一般

1/30ページ

誰もグローバル化や多文化共生を進めてくれと頼んでいないのにそうなる理由

グローバル化や多文化共生の社会など普通の人は求めていないし、政府に頼んでもいない。にも関わらず、グローバル化はどんどん推進されていく。人々は、こんな社会を破壊したいという意識的・無意識的な感情を持ってSNSで怒りをぶちまけ、社会の空気はどんどん悪化している。(鈴木傾城)

デジタル庁の新設にはセキュリティー・クリアランスの適性審査を必須とせよ

日本を何とかしたいと考える人たちも多い。そのためには、日本人の特質が最も生かされる「団結できる組織」「信頼できる組織」を持つしかない。外部からやってくる危険な工作員を徹底排除しなければならない。日本を裏切り、組織を裏切り、内部から工作を仕掛ける危険な人間を排除しなければならない。(鈴木傾城)

中国は策略の国。「日中友好」も策略のひとつであって信じれば裏切られるのだ

中国共産党は「自分たちが一番エライ」という中華思想を持って、自分たちの利益や保身のためにもひたすら膨張・侵略主義で他国を侵害する。しかし、逆に自分の立場が弱くなると、すぐに「友好」とか言いながら「すり寄り」を開始する。この「すり寄り」に極度に弱いのが日本なのである。

リベラルは自由主義ではなく無秩序主義、最終的には「国家破壊主義」でもある

「あなたは自由でいたいですか、それとも束縛されたいですか?」と問われれば誰でも「自由でいたい」と答える。しかし、「他人があなたを自由にする社会に生きたいですか、それとも他人があなたを自由にする権利なんかない社会に生きたいですか?」と問われれば、誰でも「他人が自分を自由にする権利なんかない」と即答するはずだ。(鈴木傾城)

これほど見事に牙を抜かれた民族が「まだ滅んでいない」ことに私は逆に驚く

日本人は「国家」のことを考えることもなくなり、愛国心を持つことに恐怖を持つようになった。おおよそ、愛国心を持つことに拒絶感を持つ国民など、世界中どこを探しても日本人くらいしかない。「国を愛する」という基本的なことすらもできなくなっているのだから異常極まりない。しかし、当の日本人はそれが異常だとも思わないほど精神性を奪われている。(鈴木傾城)

韓国は敵国であり、日本人は「日本海→東海」の言い換えも侵略と認識せよ

日本人が韓国と友好関係を結んでいい局面というのは、韓国が竹島を返し、慰安婦像をすべて撤去し、旭日旗を敬い、日本海は日本のもので日本海以外の呼称はないと認めた時である。韓国がそうしないのであれば、日本の基本方針は「報復外交・国交断絶」一本で構わない。(鈴木傾城)

コロナ以後「隠れた移民政策=日本人の低賃金化=貧困の定着」が進んでいく

コロナによって状況は悪化しているのは確かだが、コロナが終わればこの地獄も終わりになるのではない。日本は少子高齢化が放置されている。少子高齢化は内需が消えていくことを意味している。その上、政府は経団連の提言を受け入れて、「隠れた移民政策」を行っている。「隠れた移民政策」で賃金が低下する。(鈴木傾城)

中高年のリストラと自殺が加速する2021年 若者は快哉を叫び会社と国は邪魔者を切り捨てる=鈴木傾城

若年層や女性の貧困に焦点が当たっているが、中高年もどんどん貧困に落ちている。リストラの標的となり、再就職も困難。自殺の総数を見ると男性の方が多くなっている。(鈴木傾城) プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい) 作家、アルファブロガー。まぐまぐ大賞2019メディア『マネーボイス賞』1位。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラ […]

リベラルに乗っ取られた組織が、保守の台頭で内部分裂するのを待ち望んでいる

中国・韓国・北朝鮮が、日本の侵略や破壊のためにリベラルと結託し、リベラルを使って日本の組織を次々と乗っ取っていっても、日本人は直接的な対立を避けて何も言わないでいた。乗っ取られても、あきらめていたのだ。しかし今、この事態に憂慮して「リベラルの思い通りにはさせたくない」と反発している日本人があちこちの組織から出てきて、戦うようになってきている。(鈴木傾城)

