パチンコ

与党も野党もカジノを議論するよりもパチンコの全廃を議論せよ

(野党はIR法案(カジノ法案)に「ギャンブル依存症が増える」激しい反発をしているが、それを言うなら日本から一掃しなければならない最悪の害悪はパチンコだ。パチンコを今こそ全廃すべきだ) 政府は統合型リゾート(IR)推進しているのだが、日本で禁じられているカジノがこれで解禁される可能性があるので、野党は「カジノ法だ、反対だ」と叫んでいる。 たとえば、社民党の福島みずほは「カジノに行かなきゃいいという野 […]

パチンコは日本社会に有害であり、業界の壊滅は正しい行為

マスコミが絶対に何があっても表層化させない日本の問題はいくつかある。そのうちのひとつがパチンコというギャンブルについてだ。 言うまでもないが、ギャンブルというのは金銭を賭けて偶然性の高い勝負を行う行為である。 これは非常に大きな中毒性を持つので、これによって生活を破綻させる人間はたくさんいるし、破綻させなくてものめり込んで離れられなくなった人も多い。 本来であれば国や自治体が財政上の理由で行う賭博 […]

日本人はいい加減に「パチンコ屋を潰せ」と声を上げるべき

生活保護受給者が受給日になったら、もらった金を握りしめてパチンコ屋に走る姿がある。働かないで金をもらった人間がギャンブルに金を注ぎ込む。その姿は異様だ。 「生活保護者はパチンコは禁止と法律で定められていないのだからいいではないか」と開き直る人もいる。しかし、法律で禁止されていないから何をしてもいいというわけではない。 生活を立て直さなければならない中で、大切な金をギャンブルに注ぎ込むのは常識がない […]

パチンコ。それは年間約3000人の死者を出す日本人殺戮兵器

パチンコというギャンブルは、公益財団法人日本生産性本部「レジャー白書」によると2015年でその市場規模は23兆2290億円であると算出されている。 日本は今後カジノを解禁すると言っているのだが、すでに23兆円という壮絶なるギャンブル市場があって、ギャンブル依存症の人は536万人もいると言われている。 そして、ギャンブル依存症に詳しい荒川区議会議員の小坂英二氏によると、年間3000人以上の人がギャン […]