メルマガ

2/7ページ

今は何もしないで、もがいていた連中が討ち死にするのをのんびり見ながら過ごせ

2022年2月現在、実体経済も金融経済もけっこう苦しい局面になっている。今まで株式市場で恩恵を受けていた準富裕層・富裕層も金融市場の下落と環境悪化によって徐々にダメージを受けるようになってきている。 こういう状況の中では、無理して収入を増やそうとするより、実は何もしない方が良い。実体経済も金融経済も両方まとめて環境が悪いのだから、どちらでも「稼ぎにくい」環境になっているのだ。 環境が良い時は、株式 […]

「インフレ=経済成長」と勘違いするな。日本社会がそうならないのは理由がある

欧米ではコロナ禍の中でも次々とコロナ規制を撤廃している。アメリカではマスク着用義務もニューヨークをはじめとして次々と撤廃されていき「完全正常化」に向けて舵を振り切ろうとしている。 コロナ感染者が増えても経済を再開させる方策を取ったということだ。 そこに原油・資源の上昇が重なったこともあり、インフレと共に賃金も上がって賃金インフレも発生している。アメリカのインフレ率は7.5%となっているのだが、これ […]

経済状況が悪化したら真っ先に首が絞まるのは誰か? 生き残る戦略とは何か?

2022年に入ってから実体経済も金融経済も良い結果にならない確率がどんどん高まっている。まず、オミクロンの感染力の高さが際立っていて、何をしてもしなくても感染の拡大が止まらないので混乱が広がるばかりだ。 もうすでに欧米では自粛なんかしてもしなくても同じだというので、コロナ規制をすべて取っ払ってしまった。一方でアジア圏の多くは今も自粛の強化で必死で感染拡大を抑えようとしている。 コロナを全世界にまき […]

能力のない人間は死ねと言っているような社会で実体経済も金融経済も悪化している

中国が全世界にコロナをばらまいたのが2020年だったのだが、これによって全世界が自粛を余儀なくされて経済は急減速した。この激動の中で起こったのがコロナショックである。 コロナショックの凄まじい下落の中、FRBは未曾有の金融緩和を行って株式市場を救ったのだが、2年経った現在は金融緩和によるインフレが発生するようになっている。FRBは金融引き締めと利上げの開始を余儀なくされている。 金融引き締めと利上 […]

今後の数ヶ月、株式市場も実体経済もどんどん悪化するのに何をするというのか?

オミクロンはそれほど大した症状ではないことが分かっている。確かに持病を持った人で重症化する人もいるし、体力のない高齢者の中には死亡する人もいるかもしれないが、それはインフルエンザでも同様のことである。 とすれば、オミクロンでまん延防止等重点措置を取ったり、あるいは緊急事態宣言を出したりするようなことは必要なく、まして新規感染者が10万人になろうが100万人になろうが、世界の終わりが来たように騒ぐ必 […]

覚悟しろ。コロナ・インフレ・利上げ・株式市場悪化、そして新たな悪材料の登場

オミクロンがいよいよ日本でも爆発的流行を見せるようになってきて、再びマスコミが「感染者が拡大した、大変だ、大変だ、大変だ」と朝から晩まで報道するようになってきている。 オミクロンは感染力は強いのだが症状は軽いということで、感染者が増えてもそれほどパニックにならなければならないほど危険なものではない。そうであれば、少し気をつけて普通に日常生活を送ればいいだけの話だが、マスコミが大騒ぎする以上、不安と […]

今年は自爆が多発する年になる? しかし、本当に怖い自爆は日本の社会が生み出す

アメリカが利上げするという要人の発言や、報道がどんどん増えてきている。アメリカではインフレが引き起こされているので、利上げせざるを得ない状況になっており「利上げは必須」であると見られている。 早ければ3月あたりだという可能性も指摘されてきている。「アメリカ 利上げ」で検索すると、利上げに関する多くのニュースが得られるのでじっくり読んでみて欲しい。 利上げが始まると企業の借り入れコストは上昇するわけ […]

2022年始動。瀬戸際に立つ日本の「危険極まりない情勢」をディープに取り上げたい

皆さん、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。本年も皆様が御健勝で御多幸でありますよう、心からお祈り申し上げます。そして、今年も『鈴木傾城のダークネス・メルマガ編』どうぞ、よろしくお願いします。    * 2022年がどうなるのかというよりも、この10年(2020年代)がどうなるのかという大切な話をしたい。日本人にとって重要な話なのでよく聞いて欲しい。 今の社会状況が変 […]

2021年最後のメルマガです。私たちの「次の敵」は日本政府なのかもしれません

今日のメルマガは2021年に配信する最後のメルマガです。年の終わりでもありますので、今日はいつもと違って少し違ったスタイルでの配信にしたいと思います。 まずは、この1年も無事にメルマガを発行できたこと、そして多くの読者の方に読んで頂けたことに感謝しております。 このメルマガを読んで下さった読者の多くは私と同じETF【VTI】を買ってくれていたと思うのですが、この2年でみんなまとめて大きく資産を増や […]

