52/52ページ

52/52ページ

日本では、韓流よりもさらに大きな潮流がすでに始まっていた

2006年頃、グローバル社会が非常に進んできたという印象を受けて、それならば国際結婚は増えているだろうと考えたことがあった。 それで、日本政府の出している「人口動態調査」に当たって実際の数字を調べてみたとき、1992年から2006年までを見ると、国際結婚が約1.5倍ほどに増えていたのを統計データで確認した。 なるほど、日本はグローバル化の波に飲まれて、どんどん国際結婚が増えている。当然、グローバル […]

戦後日本の最大の思想的タブー。それは「暴力への目覚め」

日本人が気がついていない日本人の特性は何か。これは日本人が世界でも稀に見る「武装民族」「暴力肯定の歴史」であったことだ。 諸外国はそれを知っている。 だから、欧米も、アジア諸国も、日本人の「野生」が目覚めるのを極端に恐れており、ありとあらゆる洗脳で「暴力反対」「日本人は優しい」という思想を日本人自身に埋め込もうとしてきた。 しかし、「日本人は優しい民族」というのは、歴史をまったく無視した概念だ。 […]

インターネットを生んだ軍事組織、脳を拡張する兵器を開発中

インターネットの前身はARPA-NET(アーパ・ネット)と呼ばれているもので、これは軍事技術を民間に転用したものであることはよく知られている。 実は、共感覚を生み出して、人間を天才にする可能性のある能力を秘めたドラッグであるLSD-25(通称LSD)を調べているうちに、奇妙な裏の事実が分かってきた。 LSDとインターネットは、「ある組織」で結びついていたのである。その組織とはアメリカの国防総省の研 […]

天才が持つ共感覚を手軽に得る方法と、言ってはいけない事

「共感覚」という言葉をご存知だろうか。天才と言われる人たちや、一瞬見たものをすべて記憶できるという劇的な記憶力を持つ人たちサヴァン症候群の人たちに共通する感覚がこの「共感覚」である。 これは、「ひとつの感覚刺激が別の感覚を引き起こす」と説明されるの現象である。 つまり、こういうことだ。 数字を見れば、数字ひとつひとつに特定の色が見えて絵が見える。音を聞けば、音の高さによって特定の色が見える。(鈴木 […]

激動の世界はもうスタートしている。独裁者殺しの次は何か

2011年1月にチュニジアで民主化デモが湧き上がり、そこから23年続いたベンアリ独裁政権があっけなく倒されたのを世界は見た。 ベンアリ政権が親米政権だったので、これはオバマ政権にとっては痛手だったと多くのアナリストは判断した。 次にエジプトが火の粉に包まれるようになった。ムバラク大統領は親米政権だったので、世界はアメリカが支援するものだと最初に判断した。 2011年1月から、突如として独裁政権の危 […]

意図的に、日本人が暴力に「目覚めない」ようにされている

人類は、歴史のどの瞬間を切り取っても、常にどこかで戦争をしてきている。これを指して、アーネスト・ヴォルクマンは著書『戦争の科学』の中で、「人類の歴史は戦争の歴史だ」と述べた。 戦争が続いていたのであれば、「これからも戦争はなくならない」と思うほうが自然だ。人類に戦争のなかった年はなく、人類に紛争がなかった年もない。 そして、戦争とはそのほとんどが略奪である。「土地の略奪」であり、「資源の略奪」だ。 […]

米国にとって鳩山由紀夫とフセインとカダフィは同じ極悪人

アメリカにとって、イラクのサダム・フセインとリビアのカダフィ大佐はアメリカに敵対する極悪人のような存在だった。そして、実はアメリカの目で見ると日本の鳩山由紀夫氏もまったく同列の極悪人に見えていた可能性がある。 確かに強面(こわもて)のフセインとカダフィに比べて、我らが鳩山由紀夫氏はどこか頼りない印象でもあるが、アメリカは外見で彼らを見ているのではない。思想と行動で彼らを見ている。 そして、アメリカ […]

メールの返信について

最近、昔からいつもメールをくれている方や、新しくメールをくれた方も含めて、なかなか返信できなくなっております。お詫び致します。 本文を書いているとメールを返信する時間がなくなり、メールを書いていると本文を書く暇がなくなります。今まで両方に対応できるように何とかしてきておりますが、もうメールの対応のほうが限界です。 本当は、返信しなければならない重要なメールもたくさんあるのですが、そんな重要なメール […]

1 52