選挙

【激戦区!】葛飾区議会選挙で激戦を繰り広げている鈴木信行候補の戦い

鈴木信行はいつ選挙をやっても「常に逆風の中」にある政治家だ。それは、鈴木信行の歯に衣を着せない強烈な主張と強い信念にある。4年前に鈴木信行は葛飾区議会選挙で当選したのだが、その時の選挙スローガンは「外国人に生活保護1200億円っておかしくない?」だった。(鈴木傾城)

間違った政治家を選び、売国や反日が進行したら、地獄に堕ちるのは私たち日本国民

選挙は常に日本の今後の進路を決める重大なものである。日本のためにならない議員は容赦なく落とさなければならない。知名度があるからと言って、それだけで当選させてはならないのだ。日本の国益に沿う議員を当選させるのが私たちの役目だ。(鈴木傾城)

私たちは選挙のたびに反日議員を国益重視の議員に入れ替える作業をする必要がある

私たちは日本の国益を最優先で主張する右派の国政政党を持っていない。いつか誕生するかもしれないが、今はそれを選択することができない。そうであればとにかく選挙で国益派・保守・右派の政治家を間違いなく選ぶというのが唯一の道だ。それを繰り返していくしかない。(鈴木傾城)

日本を良くするための唯一絶対のチャンスは「選挙」である

日本は2009年から2012年までの民主党の政治で、国そのものが終わりかけた。 マニフェストをことごとく破り捨て、中国に媚び、韓国に金を貢ぎ、円高を座視して日本企業と日本経済を破壊しようとした民主党によって、日本という国は危うく完全崩壊するところだった。 この危機は2012年12月16日に終わったが、それは「選挙」によって私たち国民が民主党を政権の座から引きずり降ろすことに成功したからである。 間 […]

「本当に日本の国益を考えている政治家」を選べば日本社会は一瞬で変わる

統一地方選の前半戦で行われた41の道府県議会議員選挙の投票率は過去最低の44.08%であったことが報道されている。確かに大阪や北海道の選挙はかなり話題になったのだが、ほんの一部の話題であり、それが全国規模に広がっていなかった。 これは残念なことであり、悲しいことでもある。なぜなら日本を本当の意味で「変える」のは選挙以外にあり得ないのに、その選挙権を行使しない人たちが大勢いたからである。 道府県議会 […]