話を二転三転させて最後に逆ギレする韓国とは積極的に縁を切って対抗せよ

話を二転三転させて最後に逆ギレする韓国とは積極的に縁を切って対抗せよ

2018年12月20日。韓国は石川県能登半島沖で海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射するという危険な行為を行った。このレーダーはミサイルと連動した自動追尾機能を有したものであり、もし韓国海軍が発射ボタンを押せば、高い確率でP1哨戒機を撃墜することができる。

まさに韓国海軍は日本に対して敵対行為をしてきたと言える。

日本の海上自衛隊はこれを受けて翌日に「攻撃直前の行為で、非常に危険」と韓国を非難すると、韓国国防省は「レーダー使用は遭難した北朝鮮船舶捜索のためで、海自の哨戒機を狙ったわけではない」と反論した。

日本の防衛省が「火器管制レーダーは広範囲の捜索に適さない。遭難船舶の捜索には水上捜索レーダーを使用するのが適当だ」と述べると、韓国国防省はこのように答えた。

「気象条件が良くなく、遭難船を迅速に見つけるため、火器管制レーダーを含むすべてのレーダーを作動させた。哨戒機を狙う意図はまったくなかった」(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

二転三転する韓国という国

「荒天だった」「レーダをすべて作動させた」「哨戒機を狙う意図はなかった」と韓国は言ったのだ。ところが翌日になって、韓国国防省は今までとまったく違うことを言い出した。今度はこうだ。

「哨戒機が駆逐艦の真上を通過する威嚇的な行動を取ったため、レーダーに付随した光学カメラを回して監視した。しかし電子波の放射は一切なかった」

日本の防衛省が「照射を受けたことを示すデータが証拠として残っている」と言っても韓国国防省は「一切の電波放射はない」と強硬に言い張った。

「火器管制レーダーを含むすべてのレーダーを作動させた」と言っておきながら、数日すると「一切の電波放射はない」と主張しているのだから、韓国の言っていることは二転三転していることになる。

もはや韓国と話は通じないと見た防衛省は、2018年12月28日になって、防衛省P1哨戒機が録画した映像を公開した。

それを見ると、当初に韓国が主張していた「荒天だった」「遭難船を迅速に見つけるため、火器管制レーダーを含むすべてのレーダーを作動させた」というのが完全に嘘であることが映像で映っていたのだった。

すると、韓国はこの防衛省が提出した証拠データを勝手に使い、さらに都合の良いBGMをつけてユーチューブで日本を非難し始めた。サムネイルはP1哨戒機があたかも低空飛行しているかのような捏造データになっていた。

その上に海上自衛隊のP1哨戒機が「人道的な救助活動中だったわが国の艦艇に対し、威嚇的な低空飛行をした」として謝罪を要求するという前代未聞の逆ギレを見せた

なぜ、このような展開になるのか。言うまでもない。韓国は常に日本を見下し、日本に謝罪するのはもっての他だと思っており、何が何でも日本を貶めたいという明確な意識があるからだ。

これが、韓国という国の正体なのである。

 

敵国の破壊工作に、なすがままの状態

韓国は、国を挙げて日本の信頼を毀損させようとしている。

それは、戦場で売春していた韓国人女性が性奴隷にされていたとか、旭日旗を戦犯旗だとか、賃金をもらって労働していた募集工を強制労働させられたと言い張って、世界中に「日本が悪い、日本にやられた」と言っているのを見ても分かる。

韓国は国を挙げて日本を憎悪して、日本を韓国よりも下に格下げさせようとしているのである。ブレることなく日本を憎み、国際社会においても執拗に日本を叩き、日本の領土を侵し、今も日本人を嘲笑し続けている。

もう誰もが気付いている通り、このまま韓国を放置していると、世界中が韓国のプロパガンダを信じて日本人を差別するようになっていく。

すでにアメリカでは日本人の子供が韓国主導の日本人差別によっていじめられているのだが、これはやがて大人に向かい、私たちにも向かってくる。

「日本人など、いじめても殺して構わない。なぜなら日本人だからだ」と言われ、広められていく。

しかし、日本の政治家やメディアは、民主党議員や朝日新聞ばかりか自民党内部にも新韓議員がうごめいていて、韓国と戦おうとしない。日本の国益を主張するより韓国を擁護する人間たちでいっぱいなのである。

