反日

1/5ページ

中国に知的財産を盗まれて報復するアメリカ、泣き寝入りする日本

日本企業は中国・韓国に「技術供与」した。その結果、あらゆる技術が盗まれて、日本企業は大ダメージを受けた。家電メーカーも多くが価格競争に巻き込まれ、経営が悪化し、日本人を片っ端からリストラしてきた。 技術供与するというのは、「成功するコツ」を手取り足取り教えるということだ。当然、彼らが成功すると日本のライバルになる。そんなことは分かりきったことだ。 そうすることによって、これらの国の企業に一切合切が […]

反日国家とは「関わりを断ち、徹底的に反論する」を個人で行うべき

ドナルド・トランプが中国に貿易戦争を仕掛けたことにより、中国経済は目に見えて悪化している。(フルインベスト:中国は米中貿易摩擦が激化で国家が動揺するのは避けられない) 現在、中国政府は必死で経済を下支えしているが、景気悪化が加速しているので統計数字はどんどん悪くなっている。 韓国も無能大統領である文在寅(ムン・ジェイン)が財閥いじめ、ばらまき型政策、中国依存を加速させたために経済が急激に悪化する憂 […]

法政大学教授の山口二郎は大学教授としてあまりに質が悪い

(法政大学法学部の山口二郎という男が新潟知事選で安倍首相を「もう腐った男はいらない」と罵倒している。この男は学者とは思えないほど、知性のかけらもないヘイトスピーチを撒き散らして生きている。これで大学教授なのだ。この男だけではない。他にも頭のおかしい大学教授が山ほどいる。日本の大学教授の質は絶望的だ) 2016年11月21日に、東京新聞が「本音のコラム」として法政大学教授である山口二郎という男の文章 […]

日本人は相手を策略でハメないが、世界は薄汚い策略で動いている

河野太郎外相が北朝鮮に強硬であることにマスコミや野党が不満を表しており「もっと北朝鮮の立場を考えるべき」という批判が流れている。 つまり、少しくらいは北朝鮮に妥協しろということだ。 日本人は妥協することを弱さだと考えない。妥協することによって相手が満足してくれるのであれば、相手のために折れて上げようと考える。相手の顔を立て、譲るのである。 しかし中国・韓国・北朝鮮は、そこに付け入って日本を屈服させ […]

弱者でないのに弱者を主張するニセモノが社会を蝕んでいく

(最近は弱者に「なりすまし」した人間が「自分は弱者だ、面倒を見ろ、金を出せ、ちやほやしろ」と叫んで、それを咎めると「差別だ、被害を受けた、謝罪と賠償しろ」と恫喝する手口があちこちで明るみに出ている。思い当たることもあるはずだ。日本は「自称・弱者」があまりに多過ぎる。改めてこの記事を読んで欲しい) 世の中は、真っ当に生きようとする人たちが大半なのだが、一部の寄生虫のような人間はそのような生き方が面倒 […]

活動家と野党とマスコミが三位一体で倒閣工作を進めている

今まで日本はアメリカの傘の中に入って守られていたのだが、そのアメリカもドナルド・トランプ大統領の本音の発言を見ても分かる通り「日本の自主防衛」を望んでいる。 日本が自国を防衛できる体制を作り上げなければならないのは当然のことである。平和を唱えていれば平和になるというのは現実的ではない。それは小学生の空想だ。 歴史を見れば、弱小国家は常に大国に翻弄されている。攻め込まれ、飲み込まれ、植民地にされてい […]

他人をリンチするようなクズの女が被害者ビジネスで生きる

(保守派の議員・ジャーナリスト・知識人・団体・個人がことごとく「被害者ビジネス」の標的になっているのだが、この手口と戦っているすべての人にエールを送りたい。改めてこの記事を読んで欲しい) 世の中には「被害者ビジネス」というものがある。 わざと自分が被害者になるように相手にワナをかけ、その人に向かって「自分に謝罪しろ、賠償しろ」とわめく。そして、相手を恫喝しながら金を毟り取る。 この被害者ビジネスを […]

日本が完全に乗っ取られていいのか。日本人は目覚めるべき

北朝鮮の拉致問題の発覚から、反日国家が多くの工作員を送り込んで、日本人の戸籍を乗っ取り、拉致工作をしていたのが知られるようになった。 こうした行為は「背乗り(はいのり)」と呼ぶ。背乗りを成功させた辛光洙という工作員は北朝鮮では英雄扱いとなっているのを見ても分かる通り、これは国家ぐるみなのだ。 北朝鮮の拉致事件で炙り出されたのが工作員たちによる背乗りだが、こうした背乗りは東日本大震災でも大量の戸籍と […]

「誰が日本の敵なのか」が明確になってから起きていること

中国・韓国が反日教育で日本憎悪に明確に動き出したのが1990年代だ。もう数十年も前に、これらの国は日本との敵対を準備していたということになる。 これまで、反日という「日本人憎悪」を剥き出しにするこの両国が日本の敵であるという認識は今まで日本人は持つことができなかった。 拉致事件を起こした北朝鮮が日本人の敵であるという認識はあっても、韓国は日本と価値観を共有する隣国だと漠然と思い込む日本人は普通にい […]

