日本

2/2ページ

日本は、戦闘民族として目覚めないように呪縛をかけられた

1945年に日本が戦争に負けると、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が日本に乗り込んできて、ありとあらゆる手法で日本人を「戦えない民族」にしようと画策した。 日本人は欧米列強がアジアに持っていた植民地をことごとく解放するような組織立った戦闘能力を有していた。そんな戦闘民族の戦闘能力を存続させるのは、欧米にとって危険なことだったのだ。 もう二度と、日本の戦闘民族としての血を目覚めさせてはならなかっ […]

常識も誠意も通用しない相手に謝ることが問題を悪化させる

日本の外交は国際社会において、相手と敵対しないことで成果を手に入れようとしてきた。対立があると自分が折れて、まずは謝ることで誤解が解けると単純に考えた。 しかし、中国・韓国・北朝鮮の執拗で終わりのない反日を見て、さすがに日本人も世の中がそんな単純ではないことに気づくようになった。 反日とは、日本人に対する「民族差別」であり「ヘイト」である。中国・韓国・北朝鮮は、日本人憎悪を国策でやっている。日本が […]

戦後183ヶ国もの国が消滅した。日本人も強い危機意識を持て

日本人は、国民や民族がどんなに危機に瀕しても国は残ると勘違いしている。 それもそうだ。数千年に渡って続いてきた日本という国に住んでいれば、あたかも国は永遠に生き残るような錯覚を抱いても不思議ではない。 しかし、国の中で国の破壊を望む異分子や、周辺国の侵略や、戦争や、人口の減少や、国土の荒廃で、国というのはいつでも消滅するというのが世界の常識だ。 実際、第二次世界大戦後にこの地球上から消滅した国々の […]