42/45ページ

42/45ページ

朝鮮総連に触れてはいけないというタブーはもう破り捨てよ

安倍首相は、北朝鮮が6回目の核実験を強行したことで、「断じて容認できない」「許されざる暴挙だ」と話しており、ロシア、ドイツ、モンゴル、中国、イギリス等に対しても北朝鮮の制裁を強化するように要請している。 しかし、経済制裁するというのであれば安倍首相はやるべきことをやっていない。 日本には在日本朝鮮人総聯合会、通称「朝鮮総連」が根を張っており、北朝鮮の工作員を養成している朝鮮人学校も存在し、さらに北 […]

反日の工作員はしらみつぶしに炙り出して処刑する必要がある

日本には中国・韓国・北朝鮮のスパイが大量になだれ込んできているのだが、日本人はまったく危機感がない。まるで自国が侵食されても構わないと言わんばかりだ。 しかし、こうした工作員を放置していたら日本は国の内部から侵食されて崩壊していくことになる。 どこの国でも「他国のスパイ」や「国を裏切る者」は処刑の対象になる。これは、当然のことだ。中国もアメリカのスパイを片っ端から暗殺しているのだ。(日本にも大量の […]

民進党の山尾しおりには、その根底に反日があることを知れ

「日本死ね」というタチの悪い匿名ブログの自作自演で疑われているのが民進党の山尾志桜里(しおり)だ。(「日本死ね」は民進党・山尾しおりの自作自演だったのか?) 山尾志桜里は、「ガソリンのプリペイドカードへの入金」として総額で約230万円を収支報告書に記載していたが、これが地球5周分にもなるとして不正支出であると疑われている。 この件に関して、山尾志桜里は2016年4月6日にやっと釈明会見を行ったが、 […]

北朝鮮を、物理的に抹殺しなければならない段階にきている

2017年9月3日、北朝鮮は「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載可能な水素爆弾実験を成功させた」と主張している。 実際、北朝鮮と国境を接する中国吉林省延辺朝鮮族自治州では強い揺れを観測し、6回目の核実験を行ったのは間違いないとされている。 北朝鮮は2017年8月29日に弾道ミサイルを日本の上空に飛ばすという言語道断の威嚇行為を行ったばかりだが、国際社会が何を言ってもまったく暴走が止まらず、水素爆弾 […]

高齢者の地獄は、止まらない高齢化と共に確実に日本を蝕む

東京都港区は「金持ちが暮らすところ」というイメージがあるのだが、明治学院大学社会学部の河合克義教授の調査によれば、「高齢者夫婦の4世帯に1世帯は年収250万円未満で、生活保護水準に近い生活をしている」と明らかにしている。 金持ちが住んでいると思われている地区でも、生活保護水準の生活に追いやられている人たちが珍しくなくなっているのだが、この傾向は加速する。 なぜなら、日本は世界でも類を見ない少子高齢 […]

もう日本の国益を損なう政党やマスコミに好き勝手させるな

2017年9月1日、民進党は新代表に前原誠司を選出した。これは二重国籍疑惑で逃げ回って説明責任などまったく果たさなかった村田蓮舫で民進党が機能不全に陥ったことから行われた代表戦だった。 ちなみに村田蓮舫は未だに日本人なのかどうか分からないままである。マスコミも村田蓮舫の疑惑をまったく報じないままうやむやにしてしまった。(村田蓮舫の『国籍喪失許可証7つの疑惑』を報じないマスコミ) この村田蓮舫の無能 […]

永田洋子と重信房子のふたりの呪いと日本人の共産主義嫌悪

民進党(旧・民主党)はもともと売国者が集まった売国政党だが、この政党が共闘の相手に選んだのが日本共産党である。 日本共産党と言えば、1946年に「日本の解放と民主的変革を、平和の手段によって達成しうると考えるのはまちがいである」という「51年綱領」で次々と暴力的破壊行為を繰り広げた狂気の政党である。 さらに日本共産党と言えば、すぐに「連合赤軍」を想い出す人もいる。高齢者の中には、1971年の「あさ […]

大学の生き残りのため、学生は奨学金地獄に堕とされていく

これから2031年までに必ず起きることがある。それは、大学の経営破綻の連鎖だ。 なぜ、今まで維持できていた大学が経営破綻に見舞われていくのかというと、2018年から18歳人口が着実にじわじわと減り始めるからである。 これについては文部科学省「学校基本調査」に詳しい。 人口動態は将来を正確に予測しやすいデータである。戦争や巨大災害に見舞われない限り、人口がどのように増えるのか、減るのかはあらかじめ確 […]

モノ作り。日本の原動力をマスコミがこぞって否定した時代

1945年、第二次世界大戦の敗戦で日本は焼け野原となった。しかし、日本は終わらなかった。奇跡の高度経済成長はそこから始まったのだ。 日本の経済成長の原動力になったのは、「モノ作り」である。金融や軍事や政治力で蘇ったのではない。民間の「モノ作り」で日本は蘇った。 日本はかつてより「職人」を大切にする国であり、それが日本という国を特別なものにしていた。日本文化の多くのものは、職人が作り出す「モノ」が支 […]

