37/41ページ

37/41ページ

極度に偏向するマスコミを敵と認識し、信用できないと叫べ

最近のテレビは総力を挙げて安倍政権を激しく中傷し、一方で民進党の二重国籍疑惑に揺れる村田蓮舫はまったく追及しないという凄まじいまでの偏向をするようになっている。 テレビが安倍首相を一斉に攻撃するのは、安倍首相が特定秘密保護法、集団的自衛権、改正組織犯罪処罰法……と次々と中国・韓国・北朝鮮にとって打撃となる法案を可決させていき、日本の国益を取り戻そうとしているからである。 このままでは自分たちの工作 […]

マスコミは謙虚になるつもりはなく今や倒閣ビラの発行媒体

村田蓮舫は二重国籍疑惑が出たときに自分は日本人と言い張っていたが、追及されると発言を二転三転させるようになり、シラを切り通せなくなると今度は「日本人だと思っていた、故意ではなかった」と言い出した。 そして、都議戦に敗退して民主党内からも「蓮舫の二重国籍疑惑のせいで惨敗した」と責められるようになって、やっと国籍喪失許可証を公開した。 ところが、それが普通ではありえないほど疑惑に満ちたものだったので、 […]

国家はグローバル化で手足を縛られ、死に追いやられていく

現代の資本主義は、企業が極限まで利益を求めるようになっている。利益至上主義になったのだ。 そして、そこで働く労働者は企業の売上を貪り食う「コスト」として見られるようになっていった。利益至上主義なので、「コスト」は削減されなければならない。 そのため、企業はコスト削減のために労働者を常にリストラするようになっている。 また、労働者を雇わないで済むように、ロボット化、IT化、人工知能の導入と、思いつく […]

生活保護を申請したら親戚中に知らされる時代が来るのか?

生活保護受給世帯はどんどん増えているのだが、その半分はもう高齢者世帯で占められている。(高齢者が地獄に堕ちる時代。生活保護の51%は高齢者世帯だ) 高齢者世帯の受給者は年齢からくる体力・知力・気力の衰えもあって、本人が社会復帰したいと思っても、いったん受給になれば社会復帰できる見込みは低い。 今後、高齢者世帯がさらに増加していくということは、生活保護受給者も増えるということになる。さらに他の社会保 […]

マキャベリを学ばず、三島由紀夫を忘れた日本が今の末路だ

今の日本はまともに機能していない。中国・韓国・北朝鮮の反日がますます深まっている中で、日本は憎悪と侵略の対象になっているのに、国家はそれに対応できていない。 これらの国家は、国益のために謀略や策略を縦横無尽に駆使して日本を陥穽にはめている。 中国ではこうした策略を「超限戦」として展開しており、全世界で謀略による強欲な国益の追求を行っている。 中国・韓国・北朝鮮が歴史プロパガンダを仕掛けて来ているの […]

  • 2017.07.20

村田蓮舫の『国籍喪失許可証7つの疑惑』を報じないマスコミ

村田蓮舫は2017年7月18日の会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」は解消したと会見を発表し、このように陳謝している。 「手続きを怠っていたのは事実だ。私はずっと日本籍だけだと思っていた。疑ってもいなかったが、深く反省している」 しかし、この会見で多くの日本人がインターネットで疑問を呈している。「私はずっと日本籍だけだと思っていた」というのも「疑ってもいなかった」も嘘八百だというのだ。 村田蓮舫 […]

約42%の若者が自分の将来を心配する国で合理的に生き残る

2014年6月に内閣府が13歳から29歳までの男女を対象にして行った『我が国と諸外国の若者の意識に関する調査』という統計を見ていると興味深いことに気付く。 この世代に自分の将来を尋ねると、アメリカの若者が「心配だ」と答えたのが26.5%、英国では25.6%であったにも関わらず、日本人は42.5%もの若者が「心配だ」と答えていた。 将来に希望があると確信を持って答えた若者の率は、アメリカでは55.6 […]

高齢者が地獄に堕ちる時代。生活保護の51%は高齢者世帯だ

2017年6月7日、厚生労働省は生活保護受給世帯数が164万1532世帯で過去最多となったと発表している。事態は刻々と悪化している。 この受給世帯数の中で圧倒的に増えているのが高齢者世帯で、すでに全体の51%を占めている。 昨今の生活保護受給の窓口は、不正受給の関係でどんどん厳しくなっている。そのせいで本来は生活保護を受けられる人でさえも窓口で断られ、追い詰められて死んだりしている。 たとえば、2 […]

