一般

30/31ページ

危険な偏食メディアである朝日新聞を存続させていいのか?

朝日新聞は従軍慰安婦問題の捏造報道でも分かる通り、日本人を貶める記事のみを延々と掲載し続ける偏向した新聞だ。 この新聞のことを世間は「売国新聞」「嘘つき新聞」と呼んでいるのだが、あまりにも偏向がひどいので最近は「偏食メディア」とも「偏食メディアの親玉」とも言われている。 そのように嘲笑されても当然だ。インターネットはありとあらゆる情報が混沌として存在する場所で、都合の良い情報も悪い情報も膨大に存在 […]

反日のマスコミは、一般大衆を嘲笑しながらワナを仕掛ける

現在の日本に、自分の国を大切だと思っていない人が社会の中枢に潜り込んでいるというのは、やっと普通の日本人も知るようになってきた。 今でも、多くのマスコミ、多くの政治家、多くの経営者、多くの教育者が、日本人なのに、場合によって日本人ではないのに日本人のフリをして執拗に日本を貶めている。 彼らは日本よりも韓国や中国や北朝鮮と言った反日国家に忠誠を誓い、わざと日本や日本人を貶めるような世論・政策・経営・ […]

村田蓮舫の命運は、もう尽きていると言っても過言ではない

民進党の松原仁元拉致問題担当相が、代表の村田蓮舫の二重国籍に対してこのように言っている。 「みんな、はっきりさせてほしいと思っている。それが釈然としないのなら、この件で国民が納得しているのかどうか世論調査もかけてみればいい。今はこの問題を正面から言う人は少なくなりましたが、それは忘れたのでなく、みんなまだ胸につかえているのです」 また、酒井大史都議もこのように言っている。 「現在の民進党執行部は蓮 […]

中国サイトに日本企業の社外秘文書が大量に漏れている事実

2017年4月25日、読売新聞が「中国サイトに日本企業の社外秘文書」という記事を報道している。 中国の複数の文書共有サイトで、日本企業の社外秘文書が公開されており、その数が100件を超えていることを読売新聞は確認しているという。 この文書共有サイトというのは、「豆丁網」「道客巴巴」等で、日本企業が中国に作った現地法人から流出した文書が売りに出されているのだった。 中国人社員が、社外秘の文書を盗み出 […]

北朝鮮のミサイル・工作員・難民に日本は対処できるのか?

北朝鮮が朝鮮人民軍の創建85年の節目を向かえており、南東部で過去最大規模の砲撃訓練を行っている。 豚のように膨れ上がった金正恩(キム・ジョンウン)が核実験や長距離弾道ミサイルの発射をするかどうかは今のところ分からないが、今回は一触即発の状態だ。 北朝鮮は相変わらず「敵が軍事的冒険に出ようとすれば、先制核攻撃で侵略の牙城を完全に消し去る」などと誇大妄想をわめいている。 しかし、もう「何もしない大統領 […]

北朝鮮の崩壊の過程で日本に3つの危機が襲いかかってくる

中国の習近平国家主席は北朝鮮を崩壊させる度胸も気力もないので、北朝鮮の体制を何とか維持させる方向に努力する可能性が高い。 北朝鮮が崩壊すると大量の難民が中国に押し寄せるのは分かりきっている。数百万人にも及ぶ人間たちを管理し、面倒を見なければならなくなる。 それは経済的にも非常に莫大な予算がかかるものであり、今の中国はそんな予算を北朝鮮に費やしたくないというのが本音でもある。当然だが、誰も朝鮮民族の […]

見捨てられた民進党は、ボロボロと内部崩壊していく運命だ

2017年4月10日、民進党の長島昭久衆議院議員が「本日、一人の政治家として独立を宣言します」と記者会見で述べて、民進党から離党する決意を表明した。 二重国籍疑惑でどこの国の人間か分からない村田蓮舫が代表をやっていたり、詐欺罪で逮捕された前科を持つ辻元清美が幼稚園に不法侵入した疑惑があったり、日本死ねを連呼する山尾志桜里がいたりするのが民進党だ。 この人間のクズみたいな議員が集まった民進党が、さら […]

「テロ等準備罪」の成立を邪魔する民進党を本気で潰すべき

北朝鮮を巡る情勢は刻々ときな臭いものに変わりつつある。かなり緊迫化しているというのは、麻生太郎副総理が「北朝鮮の状況は新聞が書いているよりも深刻」と言っているのでも分かる。アメリカは明確に北朝鮮の軍事攻撃について検討しているというのは、もはや疑うべくもない。これは日本にとっては対岸の出来事ではない。 これらの反日国家は工作員を大量に送り込み、日本の中枢に潜り込ませて反日活動や諜報活動を行っている。 […]

反日に対する最小のコストでできる最大のリスク管理とは?

