韓国

1/3ページ

韓国は敵国であり、日本人は「日本海→東海」の言い換えも侵略と認識せよ

日本人が韓国と友好関係を結んでいい局面というのは、韓国が竹島を返し、慰安婦像をすべて撤去し、旭日旗を敬い、日本海は日本のもので日本海以外の呼称はないと認めた時である。韓国がそうしないのであれば、日本の基本方針は「報復外交・国交断絶」一本で構わない。(鈴木傾城)

意味のない日韓合意は日本から破棄し、報復外交をして、国交断絶すればいい

反日国家である韓国に対しては「何をされても何もするな」というコンセンサスが今の政治にはある。そのため、韓国に約束を破られ、踏みにじられ、裏切られても日本は完全に泣き寝入りになっている。安倍政権は歴代の政権と違って、韓国とそれなりに距離を置く姿勢を見せている政権だが、それでも韓国が合意破りをしているのに報復外交しないという点では韓国に甘すぎる。(鈴木傾城)

韓国が金融危機に向かって転がり落ちているのだが日本は韓国に関わる必要はない

日本の政治家や官僚はこの反日国家である韓国に媚びへつらっていて、韓国が要請したらいつでも韓国に大金をばらまこうとする。韓国が窮地に落ちたら、突如として「日本と韓国は切っても切れない隣国」「日韓友好」「韓国は兄」とか言い出して、日本人の血税を韓国にばらまきに行く。つまり、次に韓国が経済危機が起きたら、こうした売国政治家をよく監視していないと、また日本人の血税が韓国に流れてしまうということだ。(鈴木傾 […]

いずれ中国は韓国を経済侵略していく。中国は着実に韓国を奴隷化していく

欧米は世界中のあちこちで、「分断統治」をしてきたが、東アジアでも朝鮮半島で見事なまでの分断統治を成功させている。朝鮮民族は今も昔も大国の思惑に利用されたまま存続しているだけである。大国に「利用されている」のだが、朝鮮民族はそれを認める客観性を持たないので、「バランスを取る」という言い方をして大国の隷属を正当化している。(鈴木傾城)

韓国とは「助けない・教えない・関わらない」を経て、最終的には国交断絶へ

韓国のやり方に言いように振り回されてきたのが日本だが、韓国が経済的に追い詰められるようになると、ますます日本にタカる必要が出てくるので、ありとあらゆる「被害者ビジネス」を仕掛けてくる。すり寄りながら、頃合いを見て仕掛けてくる。そして、日本からカネをせしめていく。(鈴木傾城)

日本人に対するヘイトが野放し。きれい事を言っても生き残れない時代に

韓国は日韓合意も日韓基本条約も守らず、日本の自衛隊にレーダー照射するような国なのだが、その国内でも日本人を「チョッパリ」だとか「ジャップ」と罵っている。 そして、日本の旗を焼き、破り、踏みにじったりする。そして、それがインターネットにアップされて得意げに紹介される。彼らは日本人差別をパフォーマンスとして「楽しんでいる」のが見て取れる。 インターネットは世界につながっているので、私たち日本人も狂気の […]

マスコミの韓国を友好国家に見せようとする歪曲は通用しなくなっている

「韓国は敵か?」という問いがある。答えは「イエス」だ。 日韓基本条約も守らず、日韓合意も破り捨て、捏造の歴史プロパガンダで日本を延々と責め、自衛隊にレーダー照射をして、天皇陛下を日王と侮辱し、旭日旗を戦犯旗と言い、日本の領土である竹島を実効支配する国は敵であるとしか言いようがない。 韓国は明確なる反日国家だ。韓国は常に日本に対して被害妄想を持ち、日本を叩くことが政権維持につながっているような国だ。 […]

韓国のホワイト国除外は日本の素晴らしき一歩。これが対韓国外交の正常化

2019年8月2日。日本は輸出管理上の「ホワイト国」から韓国を正式に除外する閣議決定をしている。公布は8月7日、施行は8月28日となる。 ホワイト国とは、政府がきちんと輸出の管理を行っており、世界の平和を脅かす貨物を出さないことを徹底している国を指している。ヨーロッパの多くの国、そしてアメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドがこれに該当してきた。 アジアでは唯一、韓国が日本政府が認めた「 […]

