能力

自分の能力が「どこまでも向上する」と思うのは危険だし現実的ではない

国立がん研究センターによると、2016年から新たに癌(がん)と診断される人が初めて100万人を突破し、2018年は101万3600人となり、今後もさらに癌患者が増えると警鐘を鳴らしていた。 ところで、この癌なのだが、最近は早期発見や医学の発達などによって長く生きられるようになっている。癌になったからと言ってすぐに死ぬわけではない。 これは表向きでは朗報なのだが、手放しで喜ぶ人はひとりもいない。 な […]

自分で何かをやって自分で収入を生み出す能力を身につける必要がある

インターネットがますます人類最強のインフラと化し、スマートフォンでイノベーションが次々と生まれ、AI(人工知能)が効率化を加速し、ドローンや自動運転の実用化が一歩手前までやってきている。 さらに通信分野でも、いよいよ「5G」の時代に入り、世の中全体が「次の世代」「第4次産業革命」に入っていくのは確実だ。 世の中の動きは非常に速くなっている。うかうかしていると、今まで機能していたビジネスモデルもすぐ […]

知能指数は遺伝で60%が決まるとしても、努力するというのは無駄ではない

石器時代は頑強な体力と身体能力のある人間が「生き残れる人間」の条件だったが、文明が発達するに従って環境は大きく変化するようになり、頑強な体力よりも知的な頭脳が重視されるようになった。 履歴書には100メートルを何秒で走れるのか、腕立て伏せや腹筋が何回できるのかを書く項目はどこにもないが、どこの学校を出て何の資格を持っているのかは問われる。要するに、体力よりも頭脳がモノを言う世界で私たちは生きている […]

本物の日本人だけが持つ特別で恵まれた「超才能」を活かせ

(中国は知的財産権を侵害して次世代の最先端産業の90%を支配しようとしているのだが、中国のやっていることは、しょせん国家主導の大掛かりな「パクリ」でしかない。一方で、日本は本物の技術・デザイン・哲学・サービスを追求する民族的資質がある。この資質を活かせば日本は生き残れる。中国とアメリカの知財を巡る新冷戦の時代に改めて日本の生き残る道を考えるのは必要だ) 考え抜かれた製品、技術、デザイン、哲学、サー […]