テレビ

国民はマスコミの世論誘導に白けきって、押し付けられても受け入れない

ドナルド・トランプは当初からマスコミにとっては都合の悪い大統領候補者だった。 なぜなら、この人物は当初からグローバル化に疑念を抱き、移民・難民を「追い出す」と公言し、保護貿易を主張していたからだ。グローバル・メディアが数十年かけてやってきたグローバル化推進を止めてしまおうとしている候補者だったからだ。 そのため、マスコミは当初からドナルド・トランプを激しく責め立て、欠点を暴き、スキャンダルをほじく […]

フジテレビは、激しく嫌悪されるようになって見捨てられた

2017年4月〜9月期の決算で、フジ・メディア・ホールディングス傘下のフジテレビジョンが唯一営業赤字と化しており、凋落がまったく止まらない。 応援する声などひとつもない。視聴率は低下し、日本国民から見捨てられていると言ってもいいような状況だ。かつて一世を風靡していたフジテレビが、いったいなぜこんなことになってしまったのか。 理由は単純だ。 フジテレビは、激しい韓国礼賛、韓流押し、日本蔑視、サブリミ […]

NHK。国民から金を毟り取って贅沢三昧の天下の公共放送

2017年12月6日、最高裁大法廷はNHK受信契約訴訟において、テレビを持っている人間で受信契約を拒絶する人たちについては「NHKが無理やり受信契約をさせて金を取るのは合法」という判断を示している。 テレビを持っていたら「NHKなんか絶対見ない」「なぜ日本を貶す偏向報道の局に金を払わないといけないのか」と言っても無駄なのだ。NHKは無理やり毟り取ってくる。 しかも裁判所は「テレビなどを設置した時ま […]

テレビで有名になりたい人のための、手っ取り早い成功法則

日本は「どこの国が攻めてくるのか?」と言い放つ鳥越俊太郎のような親中反日のジャーナリストが大物扱いされてテレビで大きな顔をする。 あるいは「相手国が納得するまで謝罪すべき」と韓国に死ぬまでペコペコと頭を下げろと言い放つ村上春樹のような情けない人間が、言論に珍重される。 そうかと思えば、吉永小百合のように集団的自衛権に反対する共産党シンパの女優が「大女優」だとか言われて今もチヤホヤされる。 要するに […]

テレビで朝から晩まで大量の情報を浴びても白痴化する理由

テレビは雑学の宝庫で、朝から晩まで私たちに何かを教えてくれる。しかし、それでいて「テレビばかりみていると馬鹿になる」とはさんざん言われてきたことだ。 「テレビばかり見ている人間は馬鹿かもしれない」というのは私たちは経験的に知っている。 私たちは、テレビを見ていつの間にか馬鹿になった人は掃いて捨てるほど知っているからだ。逆にテレビを見ていつの間にか天才になった人の話はまったく聞かない。 もしテレビを […]

テレビ時代が終焉するのは時代の流れであり悪い話ではない

テレビや新聞の影響力は未だに絶大なものがある。その影響力は想像以上に強いものがある。 しかし、すでにピークを過ぎており、今までのような影響力は急激に失われていくことが予測されている。テレビを持っていない層も珍しくなくなり、テレビを持っていても「面白くない」と言って見なくなった層も多い。 現在はフジテレビの凋落が話題になっているが、凋落しているのはフジテレビだけでない。 韓流礼賛と反日姿勢を鮮明にし […]

フジテレビが赤字転落。テレビ産業の凋落と終焉が始まった

フジテレビが赤字に転落したというニュースは、皮肉なことに大手テレビ局のほとんどが放映しない。都合が悪いからだ。 フジテレビは「東芝が赤字になった、シャープが赤字になった」と連日のように大騒ぎしていたのだから、自分たちが赤字になったのであれば、それを報道して自社の経営陣を締め上げればいい。しかし、もちろんそんなことは絶対にしない。 自分たちが世間に捨てられて赤字になっているというのを隠蔽して、他社の […]

テレビが人間を愚鈍にさせるというのが科学的に証明された

2013年11月20日、誰もが知っている事実が改めて科学者の研究成果として発表されている。それは、テレビの長時間視聴が、間違いなく、確実に「頭を悪くする」という事実だ。 これは、東北大加齢医学研究所の川島隆太教授(脳科学)と竹内光准教授(同)らのグループが発表したものだが、結論から言うと、このようになる。 「テレビの長時間視聴が、言語知能などをつかさどる脳の前頭葉に悪影響を与える」 これらは科学者 […]

国民の知る権利を封じているのは、政府ではなくマスコミだ

テレビや新聞と言ったマスメディアは、特定秘密保護法に対してヒステリックで大規模な反対キャンペーンを連日のように繰り返している。 そして、この特定秘密保護法が「政府が国民の言論を封る」ためのものだという誤解を拡大させようとしている。しかし、最近の言論を封じているのは、政府ではなくマスコミの方だ。 信じられない話だが、マスコミそのものが国民の知る権利を封じている。決して、日本政府が封じているのではない […]