最底辺に落ちたくなければ国も企業も信用しないで生き残れ

貧困層は貯金を持っていても、株式や不動産のような資産は持っていないことが多い。 そのため、株式市場や不動産市況が活況化するような「資産価格上昇」や「資産バブル」の局面になると、富裕層と一気に格差を広げられる。 たとえば最近では、2012年11月頃から始まった円安・株高において、そうした格差拡大の流れが一気に起きた。 民主党政権時代には日経平均は8000円台から9000円台をうろうろとしていたが、自 […]

都議選惨敗で、再び村田蓮舫の二重国籍疑惑が蒸し返される

東京都議選で民進党は惨敗している。惨敗が分かった後、本来であれば代表の村田蓮舫が談話を発表しなければならないのだが、この代表は自分の都合の悪い場面には出てこないので、仕方がなく馬淵澄夫が談話を行った。「自分の都合が悪いときは姿も見せない」のが村田蓮舫の姿勢である。結局、村田蓮舫はその2日後に現れて、「極めて深刻で、非常に残念な結果となった」と反省の弁を述べた。 しかし「地方選なので、直接的に責任を […]

安倍首相は消費税を引き下げて経済復活を成し遂げるべきだ

高度成長期の日本の経済成長率は平均9.1%だった。オイルショック以後の経済成長率は平均4.2%だった。しかし、1991年以後の経済成長率は平均1.0%に落ちていった。 バブル崩壊以後、日本はまったく立ち直る気配がないのだが、その理由は個人消費が減退していくようになったからだ。 日本の経済を牽引していたのは内需なのだが、個人が消費しなくなって内需が20年以上経ってもまったく戻ってこないのである。 そ […]

日本を大事に思うのなら、今こそ反日マスコミに反撃すべき

ここ最近のマスコミの狂ったような安倍政権批判は、自分たちの世論操作で安倍首相を引きずり降ろすという決意の表れであると見ることもできる。 ありとあらゆる方向で総力をかけて安倍政権を潰しにかかっていると言っても過言ではない。 中国・韓国・北朝鮮の反日国家はすでに政治経済で行き詰まっているので、歴史捏造による謝罪強要と賠償要求、経済協力という名の経済侵略、反日という名の攻撃で日本を利用しようとしている。 […]

1130万人のワーキングプア層の生活不安定化が生み出すもの

1年を通じて働いているのに賃金が200万円以下の人たちを社会は「ワーキングプア」と呼ぶ。直訳すると「働いているのに貧困」という意味になる。 当初アメリカで見られたこのワーキングプア層は、日本でも「非正規雇用」が拡大したことによって、小泉政権以後どんどん膨れ上がっていくことになった。 国税庁「民間給与実態統計調査」では、2006年にワーキングプアは1000万人を超えて、2015年には約1130万人に […]

テレビを捨て年間720時間を取り戻して潜在能力を引き上げよ

仕事を終えて、家に帰って自分の時間が2時間から3時間あったとする。 その時間を勉強や自己研鑽に当てている人と、ただテレビを見て思考停止している人がいたら、どちらが深い思考を得られるだろうか。 もちろん、勉強や自己研鑽を黙々と続けている人の方だ。 最初はその違いは分からなくても、判断能力や生きる姿勢に少しずつ差が出てくる。その小さな差が広がると、もはや埋めがたいまでに大きな差となっていく。 それは貯 […]

報道という社会に大きな影響を与える部分がゴミになっている

多くの日本人は、自民党を心から信じているわけではない。自民党の中にもまた売国的な政治家が紛れ込んでいるし、政策のすべてが納得できるわけでもない。 しかし、現実主義の視点として見ると、日本の政治を安定させることができる政党は自民党しかない。だから、日本人には自民党しか選択肢がないというのが現実だ。 2009年に「一度、民主党にやらせてみよう」と日本人は民主党に政権を与えたのだが悲惨な目に遭った。政治 […]

一流大学の学生が大量に入り込む企業が衰退する理由とは?

1876年、スコットランド生まれの科学者グラハム・ベルは世界初の「電話」を発明した。 グラハム・ベルは、それを電報会社、送金業務会社として巨大な企業となっていたウエスタンユニオン社に特許の購入を持ちかけたところ、当時の社長だったウィリアム・オートンはそれを見て嘲笑し、電話を「電気製のおもちゃ」と言った。 「電話」という得体の知れないものの真価が分からなかった。そのため、ウエスタンユニオン社は莫大な […]

人工知能に駆逐される側にいたら、次の時代は生き残れない

人工知能はすでにチェスや囲碁や将棋等のゲームの世界で人間を完膚なまでに叩きのめしているのだが、これは単なる余興のようなものでしかない。 人工知能が人間社会で人間よりも上位に立つ「予兆」であり、本番はこれからだ。 人工知能は膨大なデータを分析・解析して正しい答えを導き出したり、的確な成果物を生み出したり、コミュニケーションしたり、仕事を完遂させたりする。 そのため、ほとんどの仕事は不必要になる時代が […]

1 37 41