貧困

3/3ページ

今後「年収200万円の給料でもありがたい」と思う時代が来る

マルハニチロホールディングスの子会社であるアクリフーズの製造した食品から大量の農薬が混入した事件は、ひとりの契約社員が犯人だった。 49歳になる阿部利樹容疑者は、逮捕された当初、「覚えていない」と犯行を否定していたが、2014年1月29日になってから一転して自分がやったことを認め、その動機として「年収200万円の給料が不満だった」と述べたという。 アクリフーズによると、契約社員の月収は平均で14万 […]

204倍もの格差の中で自由競争しても、一生勝てないのが現実

絶対に競争に勝つ方法がある。絶対に負けない方法がある。常に、自分よりも弱い者と競争すればいいだけだ。 圧倒的に相手が弱い場合のみ、わざと勝負を持ちかける。そして、相手をその気にさせたり、競争に追い詰めたりして競争する。そうすると、絶対に勝てる。 自分が絶対に勝てる弱い相手を捜し出して、そこで「自由競争しなければならない」と競争原理を持ち込み、そして競争して勝つ。勝ったら、相手から奪う。 大資本と小 […]

ブラジル100万人超デモの裏側には、貧困層の激しい怒りがある

ブラジルは次の新興国であると日本のマスコミは煽って煽って煽り続け、日本人の多くがブラジルに投資してきた。 しかし、そのブラジルは非常に格差が激しい国家であり、また暴力・犯罪都市のひとつである。 ブラジルの蔓延する暴力の根底には激しい格差や、貧困層の群れや、麻薬の蔓延がある。麻薬の蔓延と言えば今は誰もがメキシコの惨状を思い起こす。 しかし、メキシコのみならず中南米はその全土がほぼ深刻な麻薬禍に覆われ […]

日本人の若者の月給が5万円になっても、もう誰も驚かない

2013年3月30日、毎日新聞では若者の死因の第一位が「自殺」になったということを報じて話題になった。 そして、その後2013年4月8日に発表された「自殺対策白書」では、毎日新聞の記事を裏付ける衝撃的な社会現象が起きていることが発表されていた。 それは、あまりの就職難や就職活動の厳しさに、若者が次々と自殺に追いやられ、年間では1000人を突破したというものだった。 そして、2013年6月18日、日 […]

1ヶ月に1万人が自力で生活できなくなる阿鼻叫喚の国、日本

もう、待ったなしだと思って欲しい。日本人には避けられない「地獄」がやってきているのだ。これはあなたにも関係する地獄だ。他人事のように思ってはいけない。 日本は確実に衰退しているし、その流れはこれからも続く。日本企業は確実に衰えているし、その流れはこれからも続く。 日本企業はもちろん全滅して消えてなくなるわけではない。しかし、あなたがサラリーマンなら、こう考えるべきなのだ。 「会社は生き残るが、自分 […]

今起きていること。日本人の賃金を下げよ。リストラせよ。雇うな

アメリカの2012年の大統領選の焦点は、いかに国民に仕事を与えるか、という点にかかっている。 アメリカの失業率は8%以上になる。若年層や有色人種の失業が非常に高く、たとえば黒人だけを見ると失業率が15%にもなっている。 オバマ大統領はこうした現状をチェンジすると豪語して大統領になった人物だったが、失業率の改善には失敗しており、これが再選のアキレス腱になっている。 アメリカで失業率が高止まりしている […]

100円ショップでの安物買いが、人生を破綻させる5つの理由

もうすでにたくさんの安物100円ショップが日本を席捲している。あなたも100円ショップで安物を買ったりしているだろうか。そして、安く買えば買うほど得すると思っているだろうか。 それは間違いだ。 安いモノを追い求めることで起きることを考えると、100円ショップの安物を買うことは、結局は自分で自分の首を絞めることになるのを自覚しなければならない。 別に高額商品であればいいという意味ではない。ただ、度を […]

1 3