引きこもり

ひきこもり問題と、少子高齢化問題と、労働問題と、社会保障費の増大

2019年3月29日。内閣府は「自宅に半年以上閉じこもっている「ひきこもり」の40~64歳が、全国で推計61万3000人いる」と報告した。15~39歳のひきこもりは54万1000人なので、いまや「ひきこもり」は中高年の方が多い。 かつて、政府は「ひきこもり」を「若年無業者」としていたのだが、若年無業者というのは35歳未満を指すので、長期化・高齢化した「ひきこもり」の人間は若年無業者からスルリと外れ […]

生活保護や引きこもりの人を見て「うまくやっている」と思う人がいる

日本では生活保護を受ける人々も増えており、さらに長期に渡る「引きこもり」で親の庇護に頼る人々も増えている。 生活保護が増加すると、国の財源や地方財政をどんどん圧迫していくので、支援する側も問題が発生する。生活保護というのは一時的なものであり、本来はそれをアテにして生活を成り立たせるものではない。 延々と生活保護を受け続ける人が増加していくと、財源が逼迫して問題が発生するのは当然のことだ。これと同じ […]