制度

死刑制度はそのまま継続し迅速に執行するのが正しいあり方

(2018年7月6日。いよいよオウム真理教の一連の事件で死刑が確定した死刑囚7人が同時に死刑執行が為された。麻原彰晃は日本を乗っ取ろうとしたテロ犯罪者だ。死刑反対論者がまた騒いでいるが、死刑制度は絶対に必要だ) 死刑制度はそのまま継続して良い。 殺されることがなければ様々な未来が拓けていたかもしれない人の命を無残に奪い、残された人に悲嘆と苦痛に追いやった悪意ある加害者に、その犯した罪を死によって償 […]

尊厳死とは、自分が自分らしく最期を遂げるのに必要な措置

「尊厳死」という言葉がある。日本尊厳死協会によると、尊厳死とは「延命措置を断わって自然死を迎えること」とある。「不治で末期」の場合、延命させるためだけに延命治療するのを拒否し、本人の意志によって自然死する。 日本は「死」に対して深い議論もせず、そのまま曖昧な状態にしてきた。しかし、そろそろ「尊厳死」を肯定し、法制化しなければならない時期に入っているのではないだろうか。 日本ではすでに「延命治療は行 […]