マスコミも韓国に都合の悪いニュースは流さない。韓国ロビーに乗っ取られてしまっている。マスコミを乗っ取るというのは、破壊工作の基本であることは誰もが知っている。

今の日本は無防備国家である。敵国の破壊工作に、なすがままの状態と化している。

その結果、日本のあらゆる層が乗っ取られていて、日本の重要機関が、日本人の私たちを叩きのめす側にある。そういった状況であることを客観的に捉え、その中で私たちはできることをするしかない。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

「韓国といっさい関わらない」

韓国と関われば関わるほど泥沼に落ちるというのは、今回のレーダー照射事件を見ても分かる。そうであれば、私たち日本人はどうすればいいのだろうか。誰でもできるのは、「積極的な拒絶」だ。

韓国を完全に拒絶し、関わらないようにすべきなのである。

「韓国といっさい関わらない」
「韓国に旅行に行かない」
「韓国製品をいっさい買わない」
「韓国と関わっている企業に抗議する」

こういった当たり前のことを徹底して行う。できることを徹底してする。例外を作らない。こういった積極的拒絶は有効なのだ。徹底すれば韓国そのものが崩壊するほどのインパクトになる。

旅行に行って韓国に金を落とせば、その金が「日本人叩き」に回る。なぜ、日本人の悪口を言わせるために、日本人が金を払わなければならないのだろうか。韓国製品を買っても韓国に金が回る。それが反日となって返ってくる。

幸いにして、韓国企業でなければ困るという製品は今のところはない。買わなくてもいいのだから、買わないと決意すべきなのである。

「韓国を助けるな、教えるな、関わるな」と筑波大学大学院教授の古田博司氏は言った。その通りだ。韓国と関わらなければいい。韓国に反日が続いている限り、関わる必要はまったくない。

日本人は韓国と関わりすぎる。もはや話が通じない国であることがはっきりしているのだから関係は断ち切ればいい。

これは、小さいことのように見えるかもしれない。しかし、重要な一歩になる。日本人全員が韓国を拒絶したら、それは非常に大きな力になるからだ。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

それは、終わらせなければならない

マスコミも期待できない。朝日新聞や毎日新聞を見ても分かる通り、日本のマスコミは韓国に対して都合の悪い情報は極力報道しないか矮小化させて報道する傾向がある。あるいは韓国と同調して「日本がすべて悪い」と日本人のせいにしていく。

朝日新聞はその代表だが、この朝日新聞だけでも何百万部が刷られていて、少なくない日本人がそれを読んで影響されている。いや、ただの包み紙として使われているのかもしれないが、それでも異様なまでの部数である。

そのような状況だからこそ、個人が自覚を持って「小さな一歩」を踏み出さなければならないと言える。

「徹底的に拒絶する」「まわりにも関わらせない」

これは、日本人なら誰でもできることだ。日本という国を守るために、日本人がどこまで意識して動くかがキーになる。

反日国家とは関わらないというのは、日本人として当たり前のことなのである。この当たり前のことをしないから、日本人は「おかしい」と思われる。

韓国に激しく叩かれ、嘲笑され、竹島でさえ侵略されているというのに、国内ではその韓国を礼賛するマスコミが跋扈し、企業は韓国と提携して製品を特別視して売り込んでいるのだから尋常ではない。

そんな馬鹿げた状況を許容するのは間違っている。それは、終わらせなければならないのだ。

その「終わらせる」という具体的な一歩が、韓国に関わらないということ、すなわち「積極的な拒絶」なのである。

こちらを恨み、告げ口外交を繰り広げ、ありとあらゆる工作をして謝罪と賠償を求め、「日本は自分たちよりも下だ」と言ってくる人間と関わって何がいいのだろうか。

日本人なら、誰もそんな人間と関わりたくない。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

こちらを恨み、告げ口外交を繰り広げ、ありとあらゆる工作をして謝罪と賠償を求め、「日本は自分たちよりも下だ」と言ってくる人間と関わって何がいいのだろうか。日本人なら、誰もそんな人間と関わりたくない。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

一般カテゴリの最新記事