反日国家との関係はマネージなどできないので断交が正しい

「一見、良いことを言っているように見えて、実は裏には別の意図がある」というのは、中国・韓国・北朝鮮のような反日国家が常に使う手口である。 たとえば、「平和を守れ、平和は素晴らしい」というのは、とても美しい言葉だ。人は誰でも平和でいたいし、協調したいと思っている。誰も他人と衝突しながら生きたくない。 しかし、それを反日国家が日本に強要したとしたらどうだろうか。日本の防衛力をゼロにするために「平和を守 […]

日本は無抵抗のままサンドバッグのように殴られ続けている

日本は誠実な国で、日本人もまた誠実な国民性を持つ。しかし、中国・韓国・北朝鮮は国際社会に向けて激しいプロパガンダを行っており、日本人に対する印象を貶めようとしている。 日本は過去の戦争を反省せず、日本人は差別主義者で、日本人は国を挙げて20万人の少女をセックス・スレイブ(性奴隷)にしていた国民だと中国・韓国・北朝鮮は訴えている。 日本人というのは、残虐で、凶暴で、侵略主義者であるとあちこちで火を付 […]

野党やマスゴミが緊急事態条項に反対するのは亡国のためだ

アメリカのドナルド・トランプ大統領が北朝鮮を近々「テロ支援国家」に指定する可能性があると言われている。 アメリカは今も北朝鮮に対して経済制裁を行っているが、北朝鮮がテロ国家であると指定されると、この国と貿易する国や団体はアメリカと取引できなくなる。 アメリカと取引できないということは、ドルが手に入らないということである。北朝鮮と取引する国や企業は、それによって組織が存続できなくなる。 だから、常識 […]

他人のものを自分のものにして、金だけを儲けて売り逃げる

中国・韓国・北朝鮮は、日本に対して激しい反日を行っている国だ。これらの国は常に日本を「騙し討ち」する。韓国は特にそうだ。 慰安婦問題を蒸し返さないと合意したはずの日韓合意を見ても分かる通り、何らかの合意をしても金だけを日本から毟り取って問題はすぐに蒸し返す。 トランプ大統領が訪韓したら慰安婦に抱きつかせたり、勝手に独島エビと名付けたエビを出したりする。「騙し討ち」でこれらの演出を行い、ひとりで悦に […]

反日という憎悪が渦巻く世界から、対立と衝突が起きてくる

どこの国でも長年にわたる隣国との民族憎悪がある。解消されることはほとんどない。なぜなら、その憎悪には歴史があるからだ。歴史問題というのは「憎悪の問題」なのである。 憎悪という感情はとても強いものだ。 許そうと思っても相手が仕掛けてくる。あるいは許せないと感じて相手に仕掛けていく。それが歴史になる。そして、過去を振り返って相手に対する新たな憎悪が生み出される。 現在起きている日本と中国・韓国・北朝鮮 […]

反日の工作員はしらみつぶしに炙り出して処刑する必要がある

日本には中国・韓国・北朝鮮のスパイが大量になだれ込んできているのだが、日本人はまったく危機感がない。まるで自国が侵食されても構わないと言わんばかりだ。 しかし、こうした工作員を放置していたら日本は国の内部から侵食されて崩壊していくことになる。 どこの国でも「他国のスパイ」や「国を裏切る者」は処刑の対象になる。これは、当然のことだ。中国もアメリカのスパイを片っ端から暗殺しているのだ。(日本にも大量の […]

民進党の山尾しおりには、その根底に反日があることを知れ

「日本死ね」というタチの悪い匿名ブログの自作自演で疑われているのが民進党の山尾志桜里(しおり)だ。(「日本死ね」は民進党・山尾しおりの自作自演だったのか?) 山尾志桜里は、「ガソリンのプリペイドカードへの入金」として総額で約230万円を収支報告書に記載していたが、これが地球5周分にもなるとして不正支出であると疑われている。 この件に関して、山尾志桜里は2016年4月6日にやっと釈明会見を行ったが、 […]

反日工作を放置しておくと、やがて日本人の人権も抹殺される

中国・韓国・北朝鮮は、今やなりふり構わず、日本を貶める動きを全方位に、徹底的に、執拗に、展開している。 すでにこの特定アジア三ヶ国は、日本を明確に敵として認定し、日本を叩きのめそうと悪意を持って仕掛けてきている。これは、戦争行為と言っても良い。 中国・韓国・北朝鮮は、すでに日本に敵対しているのである。 これらの反日国家は日本を敵として認識して動いているのだが、逆に日本人には中韓友好や自虐史観を押し […]

反日国家に対して報復することが次の日本再生のキーワード

日本の政治は互いに対立する問題があったら「話し合って、理解してもらう」ということだけを考えてきた。 そのため、中国や韓国や北朝鮮のように、問題を歪曲し、何でもかんでも責任を日本に押し付け、恫喝し、騙し、裏工作をするような方法を取ってくる相手には常に防戦一方を余儀なくされる。 これらの国は、日本の話はいっさい聞かず、自分の都合の良いことだけを叫んで来る。そこで日本は仕方がなく相手の都合に合わせて謝罪 […]

1 5