メルマガ

1/6ページ

学歴も職歴も何もない若者の中から金融取引で莫大な富を得る人間が出てくる理由

★現在、「まぐまぐ大賞2021」の投票が行われています。以下のページの右上に「このメルマガをまぐまぐ2021に推薦する」というボタンがありますので、こちらから投票を頂ければとても嬉しく思います。https://www.mag2.com/m/0001566290.html * グローバル化と多文化共生が進めば進むほど貧困化も同時に進むというのは、何度も述べた通りだ。 グローバル化とは企業が安い労働力 […]

どこの馬の骨とも分からない、そこらの野良犬みたいな人間でさえ天才に勝てる

相場はより複雑怪奇になっていくし、企業を取り巻く現状は激速で変わっていくし、そんな中で自分の知能は老化と共に衰えていく。 そういうこともあって、私はもう個別の優良企業の株式を物色する手法を捨てて、かなり以前からアメリカの株式指数を丸ごと買うという手法を切り替えている。そして、以前から持っている個別株も片づけてポートフォリオは凄まじくシンプルになった。 それで、私の資産は現状維持で止まったのかと言う […]

10万円を支給してもらっても助かるわけではない。日本に残された時間はわずか

TwitterなどのSNSでさまざまな背景を持った人たちが「10万円を支給しろ、もっと支給しろ、早く金を出せ!」と、 悲鳴とも脅しとも思えるような書き込みを執拗に繰り返していて、それを左翼・リベラル・フェミニストたちや反自民の人たちが一斉に煽っている。 私自身は、中国発の新型コロナウイルスによって非正規雇用者の生活環境がどんどん悪化しているのだから、政府は何らかの対策をすべきであるというのを理解し […]

選挙に行っても社会は変わらないので、邪悪な世界が私たちを襲うと思っておけ

私たちは選挙に行って誰かに投票しどこかの党に票を入れる。私たちの一票は小さい一票だが、それが国民の総体となって社会を変えていく。選挙は私たちに与えられた「社会を変える力」である。 だから私は常に「這ってでも選挙に行け」と言っている。国民が持っている社会を変える力を放棄するのは愚の骨頂である。日本は革命や暴動やクーデターを起こさなくてもみんなで選挙に行けば、政権を葬り去ることも可能なのである。 しか […]

2020年代は、企業も政府も邪悪な存在となって私たちの前に立ちふさがる時代に

1950年代、すなわち昭和30年代……。この頃の日本は、まだまだ「村」を中心とした農村社会が色濃く残っていた時代だった。しかし、日本が工業化の道を歩み始めるようになると、人々は新しい生き方を選択する必要が生まれた。その時の人々を悩ませたのは、こういうものだった。 「今まで通り、慣れた故郷に残って農業をすべきなのか?」「思い切って都会に出て、新しい仕事に就くべきなのか?」 現代に生きる私たちは、この […]

世界最悪の高齢化。日本という国家がもはや生き残ることができない10の理由

コロナ禍によって「産み控え」が発生して出生数が激減している。2021年の1月から3月期の人口動態統計速報では、出生率は前年同期と比べて9.2%も減ったというのが分かっている。 日本はただでさえ出生数が減っている国なのだが、コロナ禍によって少子化が急激に拡大してしまうのは確実となった。 こういう悲惨なデータがすでに出ていて、これが後々の日本の人口動態に大きな悪影響を及ぼすのは分かりきっているのだから […]

頭が良い人間「だけ」が超絶的に得する今の資本主義社会で生き延びる方法(2)

なぜか誰も意識していないし、「世の中はこういうものだ」と自然に受け入れているのだが、現在は「知能制度」で世の中が構築されている。すなわち、知能の高い人間が支配者となって下を搾取する制度が出来上がっている。これは、かつての「奴隷制度」や「身分制度」と同等のものである。 奴隷制度=一部の支配者が他人を奴隷化して搾取する制度身分制度=生まれつき身分を決めて支配者が下を搾取する制度知能制度=知能の高い人間 […]

もし短期売買に対して夢のようなものを持っているのであれば、どうすべきか?

(頭が良い人間「だけ」が超絶的に得する今の資本主義社会で生き延びる方法(2)をアップする予定でしたが、どうしても短期売買について解説して欲しいという要望が来ているので、今回こちらを先にアップします)    *   *   * もともと私は「何を買っても騰がる!」と言われていた狂乱のバブル期に株式投資をスタートした。これで初っ端から一気に資産ができた。この頃は、真面目に働いている人が理解できなかった […]

頭が良い人間「だけ」が超絶的に得する今の資本主義社会で生き延びる方法(1)

人間の能力はそれぞれ違う。子供ひとりひとりを見ても、それはすぐに分かる。遺伝的に身体が大きく、強く、タフで、持久力があって、ひたすらスポーツに打ち込んでいる子供がいる。 その一方で、同時に生まれつき身体が虚弱で、小さく、力もなく、持久力もなく、どんなに鍛えてもスポーツがうまくならない子もいる。 あなたも子供の頃を振り返って、「どんなに一生懸命に走ってもビリ」「逆立ちをどんなに練習してもできない」と […]

