憲法第九条

戦争が起きたら「暴力を振るう」のではなく「振るわれる」という現実を認識せよ

憲法第九条信者は、日本政府や日本人に向けて「暴力反対」と言っても仕方がない。それは、まるで家庭内暴力を受けている妻に「暴力反対」と叫んでいるようなものだ。暴力を振るっている側にそれを叫ばなければならないのに、暴力の被害者にそれを叫んでも何の意味もない。意味がないどころか、有害ですらある。(鈴木傾城)