労働

今まで社会は平均的な人間を求めていたが、もう社会は大きく変わったのだ

今までの日本企業は自社で抱えている若い社員がいかに超絶的な専門知識を持っていたとしても、その専門知識に1000万円も2000万円も払うことをせず、通常の賃金の中で雇おうとしていた。 そうでなければ、せいぜい「資格手当」で数万円の差別化をするくらいである。年功序列のシステムの中でそれは当然とされてきたのである。 しかし、国外のシステムは欲しい専門知識を持つ人材がいるのであれば、1000万円でも200 […]