経済

2/2ページ

100円を円安と煽っているのは日本を破壊したい人間だけ

日本が急激に円高になったのは、円高誘導を求めたアメリカの意向があったからだ。1985年、円は最高値で262円だったが、これが1986年になると最高値で203円まで円高になった。 さらに1987年になるとさらに円高が進み一気に160円台にまで落ちてきた。この時代の最低値は何と121円である。 そして、これが壮絶なバブルを生み出して、1990年代にはバブル崩壊、円は120円を前後するようになる。199 […]

2013年9月10日に日本の運命が大きく変わる出来事があった

リーマン・ショック以降、ふと気がつけば、アメリカが精彩を欠いているのが誰もが気がつくようになった。 国内問題でも、国際問題でも、アメリカは強力なリーダーシップが取れなくなっており、アメリカの影が薄くなっているのを、あなたも感じるはずだ。 それはシリア問題を解決できず、債務上限問題でデフォルト寸前になり、中国の台頭を許し、盗聴問題も次々と発覚し、オバマ大統領が窮地に陥っているのを見ても分かる。 オバ […]

2012年12月16日、日本は完全にリセットされたと認識すべきだ

民主党政権は戦後の日本の政治史の中でも史上最悪の政権だった。やることなすことはすべて売国、円高は止められずに加速させ、中国や韓国に金を毟られ続け、国際的な地位も低下させるがままだった。 2009年から2012年までの3年間で、日本はもはや絶望的なまでに国力を低下させた。あと1年民主党政権が続いていれば、日本は本当に死んでいただろう。 それほど危機的な状況だったとも言える。 だから、2012年12月 […]