イノベーション

変われないと生き残れない。今の日本が必要としているのは新しい人間だ

至極当たり前のことだが、これから高速大容量の「5G」の時代に入ると、ますます世の中のスピードは加速されていくのだが、その中で見捨てられるのは、紙に依存したビジネスモデルであるのは間違いない。 「紙に情報を印刷してそれを売る」というのは、制作に時間がかかり、コストがかかり、運搬の労力もかかる。 いまだに「紙でないと読んだ気にならない」という人間もいるが、昔ながらの慣れがそう思わせているだけであり、人 […]

「紙の新聞」は完全にイノベーションから取り残された存在で最後に消滅する

マスコミが「ゴミ」と一緒にされて「マスゴミ」と言われるようになって久しい。なぜ、マスコミが「マスゴミ」と称されるようになったのかというと、マスコミが自分たちの都合の良いように事実を捏造し、歪曲し、曲解し、世論操作し、日本を貶めてきたからである。 朝日新聞や東京新聞などを見ても分かる通り、中国・韓国・北朝鮮を擁護し、これらの反日国家に都合の悪い記事は隠蔽してきた。 朝日新聞は、いまだに韓国がベトナム […]

「街の本屋」は全廃させるくらいでないと日本は時代についていけない

書店数は一貫して右肩下がりに減っている。1999年には2万2296件だった書店数は、2017年には1万2526件である。この先も書店数が増えることはない。 書店は生き残りを図るために、集約化や大型化が進んでいるのだが、これに関してもすでに頭打ちになっているので、さらに大型化が進むというわけではない。 若い頃は本屋に入り浸っていて、本と共に成長したと言っても過言ではない私にとって、「街の本屋」が消え […]