支持する側」に立っているので、移民・難民が大量に流入することによる問題をまったく報道せず、むしろ積極的に隠蔽していたことだった。

EU全土で移民・難民による暴力や強盗、セクハラやレイプが続出していたのに、まったくそれを報じないことが糾弾されるような、そんな事態にもなっていた。

2015年には中東でイスラム系超暴力過激組織「ISIS」が勢力を拡大すると、EUもまた巻き込まれてテロの嵐と化した。EUでそれぞれの国に馴染めないイスラム系移民たちの貧困層の若者が、続々とISISに共鳴して暴力を誇示するようになったのである。

こうした現実を目の当たりにして、多文化共生や移民・難民の大量流入に対して反対の意見を持つ人や政党も増えていった。

ところがリベラルを標榜する「マスコミ」は、多文化共生を反対する人たち、あるいは移民・難民の大量流入に疑問を呈する人たちを「レイシスト」「極右」とレッテル貼りをして、徹底的に批判し、攻撃するという方法で対処してきた。

当初は自分が「レイシスト」「極右」とレッテル貼りされるのを嫌った人々は口をつぐんできた。しかし、現実がどんどん悪化するにつれて「移民はもうこりごりだ。多文化共生なんか求めていない」とはっきりと意見を述べる人たちが増えた。

そして、マスコミが「極右政党だ」と言って、徹底的に糾弾してきた政党が逆に国民の支持を受けるようになり、既存の政党が弱体化していくようになっていった。あるいは既存の政党や議員が、反移民や反イスラムを口にしないと選挙に勝てないようになっていた。

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

結果から見れば移民・難民による地域乗っ取り

多文化共生はリベラルの主張だ。「移民・難民を受け入れ、彼らに自立してもらい、異文化と共存しながらみんな仲良く生きる」というのは理想だったが、現実はそんな理想論とは程遠い結果になっていたということだ。

移民・難民を受け入れたことによって、マナーやモラルはどんどん崩壊していくようになった。

公共物を破壊する、盗む、占拠する。路上で祈る、ゴミをどこでも捨てる、交通規則を守らない、ガラスを割る、その国の言葉を覚えない、学校や地域や会社の規則に従わない、自分たちが食べられない食べ物には抗議して撤去させる……。

移民・難民は途上国からやってきた人々も多く、最初から公共物を大切に使う、掃除する、整備する、維持するという概念はすっぽり抜けていることもある。

数が少なければ彼らもまわりを見て自分の行いを改善していく余地はあるのだろうが、まわりが移民・難民だらけになると、振る舞いを改善することはなくなる。数が多いので、自分たちの流儀を貫けるようになるのである。

EU各国で起きていたのは、まさにそうした現実だ。

その結果、マナーやモラルの崩壊は、もはや元に戻すことはできなくなってしまった。それが「ヒト・モノ・カネ」を自由にして多文化共生を「強制」したEUの悲惨な現実だった。

地域社会も次々と崩壊していった。

多文化共生の強制でイスラム系住民が増え、今までの秩序が崩壊するを目の当たりにした国民は、その地域がもはや元に戻らないと知って、地域を改善するよりも自分が出ていって移民がいない地域に暮らす方が合理的だと考える。

だから、移民が大量に押し寄せた地域から人々は出ていくことになる。そうすると、その地域はどんどん移民・難民たちのものになっていき、やがては完全に街そのものを乗っ取られることになる。

これは多文化共生とは言わない。結果から見れば移民・難民による地域乗っ取りだ。それだけではない。こうした移民・難民しかいない地域ができると、今度はそこに犯罪者やテロリストがやって来て、拠点(アジト)を作るようになっていく。地域の危険性は増す。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

「多文化共生は素晴らしいこと」は洗脳だった

移民たちは別に最初は「乗っ取り」を意識していなかったはずだ。しかし、数が揃えば「乗っ取り」が不可能ではなくなると思うようになり、途中から意図的な乗っ取り工作が行われるようになる。

ロンドンではイスラム教徒の市長が誕生している。パキスタン移民二世のイスラム教徒サディク・カーン氏だ。反EU・反移民の気運が高まっていたはずのイギリスで、いったいなぜサディク・カーン氏はロンドン市長になれたのか。

それはイギリス国民がサディク・カーンを支持したというよりも、ロンドン市はすでに白人たちはみんな郊外に引っ越していて、移民が数として大きな影響力を行使できるようになったというのが正しい。

移民・難民の数が増えると、やがては議員も、知事も、市長も、市町村の長も、みんな異民族の人間が担うようになっていき、共生がないまま組織の乗っ取りにまで進んでいく。そうすると、国の行政や法律が移民・難民に有利な方に変質していくのは時間の問題である。

やがては政策的に大量流入する移民・難民を止めることはできなくなり、国そのものが乗っ取られるところにまで突き進んでいく。

「多文化共生は素晴らしいこと」だと洗脳されていたEU各国の国民もさすがに洗脳から覚めるようになり、自分たちは間違った方向に進んでいたというのを知るようになった。

ところが、マスコミはまだ多文化共生やらグローバル化を「正しいもの」であると喧伝し続けている。

そのため、今や全世界でマスコミ不信が極度に高いものとなってしまった。マスコミは世論誘導し、事実を捏造し、中立ではなく、事実を報道していないというのがバレるようになってしまったのだ。ある意味、社会の秩序を崩壊させている主犯はマスコミであると言える。

日本のリベラル派のマスコミもまた、EUの荒み切った現状を完全に無視して、馬鹿のひとつ覚えのように「多文化共生、多文化共生」と言っている。ここまでくると「リベラル=日本破壊主義」で「マスコミ=ゴミ」と思われるようになっても仕方がない。

EUやフランスで起きている多文化共生の末の斬首事件、あるいはイギリスで起きている移民の市長の存在などは、決して他人事ではない。日本人は「多文化共生は侵略を招く考え方」だと、まだ気づいていないようだ。

『西洋の自死―移民・アイデンティティ・イスラム(ダグラス・マレー)』

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

一般カテゴリの最新記事