コロナ禍で出生数は急減して80万人割れ。老人だけが増えながら総人口が減る

日本そのものが、少子高齢化で存続の危機に陥っている。少子高齢化の放置は、亡国への道だ。しかし、この少子高齢化ほど日本で軽視されている問題はない。致命的な事態が進んでいるというのに、マスコミも政治家もあえて問題を無視することで日本を自壊させようとしているかのようだ。(鈴木傾城)

コロナ禍で社会が変わろうとしてる今が、人生を変える大きなチャンスになる

サラリーマンという仕事にやり甲斐と満足があって、これこそが自分の生きる道だと考える人もたくさんいるだろう。自分が満足しているのであれば、何の問題もない。サラリーマンを続けるべきだ。しかし、満足していないのであれば、いよいよこの職業から去ることを考える時期に来ているのではないだろうか。(鈴木傾城) この記事は、別サイト『フルインベスト:鈴木傾城』で読むことができます。 投資関連の記事は、今後はすべて […]

蔓延する中国人の犯罪。日本のアンダーグラウンドが中国だらけになった理由

中国人留学生は、日本に在留して勉強だけをやっていたわけではない。彼らは大学にも行くが本当の目的は「金を稼ぐこと」であった。1980年代、1990年代と言えば、まだ中国の経済発展は起こっていなかった。日本で働くというのは、アジア最強の国で金を稼ぐということでもあった。(鈴木傾城)

「多文化共生は素晴らしいこと」というのはリベラルなマスコミの国民洗脳だ

「多文化共生は素晴らしいこと」だと洗脳されていたEU各国の国民も洗脳から覚めた。自分たちは間違った方向に進んでいたというのを知るようになった。ところが、リベラルのマスコミはまだ多文化共生を「正しいもの」であると喧伝し続けている。全世界でマスコミは信用されなくなっている。(鈴木傾城)

日本人よ、いい加減にアマゾンで粗悪品を買うのを止めよ。日本文化が破壊される

日本文化は「価値」を重視する社会であるというのは、数々の製品が緻密で精密で高品質であることからも分かるはずだ。しかし、今の日本人は日本文化の神髄から離れ、極度なまでにグローバル化の文化に毒された結果、「価格」しか興味を持たない人間が増えた。(鈴木傾城)

『私の身に起きたこと〜とあるウイグル人女性の証言〜(清水ともみ)』を読んで

このマンガ『私の身に起きたこと〜とあるウイグル人女性の証言〜』は、若年層や女性たちにこそ読んで欲しいと思う。彼らのほとんどは政治には関心がない。残酷な現実にも関心がない。中国やウイグルのことも関心がない。その結果、中国共産党政権の体質がどういうものなのかを知ることもない。しかし、このマンガを読めば誰もが衝撃を受けるはずだ。(鈴木傾城)

井上日召。日本が荒廃し尽くした時、やがて群衆の中から誕生する存在がある

日本では久しく暴動が起きていないが、1920年代のように不況が長引いて極度の貧困と格差が広がっていくと、やがて抗議デモも暴動も、そしてテロすらも起こり得る。1920年代。困窮し、貧困化し、餓死寸前に追いやられていく農村部の人たちを見つめてきた日蓮宗の僧侶がいた。「井上日召(いのうえ・にっしょう)」である。(鈴木傾城)

無印良品、中国で商標敗訴は当然?国家ぐるみで知財をパクる中国「7つの手口」=鈴木傾城

(無印良品とユニクロの意匠をパクった中国の企業がアメリカで上場するという。日本企業はパクられてパクられてパクられまくっているのに、政府も企業も為す術もなく呆然としているだけだ。今後はパクリ企業がオリジナルの日本企業を駆逐する流れになるかもしれない。この記事を改めて読んで欲しい) 良品計画が「無印良品」の商標を中国にパクられたうえに、パクリ企業に商標侵害で訴えられ、敗訴するという事態になった。これが […]

いま必要なのは「侵略と戦う」と宣言する政治家。日本の敵は強大化している

まだ「日本は侵略されている」という認識を持つ政治家は少数派なので日本は一致団結して国難に立ち向かっているという姿になっていない。「侵略」という現実を直視できている政治家は少ない。今、必要なのは「侵略と戦う」と宣言する政治家なのである。そして、日本に害を為す存在を排除していく政治家なのである。(鈴木傾城)

1 30