日本

2/2ページ

マキャベリを学ばず、三島由紀夫を忘れた日本が今の末路だ

今の日本はまともに機能していない。中国・韓国・北朝鮮の反日がますます深まっている中で、日本は憎悪と侵略の対象になっているのに、国家はそれに対応できていない。 これらの国家は、国益のために謀略や策略を縦横無尽に駆使して日本を陥穽にはめている。 中国ではこうした策略を「超限戦」として展開しており、全世界で謀略による強欲な国益の追求を行っている。 中国・韓国・北朝鮮が歴史プロパガンダを仕掛けて来ているの […]

安倍首相は消費税を引き下げて経済復活を成し遂げるべきだ

高度成長期の日本の経済成長率は平均9.1%だった。オイルショック以後の経済成長率は平均4.2%だった。しかし、1991年以後の経済成長率は平均1.0%に落ちていった。 バブル崩壊以後、日本はまったく立ち直る気配がないのだが、その理由は個人消費が減退していくようになったからだ。 日本の経済を牽引していたのは内需なのだが、個人が消費しなくなって内需が20年以上経ってもまったく戻ってこないのである。 そ […]

戦後183ヶ国もの国が消滅した。日本人も強い危機意識を持て

日本人は、国民や民族がどんなに危機に瀕しても国は残ると勘違いしている。 それもそうだ。数千年に渡って続いてきた日本という国に住んでいれば、あたかも国は永遠に生き残るような錯覚を抱いても不思議ではない。 しかし、国の中で国の破壊を望む異分子や、周辺国の侵略や、戦争や、人口の減少や、国土の荒廃で、国というのはいつでも消滅するというのが世界の常識だ。 実際、第二次世界大戦後にこの地球上から消滅した国々の […]

これから日本内部で内部分裂が起きる理由と歓迎すべき理由

「価値観が共有できない」というのは深刻な問題である。一時的にまとまることがあっても同床異夢であり、それは常に対立をはらんでいる。 そのため、どんなに長い間一緒であっても、「分裂」することは避けられない。 日本民族と東アジアの特定諸国がいくら友好を叫んでも、根本的な部分で「価値観が共有できない」ので、逆に対立が深まっていくのを見ても分かる。 日本と中国・韓国・北朝鮮の分裂が鮮明になりつつある今、日本 […]

今の私たちに求められているのは、対立に身を投じることだ

戦後の日本人は意識的にも無意識にも「友愛、理解、平和、協調」を外交の柱として、誰とも争わず、ひたすら相手を立てる外交だけをやってきた。 裏工作も不得手で、中国・韓国・北朝鮮のような反日国家に騙されても大騒ぎすることもないし、ただ忍の一文字で耐えてきた。今の安倍政権もそうだ。 反日国家が何をしても我慢し、何を言われても言い返さず、相手に恫喝されたら一方的に謝り、相手に恐喝されたら金を出す。問題には事 […]

これからの日本人に求められるのは対立する度胸を持つこと

日本の「アパホテル」の客室に南京大虐殺を否定する本が置かれているとして、中国で騒ぎになったのだが、アパホテルはこのような見解を堂々と出している。 「異なる立場の方から批判されたことを以って、本書籍を客室から撤去することは考えておりません。日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならないと考えます」 この書籍『本当の日本の歴史 理論近現代史』は元谷 […]