パチンコ依存者の話を聞いてノイローゼになりかけた私が株式投資について思うこと

パチンコ依存者たちのことを書いた書籍『どん底に落ちた養分たち』で、私は依存症に落ちた人たちの話を何人も聞いて回ったのだが、彼らの話を聞き回っているうちに私は日に日に気が重くなり、最後はノイローゼになりかけた。 私はむざむざ金をドブに捨てるような場所に行きたいと思わないし、そんなところで金を使いたくないという気持ちがある。さらにパチンコは勝率の悪いゲームだし、のめり込めばのめり込むほど地獄に落ちるこ […]

悪化する日本の情勢を憂いながら、じっと38,915円87銭という数字を見ている

私は日本にほとんど投資していないが、もし投資するのであれば1つ意識しなければならない数字があると考えている。 それは、38,915円87銭という数字だ。 「平成」が始まったのは1989年1月8日からだった。この1989年というのは日本の経済史にとって「特別な年」でもあった。昭和の終わりからバブルを引き継いでいた平成元年は、日本経済の「頂点」だったのだ。 平成元年12月29日、日経平均は史上最高値3 […]

2022年はあまり面白くない年。長期投資に挫折して売り飛ばす人も出てくる年に

★現在、「まぐまぐ大賞2021」の投票が行われています。以下のページの右上に「このメルマガをまぐまぐ2021に推薦する」というボタンがありますので、こちらから投票を頂ければとても嬉しく思います。https://www.mag2.com/m/0001566290.html * 2021年11月の初旬は楽観論に満ち溢れていた。依然として欧米の一部ではコロナの新規感染者が増加傾向だとか、一部の国でウィズ […]

這い上がれない若者が自暴自棄となり、使い捨てされた外国人がギャング化する!

★現在、「まぐまぐ大賞2021」の投票が行われています。以下のページの右上に「このメルマガをまぐまぐ2021に推薦する」というボタンがありますので、こちらから投票を頂ければとても嬉しく思います。https://www.mag2.com/m/0001566290.html * 現在は「弱肉強食の資本主義」である。この「弱肉強食」というのは、企業の経営者や株主が「投下した資本に対してどれだけ利益を得ら […]

学歴も職歴も何もない若者の中から金融取引で莫大な富を得る人間が出てくる理由

★現在、「まぐまぐ大賞2021」の投票が行われています。以下のページの右上に「このメルマガをまぐまぐ2021に推薦する」というボタンがありますので、こちらから投票を頂ければとても嬉しく思います。https://www.mag2.com/m/0001566290.html * グローバル化と多文化共生が進めば進むほど貧困化も同時に進むというのは、何度も述べた通りだ。 グローバル化とは企業が安い労働力 […]

どこの馬の骨とも分からない、そこらの野良犬みたいな人間でさえ天才に勝てる

相場はより複雑怪奇になっていくし、企業を取り巻く現状は激速で変わっていくし、そんな中で自分の知能は老化と共に衰えていく。 そういうこともあって、私はもう個別の優良企業の株式を物色する手法を捨てて、かなり以前からアメリカの株式指数を丸ごと買うという手法を切り替えている。そして、以前から持っている個別株も片づけてポートフォリオは凄まじくシンプルになった。 それで、私の資産は現状維持で止まったのかと言う […]

10万円を支給してもらっても助かるわけではない。日本に残された時間はわずか

TwitterなどのSNSでさまざまな背景を持った人たちが「10万円を支給しろ、もっと支給しろ、早く金を出せ!」と、 悲鳴とも脅しとも思えるような書き込みを執拗に繰り返していて、それを左翼・リベラル・フェミニストたちや反自民の人たちが一斉に煽っている。 私自身は、中国発の新型コロナウイルスによって非正規雇用者の生活環境がどんどん悪化しているのだから、政府は何らかの対策をすべきであるというのを理解し […]

選挙に行っても社会は変わらないので、邪悪な世界が私たちを襲うと思っておけ

私たちは選挙に行って誰かに投票しどこかの党に票を入れる。私たちの一票は小さい一票だが、それが国民の総体となって社会を変えていく。選挙は私たちに与えられた「社会を変える力」である。 だから私は常に「這ってでも選挙に行け」と言っている。国民が持っている社会を変える力を放棄するのは愚の骨頂である。日本は革命や暴動やクーデターを起こさなくてもみんなで選挙に行けば、政権を葬り去ることも可能なのである。 しか […]

2020年代は、企業も政府も邪悪な存在となって私たちの前に立ちふさがる時代に

1950年代、すなわち昭和30年代……。この頃の日本は、まだまだ「村」を中心とした農村社会が色濃く残っていた時代だった。しかし、日本が工業化の道を歩み始めるようになると、人々は新しい生き方を選択する必要が生まれた。その時の人々を悩ませたのは、こういうものだった。 「今まで通り、慣れた故郷に残って農業をすべきなのか?」「思い切って都会に出て、新しい仕事に就くべきなのか?」 現代に生きる私たちは、この […]

1 2 7