監視資本主義。今後は悪夢の社会になっていくが、悪夢に投資せざるを得ない現状

ハーバード大学のショシャナ・ズボフ氏は、現代の社会がどのような資本主義なのかというのを一言で表した。 「現代は、監視資本主義である」 これが彼女の見解である。私もこれに同意する。この監視資本主義というのは、何を意味しているのか。簡単に言えば「企業が私たちの個人情報を収集して金儲けにつなげる」というのが監視資本主義の骨子である。 私たちは、何の疑いもなくGAFA(Google、Apple、Faceb […]

なぜ野良犬の鈴木傾城は、ぶらぶらしながら経済的に困窮しなかったのか(2)

2020年の後半あたりから2021年の春頃まで、私はパチンコ依存者たちの取材をずっと続けていた。 たぶん、かなり近いうちに一冊の書籍として発売できる見通しなのだが、パチンコにどっぷりと浸って抜けられなくなってしまった人たちと話して気づいたことも多かった。 彼らは彼らで「資本主義の抜け道」を探していて、パチンコこそが「それ」だと最初は思った人もいたということだ。 私はまったくパチンコをやらないし、パ […]

なぜ野良犬の鈴木傾城は、ぶらぶらしながら経済的に困窮しなかったのか(1)

もともと私は20歳の頃から東南アジアの歓楽街に沈没するようなライフスタイルを持っていたので、私のまわりは社会から爪弾きにされた人たちばかりだったとも言える。 当時の私が親しく付き合っていた人たちは、安宿に巣食うドロップアウト組、チンピラ・ゴロツキ、セックスワーカー、ホームレス、ドラッグ依存者、アルコール依存者……と、こうやって書けばまさにアンダーグラウンド人脈である。 私自身は今もこうした人たちと […]

弱肉強食の資本主義で生き残るために、凄まじく重要なことは実はただ1つだけ

最近はますます弱肉強食の資本主義に突き進んでおり、メンタリストDaiGoみたいに社会のどん底《ボトム》に生きている人たちが嘲笑し、軽蔑し、死ねと言わんばかりに切り捨てるようなクズも出てきている。 企業は株主と経営者が最大の利益を得られるような経営スタイルとなり、それにコロナ禍も相まって、社会構造はどんどん悪化しているように見える。 私はいずれ、何をどうやっても這い上がれないと悟ったボトムの人たちが […]

生活保護受給者やホームレスになったら夢は追えない。夢ではなく「これ」を追え

多くの成功本は「夢を追え」「夢をあきらめるな」「夢を実現させよ」と情熱的に説く。誰でも「もう少しこうなりたい」とか「絶対に実現したい」とか思うものがあったりするので、「夢を追え」と言われると奮い立つ。 特に社会経験の浅い若者、あるいは今の自分に満足できない中高年が触発されて、実際に夢を追うために定職を捨てた。 彼らの夢は「芸能人やアイドルや俳優になって大成功する」とか「事業で大成功して大金持ちにな […]

大量の株式資産を持つ者は、コロナ禍でも自粛でもダメージを受けずに遊んでいる

2021年8月7日。ダウ平均株価は最高値を付け、我がETF【VTI】もまた228ドルと最高値を更新することになった。 先のことは分からないし、今後は「必ず」調整もある。しかしながら、アメリカの株式市場にアクセスできている人は、ほとんどが資産増大の恩恵を受けているということに気付くはずだ。 世界の中央銀行はコロナ禍によって莫大な金融緩和を行っており、このじゃぶじゃぶの金が株式市場に向かって全体を引き […]

24時間365日ぶっ通しで金融市場を分析しているプロに勝つ理由を知っておけ

私が今後資産の核にしようと考えているETF【VTI】だが、これは正確には以下のような名称の金融商品である。 Vanguard Total Stock Market Index Fund ETF 『バンガード社(Vanguard)の、全米株式インデックスファンド』というのが正式名称である。バンガード社というのは、世界最大規模の資産運用会社であり、その創始者は2019年に亡くなったジョン・ボーグル氏で […]

私と共に【VTI】を買い続けた人はみんな勝ち組だが、これからはどうなのか?

2020年から一心不乱にETF【VTI】を買っていた人たちは、今年は大いなる勝ち組に入っているはずだ。私は【VTI】をずっと買い続けてきたが、私と共に【VTI】を買い続け、資産が増えた方には心から喜びを共有したい。 もっとも、私は2021年には【VTI】が40%から100%の間で増加するに違いないとか予測していたわけではない。 世界最強の株式市場はアメリカにあって、世界最強の企業はアメリカ市場に上 […]

この世は資本主義なのに、あなたは「資本主義者」として生きていない衝撃を知れ

現在はまぎれもなく弱肉強食の資本主義である。弱い者は食われる。「社会がどれほど残酷なのか」は、働けど働けど貧困から脱することができない人々の姿を見れば子供でも分かることだ。 まず、知らなければならないのは、世の中は決定的に不平等であるということだ。 「平等」は優しく美しい概念だが、残念ながら人間社会は「平等」を実現できない。人間の容姿は平等ではなく、人間の知的能力も平等ではない。親の財力も平等では […]

1 6