憎悪の中で平然と立ち、倍にしてやり返すスキルが日本人には必要だ

日本人は和を強調する文化に育っているので、他人の顔色を読むのは得意だ。日本人は優しく、一緒にいて心地良い人が多い。それは日本の美点である。 しかし、それが故に「他人に罵られる、他人に嫌われる、他人を敵に回す、他人の中傷を浴びる」という経験をあまりしない。そういう文化に育っていないので、それは当然である。 そのため、他人に嫌われることに対して耐性のない人が意外に多い。何らかのきっかけで他人に罵られる […]

約束をまったく守らない韓国。まだまだ行動が足りない日本政府と日本人

韓国は日韓合意に基づいて設立された「和解・癒やし財団」を解散することになった。これは日本政府が韓国政府と交わした2015年12月28日の「日韓合意」を完全に蹂躙するものである。 日本政府はすでに10億円を韓国側に支払っているのだが、金だけ盗られて約束は破られ、韓国のやりたい放題にされている。 しかし、このような結果になることに驚いた人はいないはずだ。なぜなら、韓国が約束を守らない国家であることは、 […]

相手の理不尽に何もしなかった日本の方に問題があったのではないのか?

「外交ルートを通じて日本の考え方を説明し、理解してもらえるよう努める」 日本の政治家は外交的な問題が発生したとき、必ずこのように言う。しかし、この「理解してもらえるよう努める」というのは無駄骨に終わるばかりか、むしろ大きな批判を浴びることになる。 なぜなら、相手は国益のために自説を貫くし、価値観や文化や歴史というのは、相手にとっては「絶対不変なもの」だからだ。説明されて理解を示せるような外交問題は […]

反日国家と価値観を共有していないことは教科書に掲載して教育すべき

中国・韓国・北朝鮮の都合の悪い「真実の歴史」を教科書に載せたら、これらの政府が気が狂ったように反発して政治問題にしてくる。そのため、日本は1984年あたりから反日国家を刺激しない内容を教科書に記載するようになった。 さらには反日国家に都合の良い「自虐史観に基づく内容」を随所に教科書に含めるようになった。文部科学省は、教科用図書検定基準の中に「近隣のアジア諸国に配慮しろ」とあからさまに言っている。正 […]

韓国に「付き合いきれない」とはっきり言うのは相互理解のために必要

日韓基本条約や日韓合意を平然と破る韓国を見て、すべての日本人は韓国という国に底知れぬ嫌悪感を抱くようになっている。韓国は国と国の約束をも守ることができない国である。 そんな韓国を、マスコミは必死で擁護しようとしている。 朝日新聞や毎日新聞や東京新聞などは、いったいどこの国の新聞社なのか分からないほど韓国擁護の論陣を張る。 朝から晩まで、グループのあらゆる媒体を使って「合意を破った韓国に強く言うな」 […]

放置するだけではダメで、韓国との関わりを積極的に切っていくのが正しい

2018年12月20日、能登半島沖にいた韓国海軍駆逐艦は、事もあろうに日本の海上自衛隊機P-1に火器管制レーダー照射をして一触即発の状態を招いた。 日本側はこれに抗議すると、韓国政府は次々と嘘を発表して逃れた挙げ句、最後には逆切れして「海上自衛隊機が低空飛行したのが悪い」と言い出して日本に謝罪を求めるという信じがたい結末になった。 韓国は従軍慰安婦問題でも、嘘と捏造にまみれた証言をする自称・慰安婦 […]

韓国を断ち切らないからこんなことになっている。一刻も早く日韓断交を!

日本は韓国の嘘と捏造の歴史プロパガンダに翻弄されており、日韓合意も日韓基本条約もすべて反故にされ、国際的に「日本は悪い、日本は謝罪しない、日本は反省しない」と攻撃されている。 日本は韓国と「話し合って」物事を解決しようとしているのだが、どんなに話し合っても韓国は自分の都合を押しつけてくるだけであり、何らかの約束をしてもそれは破られるのだから話し合いは意味がない。 今の日本の「韓国対応」はすべて破綻 […]

日本と価値観を共有しない韓国に対して、私たちができる「7つの行動」

(慰安婦問題、徴用工問題、レーダー照射事件。韓国に対して何かすべきだと考える日本人もどんどん増えている。これからは、「非韓三原則」は当たり前だ。さらに積極的に動く必要もある。日本人はひとりひとりが韓国を「断ち切る」ために行動をしなければならない) 韓国が全力で日本を貶めようとしていることは、すでに日本人全員が共有するところとなった。大統領が変わろうが何だろうが、韓国の反日についてはまったく変わりが […]

1 3