• 2019.03.20

最初は「コスト管理」、資産が増えれば「リスク管理」が必要になっていく

この記事は、別サイト『フルインベスト:鈴木傾城』で読むことができます。 投資関連の記事は、今後はすべて新サイト『フルインベスト:鈴木傾城』で展開します。すでにダークネスに掲載してあった投資関連の記事は新サイトに移行済みです。 これによって、ダークネスをより純化できるのと同時に、新サイト『フルインベスト:鈴木傾城』の方では、投資に関する専門の内容をより深く広く包括的に書いていくことができるようになり […]

合理的に考えて「善良な人間」であった方が結果的には良い結末になる理由

利己主義者は「自分を第一に考え、自分の利益のためには他人を踏みにじることさえも厭わない」という性格を持つ人間を指す。儲けも利益も独り占めにして、他人に利得を渡さない。徹底的に自分第一主義だ。 利己主義者は、常に自分だけの損得勘定と都合で行動する。他者に対する思いやりはない。それよりも自分の利益が優先するからだ。退社に対する配慮もない。利益のためなら配慮どころか、他者を押しのけてでも自分の利益を優先 […]

ツイッターで殺害予告を書いたら、震えて眠るのは相手ではなく自分になる

2019年2月28日、奈良県でふたりの高校生が逮捕されている。この高校生たちは2018年12月14日に、インターネットカフェで「無差別殺人を起こします。日付は今日から明後日にかけて」とツイッターに書き込んでいた。 これによって、西大和学園中学・高校は休校に追いやられていたのだが、警察はインターネットのアクセス履歴からこのふたりの高校を割り出して逮捕に至っている。 2018年3月27日、ある自民党議 […]

「低学歴・無職・未婚」の若者が成功できるという逆転現象が起きるわけ

若年層がFX(為替証拠金取引)や、仮想通貨や、株の信用や、オプション取引に夢中になるのはなぜか。そこには計り知れない「チャンスのようなもの」があるからだ。そのチャンスとは、小さなカネで大きく儲けが得られるというものである。これを説明するのに、ある人は私にこのように語ったことがある。 「10万円の10倍は100万円。100万円の10倍は1000万円。1000万円の10倍は1億円。10万円は10倍を3 […]

超一流の頭脳と巨額資金が「予想外」と「レバレッジ」で無残に散った歴史

この記事は、別サイト『フルインベスト:鈴木傾城』で読むことができます。 投資関連の記事は、今後はすべて新サイト『フルインベスト:鈴木傾城』で展開します。すでにダークネスに掲載してあった投資関連の記事は新サイトに移行済みです。 これによって、ダークネスをより純化できるのと同時に、新サイト『フルインベスト:鈴木傾城』の方では、投資に関する専門の内容をより深く広く包括的に書いていくことができるようになり […]

ジョブズの生んだ「マッキントッシュ」と「トイストーリー」に共通すること

この記事は、別サイト『フルインベスト:鈴木傾城』で読むことができます。 投資関連の記事は、今後はすべて新サイト『フルインベスト:鈴木傾城』で展開します。すでにダークネスに掲載してあった投資関連の記事は新サイトに移行済みです。 これによって、ダークネスをより純化できるのと同時に、新サイト『フルインベスト:鈴木傾城』の方では、投資に関する専門の内容をより深く広く包括的に書いていくことができるようになり […]

正社員も使い捨ての時代、サラリーマンが会社にしがみつかずに生きる方法とは?=鈴木傾城

いまや正社員でも非正規雇用者でも、会社に「使い捨て」にされる時代になった。会社にしがみつかないでも生きられる方法を考えなければならないということだ。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』鈴木傾城) ※本記事は有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』2019年3月3日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:鈴 […]

反日国家と価値観を共有していないことは教科書に掲載して教育すべき

中国・韓国・北朝鮮の都合の悪い「真実の歴史」を教科書に載せたら、これらの政府が気が狂ったように反発して政治問題にしてくる。そのため、日本は1984年あたりから反日国家を刺激しない内容を教科書に記載するようになった。 さらには反日国家に都合の良い「自虐史観に基づく内容」を随所に教科書に含めるようになった。文部科学省は、教科用図書検定基準の中に「近隣のアジア諸国に配慮しろ」とあからさまに言っている。正 […]

東日本大震災の21倍。32万人が死ぬという南海トラフ巨大地震

阪神淡路大震災と東日本大震災は、現代日本を震撼させた凄まじく巨大な地震災害だった。 1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災はマグニチュード7.3だった。死者は6434人、負傷者は4万3792人、警察に届け出があった行方不明者は3名、被害総額は約10兆円だった。 2011年3月11日に起きた東日本大震災はマグニチュード9だった。死者は1万5893人、重軽傷者は6152人、警察に届出があった行方不 […]

