鈴木傾城の新刊『どん底に落ちた養分たち――パチンコ依存者はいかに破滅していくか』11月3日発売!

鈴木傾城の新刊『どん底に落ちた養分たち――パチンコ依存者はいかに破滅していくか』11月3日発売!

ギャンブルに狂う人たちは依存に落ちた自分たちのことを「養分」と自嘲します。自分の金が店や隣の人間に流れて、自分は彼らの成長の「養分」になっているという自嘲です。自分が養分になっていると分かっていてもやめられない。それがパチンコ依存という世界でした。『ボトム・オブ・ジャパン』に続く新著です。お手に取って頂ければ幸いです。(鈴木傾城)

Amazonでは本日より予約注文ができるようになりました

来月、11月3日に鈴木傾城の新刊『どん底に落ちた養分たち――パチンコ依存者はいかに破滅していくか(集広舎)』が発売されます。本屋には今月の末あたりから棚に並ぶと思いますが、公称の発売日は11月3日です。

Amazonでは本日より予約注文ができるようになりましたので、是非とも予約を入れて頂ければと思います。本書の内容は以下の通りです。

パチンコ業界はすでに「落ち目になった」と言われて久しいが、統計とは裏腹に今もなおイベントが開催されればコロナ禍の中でも一つの店に1000人が朝から行列を作るような凄まじい業界でもあった。

そして、多くのパチンコ依存者が今も地獄に落ちてもがいている。日本は世界で最もキャンブル依存症が多い国なのだが、その原因こそがパチンコである。

会ったその日に「お金を下さい」と言う女性、ビジナーズラックでパチンコ依存に落ちていったデリヘル嬢、金がないから逆にパチンコにのめり込むドヤ街の男たち、ギャンブル依存からホームレスにまで転がり落ちた男。

そして、パチンコでの借金が原因で万引きをする依存者たち、新幹線で焼身自殺する男、パチンコホールを放火する男。数々の悲劇が今も脈々と続いている。

果たして、この地獄に救いはあるのか……。

鈴木傾城が描くパチンコ地獄のノンフィクション。

『どん底に落ちた養分たち』11月3日発売!

『どん底に落ちた養分たち――パチンコ依存者はいかに破滅していくか(鈴木 傾城)』

はじめに
▼ 秋葉原にて。パチンコ業界凋落の統計と映画『鬼滅の刃』

第一章 ビギナーズラック
▼ 中野にて。パチンコで離婚した女性と会う ▼ 池袋にて。ビギナーズラックで依存症まっしぐらの風俗嬢 ▼「ビギナーズラックからのめり込み」という共通の物語

第二章 パチンコホール
▼ 世界で最もギャンブル依存症が多い国、日本 ▼ 品川にて。大手が零細を淘汰していく ▼ 大宮にて。日本最大のパチンコホール『楽園大宮店』

第三章 それは夢の墓場
▼ 銀座にて。ギャンブル依存の入口は夢を見ることから始まる ▼ 西成区にて。金がないから、小遣いを稼ぐために大金を失う ▼ 新宿にて。ギャンブル依存からホームレスにまで落ちた人

第四章 怒りとガソリン
▼ 此花区にて。パチンコホール最悪の放火事件の現場 ▼ 八潮市にて。破壊に怒号が飛び交うストレスまみれのパチンコホール ▼ のぞみ225号にて。新幹線の中でガソリンをかぶって自殺

第五章 膨れ上がる借金
▼ 蒲田にて。パチンコをやめるという選択肢はない ▼ 下北沢にて。失職、離婚、借金。すべてを抱えて困窮した ▼ 兵庫県にて。近所でひったくり、職場で同僚の金を盗む依存者たち

第六章 爆裂機と闇金
▼ パチプロ軍団。搾取される養分と詐欺に遭う養分 ▼ 自殺者養成マシン。射倖性を煽って煽って煽りまくる ▼ 所沢にて。年利一〇九五%の闇金が「うちは良心的」と言う

第七章 蒸発される側
▼ 伊勢佐木町にて。パチスロで蒸発したひとりの男のこと ▼ 新潟にて。パチンコに狂い、会社の金を使い込んで蒸発した夫 ▼ 大阪湾にて。それでもやめられなければ、忽然と失踪する ▼ 名古屋・浄心にて。正村竹一の情熱が日本人を地獄に突き落とす

第八章 養分からの脱却
▼ 名古屋・岩塚にて。「やめた」のではなく「離れた」という意味 ▼ 『ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ』の筆者が見た地獄とは?

第九章 金で死ぬことはない
▼ スリップという地獄。やめてもやめても気持ちが追いかけてくる ▼ 依存症の九九%は解決方法に辿り着けないという現実 ▼ 松戸にて。ギャンブルで作った借金は自己破産できないのか? ▼ 東尋坊にて。「依存を治すのが先か、借金を返すのが先か」の答え

おわりに
▼ 秋葉原にて。パチンコだけが彼らの「世界」であり「宇宙」だった

まだまだ大量の依存者を生み出し続けている「巨大産業」

この本の執筆に当たって、Twitterで私をフォローして下さっている方、そしてブラックアジアの読者の方にも何人かインタビューさせて頂きましたが、ご協力に感謝致します。また、原稿を寄せて下さった方々にも感謝です。

私自身はまったくパチンコを知らない上に、パチンコ依存症の知り合いも皆無だったので、私のTwitterの呼びかけに応じて下さった方にじっくり話を聞いて、私自身も取材の中でいろんなことを学びました。

パチンコ依存をテーマとして執筆を依頼された時、私が気になったのは、「すでにパチンコは下火になりつつある業界なのだから、もう依存症の問題などほとんどないのではないか」という点でした。

ところが、パチンコにどっぷり浸っているとある依存者に聞くと「まったく、そんなことはない。むしろ、依存者が残ってパチンコ業界を支えているような状況だ」という事実でした。

実際、そうなのです。コロナ禍の中で「自粛しましょう」と喧伝されている中でも、いざイベントが始まると早朝から1000人が並ぶような光景が見られます。「この業界はもう駄目だ、もう終わりだ」と言われ続けながら、実はまだまだ大量の依存者を生み出し続けている「巨大産業」だったのです。

実際、今でも多くの依存者がいて膨れ上がる借金に喘いでいます。家庭崩壊も起こっておりますし、行方不明になってしまった人もいます。このパチンコ依存者の取材で分かったのは、まだまだパチンコの害悪は止まっていないということでした。

実際、パチンコを巡って多くの事件が引き起こされております。そうした事件も含め、パチンコ依存の世界を余すところなく描いたのが本書『どん底に落ちた養分たち』です。

ちなみに、ギャンブルに狂う人たちは依存に落ちた自分たちのことを「養分」と自嘲します。自分の金が店や隣の人間に流れて、自分は彼らの成長の「養分」になっているという自嘲です。

自分が養分になっていると分かっていてもやめられない。
それがパチンコ依存という世界でした。

『ボトム・オブ・ジャパン』に続く新著です。お手に取って頂ければ幸いです。

『どん底に落ちた養分たち――パチンコ依存者はいかに破滅していくか(鈴木 傾城)』
『どん底に落ちた養分たち――パチンコ依存者はいかに破滅していくか(鈴木 傾城)』

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

周知カテゴリの最新記事