反日

5/5ページ

激しいプロパガンダ工作により、犯罪民族にされていく日本

「明治日本の産業革命遺産」が2015年7月5日に世界遺産として登録されたが、その過程が日本人には苦く、割り切れないものとして記憶されることになった。 なぜなら、韓国が「遺産群の中には強制徴用が行われた施設がある」として激しく反対工作を行い、「日本人は犯罪民族である」というプロパガンダを激しい勢いで展開したからだ。 2015年6月21日には、日韓外相会談で遺産登録に協力すると合意したが、韓国側は表側 […]

中国が「超限戦」という卑劣な犯罪行為を仕掛けてきている

まだ日本と中国は物理的に衝突していないので、戦争ではないとは言える。 しかし、銃弾が飛び交うものだけが戦争ではない。戦わずして相手を屈服させる「仕掛け」そのものも戦争である。そう考えると、すでに日本と中国の戦争は「起きている」と言うこともできる。 中国は昔から謀略と策略を相手に仕掛ける民族であり、それは孫子や韓非子のようなものを読めばすぐに分かる。 これらの書は「兵法」であると言われているが、よく […]

日本を乗っ取る人間は、この3つを行って完全排除すべきだ

アメリカでは当然だが、政府機関・公務員に対しては身元調査を行っている。そして、個人のバックグラウンドに従って「レベル分け」されている。 外国人や二重国籍を持った人間はレベルの高い情報にアクセスできないし、母国と頻繁に連絡を取り合っている人間も身元調査によって中枢に入れないようになっている。 スパイが政府機関に入り込んだら情報が筒抜けになる。身元調査を行うのは当然のことである。場合によっては、政府機 […]

価値観を共有しない国が正義を重視しているのなら超危険だ

毎日新聞の澤田克己ソウル支局長が「日本は約束、韓国は正義を重視している」とインタビューで語ったことが「それは本当なのか?」と議論になっているという。 それもそうだ。韓国が正義を重視しているなどと聞いたら、多くの日本人が腰を抜かす。 韓国は日本から仏像を盗んで、それを返さない国ではなかったか。盗んだものを返さないのが正義だというのであれば、澤田克己氏の頭はどうかしているので、「韓国は正義を重視してい […]

浜矩子氏を持ち上げて、一緒になって踊っている東洋経済

昔、東洋経済(東洋経済新報社)と言えば「会社四季報」を出すとても信頼のある会社であるというイメージがあったが、最近は、「少し胡散臭い会社ではないか」と思われてビジネスマンから敬遠されている。 『2012年 資本主義経済大清算の年になる』 『2013年 世界経済総崩れの年になる!』 『2014年 戦後最大級の経済危機がやって来る!』 毎年毎年、こんなタイトルを出しているのが、他でもない「東洋経済新報 […]

日本人を憎悪している国もあるということに気付くべきだ

2015年3月18日、チュニジアでテロが発生している。首都チュニスにあるバルドー博物館でそれは起きた。 犯人は2人組のチュニジア人で、ひとりはハテム・ハシュナウィ容疑者、ヤシン・ラビディ容疑者。ふたりは入口でカラシニコフを乱射したあと、博物館の内部に侵入して観光客を人質に取って立てこもった。 そして2時間後、チュニジアの治安当局が突入してふたりの犯人は射殺されたという。 このテロで、観光客40人以 […]

焼き討ちされているのに、せっせと金をばらまいていた日本

2015年3月13日、政府開発援助(ODA)白書で、岸田文雄外相は今後のODAは「国益の確保」を優先的に行う方向性であることを改めて明確に示している。 ODAとは、途上国に対する援助なのだが、日本は今まで中国に多大なODAをばらまいてきた。 それは、もちろん第二次世界大戦で中国を混乱させた贖罪の意味もあり、中国自身もそれを賠償金という意味合いで受け取ってきた。 中国が経済的発展を遂げることになった […]

テロに便乗して政権批判を煽動する「内なる敵」が存在する

日本人はイスラム国(IS)にふたりの日本人を殺されているが、中東全域では、このイスラム国が過激な暴力を繰り返しており、1ヶ月に9000人近く死亡していると国連やNPOは推測している。 もちろん、取材に行けば拉致されて斬首されるのだから、誰も現地に入れない。その結果、そこで実際にどれくらいの人々が死亡しているのかは誰にも分からないのが実態だ。 また、アメリカもこの超過激テロリスト集団に空爆を繰り返し […]