反日工作を放置しておくと、やがて日本人の人権も抹殺される

中国・韓国・北朝鮮は、今やなりふり構わず、日本を貶める動きを全方位に、徹底的に、執拗に、展開している。 すでにこの特定アジア三ヶ国は、日本を明確に敵として認定し、日本を叩きのめそうと悪意を持って仕掛けてきている。これは、戦争行為と言っても良い。 中国・韓国・北朝鮮は、すでに日本に敵対しているのである。 これらの反日国家は日本を敵として認識して動いているのだが、逆に日本人には中韓友好や自虐史観を押し […]

トランプ大統領のレームダック化は、日本の危機につながる

アメリカ南部は、今でも白人至上主義者が強い影響力を持つ特異な区域である。 黒人差別も残っており、2015年6月18日に起きたサウスカロライナ州では教会にいた黒人が9人無差別に撃ち殺される事件もあった。(自由の国と言いながら実際には人種で分離しているアメリカ) 2017年8月12日、アメリカ南部バージニア州シャーロッツビルで、KKKをはじめとする白人国家主義者たちと、リベラル派が激しく衝突した。 こ […]

偏向と歪曲のメディアに、国民は「停波しろ」と声を上げよ

テレビはまったく中立ではなく、倒閣のための偏向メディアと化しているのは、もうずっと前から言われ続けている。 どのように偏向しているのかを、加計問題を通して調査された結果が出回っているのだが、8時間45分59秒の報道時間のうち、前川喜平の発言は2時間33分46秒も報道されているにも関わらず、加戸守行氏の発言はわずか6分1秒しかなかったという。 要するに、あやふやで曖昧で信憑性がない単なる安倍政権批判 […]

人口増加が逆転して今度は人間が大量死する世界になるのか?

国連人口基金は2017年現在、世界の人口が約76億人になったと発表している。もちろん、これは人口のピークではなく、これから2050年に向けて世界人口は98億人になっているはずだ。 毎年、約8300万人が増えていくのだ。圧倒的に増えていくのはインド圏(インド・パキスタン・バングラデシュ)と、アフリカ圏(ナイジェリア、コンゴ・エチオピア)になるのではないかと言われている。 先進国で唯一人口が増えるのは […]

日本に「暴力反対」「戦争反対」を押し付けて弱らせる戦略

「あなたは戦争が好きですか、平和が好きですか?」と問われたら日本人はどのように答えるだろうか。恐らく100%に近い人は「平和が好きです」と答えるはずだ。 では、この次にこう問われたらどう答えるだろうか。 「平和のためには、戦争を実行する軍隊は必要ないですよね。軍隊が必要だという人は危険ですよね」 確かに戦争したくないから軍隊を持たないというのは、一理あるように思える。軍隊がなければ戦争にならない。 […]

絶対に信じてはいけない。民主主義を壊す朝日新聞の正体

朝日新聞東京本社IT専門記者なる人物が「フェイクニュース」問題で、『NIEニュース』という媒体に以下のような文章を書いている。 『事実ではない情報がニュースの顔をしてネットにあふれる』 『フェイクニュースがネットを席巻し、現実のニュースより影響力を持つようになれば人々は事実かどうか顧みなくなるだろう。自分の信じたいものだけを信じる「情報のタコツボ化」は、民主主義を破壊してしまうかもしれない』 『新 […]

雇用の75%が消えると社会は私たちの面倒を見るのを止める

マーティン・フォード氏の著書『テクノロジーが雇用の75%を奪う』では、今後の労働市場では、「低賃金の熟練工だけでなく、今後はホワイトカラーなどの中間層も収奪の対象となる」と述べている。 グローバル化が荒々しく世界を飲み込み、日本でも終身雇用や年功序列という伝統的な経営が廃れて、人材の使い捨てになった。 しかし、このグローバル化による雇用の減少は「序章」であり、今後迫り来るロボット化・AI化は、さら […]

蓮舫は辞任したが、売国政党・民進党はまだ解党していない

村田蓮舫が2017年7月27日、民進党の代表を辞任することになった。マスコミは2017年7月2日の都議線での民進党の惨敗をほとんど報じてこなかったが、民進党内部では村田蓮舫に対する責任を問う声が続出していた。 村田蓮舫は責任を取りたくないので、野田佳彦幹事長を交代させて当座を凌ごうと画策する。しかし、村田蓮舫の下で新しく幹事長をする人間などひとりも出てこなかった。 当然だ。村田蓮舫は二重国籍疑惑で […]

マスコミは謙虚になるつもりはなく今や倒閣ビラの発行媒体

村田蓮舫は二重国籍疑惑が出たときに自分は日本人と言い張っていたが、追及されると発言を二転三転させるようになり、シラを切り通せなくなると今度は「日本人だと思っていた、故意ではなかった」と言い出した。 そして、都議戦に敗退して民主党内からも「蓮舫の二重国籍疑惑のせいで惨敗した」と責められるようになって、やっと国籍喪失許可証を公開した。 ところが、それが普通ではありえないほど疑惑に満ちたものだったので、 […]

1 42 45