本格的に貧困者が増える事態を避けられなくなった日本で議論すべきこと

2019年3月6日。SMBCコンシューマーファイナンスの調査で、30代から40代の世代で「現在の貯金額がゼロ」と答えた人が23.1%となったことを報告している。100万以下で見れば60.5%だった。 「貯金はゼロか100万円以下」が圧倒的多数を占めているのが現状だった。ところが、それにも関わらず平均貯蓄額は195万円である。これは、一部に1000万円以上の人間もいるということを意味している。 平均 […]

韓国に「付き合いきれない」とはっきり言うのは相互理解のために必要

日韓基本条約や日韓合意を平然と破る韓国を見て、すべての日本人は韓国という国に底知れぬ嫌悪感を抱くようになっている。韓国は国と国の約束をも守ることができない国である。 そんな韓国を、マスコミは必死で擁護しようとしている。 朝日新聞や毎日新聞や東京新聞などは、いったいどこの国の新聞社なのか分からないほど韓国擁護の論陣を張る。 朝から晩まで、グループのあらゆる媒体を使って「合意を破った韓国に強く言うな」 […]

北朝鮮は「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」をしないで体制崩壊する

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)が二度も米朝首脳会談に出てきたのは、世界が厳しい経済制裁を北朝鮮に科して経済的に追い詰められているからだ。国内経済はすでに立ちゆかなくなっていると言ってもいい。 そうであれば北朝鮮は核を放棄すると宣言し、世界が求めている非核化を粛々を進めればいいのだが、金正恩は知られている核施設を閉鎖して、秘密の施設で核開発を進めるという「ごまかし」で乗り切ろうとした。 北朝鮮の […]

自分で何かをやって自分で収入を生み出す能力を身につける必要がある

インターネットがますます人類最強のインフラと化し、スマートフォンでイノベーションが次々と生まれ、AI(人工知能)が効率化を加速し、ドローンや自動運転の実用化が一歩手前までやってきている。 さらに通信分野でも、いよいよ「5G」の時代に入り、世の中全体が「次の世代」「第4次産業革命」に入っていくのは確実だ。 世の中の動きは非常に速くなっている。うかうかしていると、今まで機能していたビジネスモデルもすぐ […]

フリードリヒ・ハイエクの呪い。強欲な強者が弱者を徹底的に収奪する世界

この記事は、別サイト『フルインベスト:鈴木傾城』で読むことができます。 投資関連の記事は、今後はすべて新サイト『フルインベスト:鈴木傾城』で展開します。すでにダークネスに掲載してあった投資関連の記事は新サイトに移行済みです。 これによって、ダークネスをより純化できるのと同時に、新サイト『フルインベスト:鈴木傾城』の方では、投資に関する専門の内容をより深く広く包括的に書いていくことができるようになり […]

生活保護や引きこもりの人を見て「うまくやっている」と思う人がいる

日本では生活保護を受ける人々も増えており、さらに長期に渡る「引きこもり」で親の庇護に頼る人々も増えている。 生活保護が増加すると、国の財源や地方財政をどんどん圧迫していくので、支援する側も問題が発生する。生活保護というのは一時的なものであり、本来はそれをアテにして生活を成り立たせるものではない。 延々と生活保護を受け続ける人が増加していくと、財源が逼迫して問題が発生するのは当然のことだ。これと同じ […]

放置するだけではダメで、韓国との関わりを積極的に切っていくのが正しい

2018年12月20日、能登半島沖にいた韓国海軍駆逐艦は、事もあろうに日本の海上自衛隊機P-1に火器管制レーダー照射をして一触即発の状態を招いた。 日本側はこれに抗議すると、韓国政府は次々と嘘を発表して逃れた挙げ句、最後には逆切れして「海上自衛隊機が低空飛行したのが悪い」と言い出して日本に謝罪を求めるという信じがたい結末になった。 韓国は従軍慰安婦問題でも、嘘と捏造にまみれた証言をする自称・慰安婦 […]

消費税が引き上げられるのであれば、消費を減らすというのは正しい行為

2019年1月29日。日本政府は「2012年12月に始まった景気拡大が74カ月(6年2カ月)に達した」と報告した。戦後最長であり、いざなみ景気をも超えた景気拡大である。これは喜ばしいニュースだ。 ところが、政府の意に反してこの景気拡大を国民が歓迎している風はなく、むしろこの発表に反発すらも起きている。なぜなら、賃金はほとんど上がらない上に、金融資産を持つ者と持たない者の経済格差がより拡大し、今後は […]

世の中で最もタチの悪い人間が、無垢で純真な人たちに保護される現実

犯罪の基本は「なりすまし」だ。犯罪者は状況によって、次々といろんなものになりすます。自分の本質を隠し、現実社会で自分ではない何かになる。 犯罪者は、国や社会が脆弱な時は自分が弱者であっても強者に「なりすし」する。なぜなら、強者になりすますことで力や利権をかすめ取ることができるようになり、利益を得る側になれるからである。 しかし、国が豊かになって福祉が充実するようになると、今度は奇妙な「なりすまし」 […]

1 33