人生100年時代

「人生100年時代」と「生涯現役」の組み合わせは、残酷な時代の幕開けでもある

老いたら、カネを使わないでも幸せに生きられると考える人もいるが、医療や介護は「ただ」ではない。諸経費は必ず貯金を食い潰していく。足りなくなったら、困窮生活に入る。今後、人生100年時代に向かう中で、社会保障費の増大や高齢者の生活保護受給者の増加が止まらなくなる問題に対して社会はどのように対処するのか。実はもう答えは出ている。(鈴木傾城)