中国・韓国・北朝鮮が日本の敵になったことを、今やすべての日本人が悟っている。 中国・韓国・北朝鮮では国家主席や大統領自らが激しい反日感情を持っており、国民の日本人憎悪をたしなめるどころか、逆に自ら増長させるような動きを見せている。 そして、さらにこれらの国々は日本国内に日本破壊と売国のための工作員を政界・財界・報道界・教育界とありとあらゆるところに潜り込ませ、組織を乗っ取り、日本を根幹から転覆しよ […]

辻元清美や民進党が活動できているというのが日本の惨状だ

詐欺で逮捕された前科を持つ民進党の辻元清美は、国会議員の身分で「私立の幼稚園に勝手に侵入しかけた」と塚本幼稚園の籠池夫人に名指しで糾弾されているのが公開されたファクスで分かった。(辻元清美を証人喚問して生コンとのつながりを徹底的に暴け) 客観的に見ると、辻元清美は前科を持った危険な元犯罪者である。そして、元国土交通副大臣をしていたほど権力を持った国会議員である。しかも、日本を貶める売国政党である民 […]

辻元清美を証人喚問して生コンとのつながりを徹底的に暴け

民進党の議員が、籠池問題で連日のように安倍首相を批判しており、それに朝日新聞や毎日新聞が乗って一緒になって政権叩きをしている。 籠池泰典氏は裏のある人間であり、あることないことを放言する信頼できない人間だ。 この籠池泰典と一緒になって踊っているのが民進党とマスコミなので、その時点でこれらの登場人物のすべてが信頼できない存在であることが分かるはずだ。 民進党もマスコミも「安倍政権を叩ければ何でもいい […]

サービス残業、過重残業、過労死に追い込まれていく時代だ

日本人の8割はサラリーマンに落ち着くのだが、日本人の全員がサラリーマンで満足しているわけではないのは確かだ。 多くの日本人は何も考えずに義務教育を経て、大学に行ってサラリーマンになる。本人がそうなりたいと思ってサラリーマンになっているわけではない。 親、教師、友人が、みんな寄ってたかって「それが普通だ」というので、ただそれに乗っているだけなのだ。4月になれば多くの若者が何も考えずにサラリーマンにな […]

イギリスのテロは、移民を都合良く利用しようと考えたツケ

2017年3月22日。ロンドンの国会議事堂付近で、車を運転していた男がウェストミンスター橋の歩道に突っ込み、40人近くの人を次々と吹き飛ばし、さらにナイフで警官を切りつけて射殺されるという事件が起きた。 今のところ、ロンドン警察は犯人の国籍や人種を明らかにしていない。 しかし、テロ対策の責任者は「犯人はISIS(イスラム国)に影響されたテロリストの可能性が高い」と述べ、イギリスのメイ首相もこれがテ […]

日本を憎悪する反日工作員、侵略(のりこえ)を画策している

アメリカはオバマ政権時代から徐々に内向き外交政策に転換していた。そして、それと入れ替わるように中国が国家膨張主義政策を取るようになった。 そして中国は、韓国を鉄砲玉にして日本を破壊しようとあらゆる手段を使うようになっている。日本は、明確に破壊工作の対象になっている。 日本国内で集団的自衛権に反対したり、九条を守れと叫んでいたり、沖縄に独立しろと煽っている活動の裏側には、中国・韓国・北朝鮮の工作員が […]

「凶悪極まりない産業破壊の道具」としてのインターネット

現在、全世界で「ビジネス崩壊」に関するいくつもの興味深い動きが同時並行で起きている。 それぞれ、関係がないように見えてすべて相関関係にある動きであると言っても過言ではない。 たとえば、時計の老舗セイコーホールディングスと、セブン&アイの売り上げ不振は、それぞれ会社も事業形態もまったく違うので関連性がない動きに見える。しかし、よくよく見ると、不振に至った根の部分は同じだ。 さらに、業績不振がまったく […]

北朝鮮のマレーシアに対する罵倒の裏側に見える民族の気質

2017年2月13日に殺された金正男(キム・ジョンナム)は、なぜマレーシアで殺されたのか。 それは、北朝鮮の人間にとってマレーシアはビザなしで渡航が可能な唯一の国であり、工作員が「仕事」をしやすかったからではないかとも言われている。 北朝鮮の工作員たちは東南アジアに巣食って、闇ビジネスにも関わっている。 北朝鮮が東南アジアで偽札をばらまいていたり、ドラッグやニセ薬を売っていたり、北朝鮮では手に入ら […]

日本でフェイクニュースを量産していたのは朝日新聞である

最近、マスコミがいっせいに「フェイクニュース(嘘ニュース)」の問題を取り上げている。 そして、いかに新興メディアやインターネットが信頼できないのかを煽り立てて、自分たちの守旧メディア(テレビ・新聞)が信頼できるかのような演出をしている。 NHKもそうしたフェイクニュース特集をしているのだが、案の定、多方面から「お前がフェイクニュースを言う資格があるのか?」という批判が殺到して炎上している。 「佐村 […]

イスラム系難民を入国規制をしてもテロが防げない理由とは

超過激暴力集団である「イスラム国(ISIS)」は2014年から見るとかなり弱体化しつつあるのだが、未だにシリア・イラク一帯の広域な地域で組織は生き残っている。 この暴力組織は世界中のイスラム教徒の若者たちを惹きつけ、さらに現地のイスラム武装組織が次々と支持を表明する形でネットワークを拡大している。 ドナルド・トランプ政権がこうした国々のうち、シリア、イラク、イラン、スーダン、リビア、ソマリア、イエ […]

1 30 31