青木大和みたいな「なりすまし男」とは関わってはならない

NPO法人「僕らの一歩が日本を変える」の代表だった青木大和という20歳の男は、慶応大学法学部に在籍しており、若者代表として注目されていた人間だった。 しかし、この男は民主党や各種メディアと結託し、小学生4年生を詐称しながら政権批判をするという姑息で悪質な性癖を持った人間だったことが判明した。 20歳の人間が10歳の少年に「なりすまし」をしたのは、もちろん「子供は批判されにくい」という読みや、「話題 […]

焦点を当てるべきは「日本人名を名乗る外国人」の方である

現在、国土交通政務官である自民党の大塚高司氏が献金問題で揺れている。 大塚高司氏の代表を務める「自由民主党大阪府第八選挙区支部」が、2007年から2009年まで、外国人から計115万円の政治献金を受けていたことが判明したのだという。 「外国人」というのは、朝日新聞や毎日新聞の表現だ。朝日新聞はこのようなタイトルで述べている。「大塚国交政務官、外国人から115万円献金」 毎日新聞はこうだ。「大塚国交 […]

日本社会をひっくり返すようなインパクトを持つ闇とは何か

日本にはスパイ防止法がない。だから、当然のことながら日本にはスパイがうようよしており、中には日本人に「なりすまし」をして活動している人間たちもいる。 日本人ではないのに、日本人の顔をして、日本人の名前を持って、日本人を貶めたり、日本企業の機密を盗み取ったりする「なりすまし」のスパイが日本には山ほどいるのである。 また、背乗り(はいのり)と言って、秘かに日本人の戸籍を盗み取るような言語道断の犯罪的な […]

東京都知事の舛添要一が都民から嫌悪の目で見られている

2014年2月9日、東京都知事選で舛添要一が東京都知事に初当選した。 舛添要一は立候補する前から、その経歴、言動、人間的資質のすべてにおいて、胡散臭いと言われ続けて批判を浴びていた。特に女性に嫌われているのだが、その理由として女性に対する暴力的言動があることが指摘されている。 舛添要一の暴力的傾向を指摘したのは片山さつき氏だが、彼女は週刊新潮で、このように述べている。 「その辺にあるものを手当たり […]

日本に巣食う非合法組織の、「金の流れ」をえぐり出す動き

日本ではあまり話題になっていないが、金を巡る非常に重要な動きが裏で起きている。アメリカによる金融面による非合法資金の流れの遮断である。 フランスの金融機関BNPパリバが、アメリカの国内法によって、約1兆円にも上る想像を絶する賠償金を請求されている事件は、まさにそんな動きのひとつである。 BNPパリバはロシア政府との取引がある。フランス政府は武器・弾薬・潜水艦・航空機等を各国に売っているが、その代金 […]

LINEで、日本人5000万人の情報が韓国に筒抜けとの噂がある

LINEという無料の通話・メールアプリがあるのだが、FACTA ONLINEという情報紙が、このように書いている。 「5月下旬、官邸内に衝撃が広がった。韓国の国家情報院(旧KCIA)が、無料通話・メールアプリ「LINE」を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析していることが明らかになったからだ。韓国政府のサイバーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリティセンター(NISC)との協議の場であ […]

日本人のことは何一つ考えていない鳩山由紀夫という危険人物

日本は現在、中国から領土を侵略されようとしている途上にある。尖閣諸島はおろか、沖縄まで奪い取られるかもしれない。 中国はどちらもそれを「日本の領土ではない」と言っており、自分たちの領土であると主張する。 中国はモンゴルも、チベットも、南沙諸島も、すべて自分たちの領土だと言い放って、力で持って奪い取ろうとする非常に危険な大国であり、全方位で領土拡張をしている。 そういった危険な中国の正体は多くの日本 […]

「日本人を殺せ!」が、いよいよ実際の行動として表れてきた

2013年5月20日、韓国の中央日報で、キム・ジンという韓国人ジャーナリストが、原爆投下や大規模空襲を「アジア人の復讐だった」「神による苛酷な刑罰」だったと書いて、翌日、日本大使館の道上公使が抗議する騒ぎとなっている。 ここでは、「日本に対する爆撃が足りないと判断するのも神の自由だ」と、信じられない日本人憎悪の文章が掲載されていた。 「日本に対する爆撃が足りない」というのは、もっと日本を破壊すべき […]

1 5