テロ

永田洋子と重信房子のふたりの呪いと日本人の共産主義嫌悪

民進党(旧・民主党)はもともと売国者が集まった売国政党だが、この政党が共闘の相手に選んだのが日本共産党である。 日本共産党と言えば、1946年に「日本の解放と民主的変革を、平和の手段によって達成しうると考えるのはまちがいである」という「51年綱領」で次々と暴力的破壊行為を繰り広げた狂気の政党である。 さらに日本共産党と言えば、すぐに「連合赤軍」を想い出す人もいる。高齢者の中には、1971年の「あさ […]

今後も悲惨極まりないテロや憎悪の殺人が何度も起きる理由

イギリスで連続的にテロが起きている。2017年3月にはウェストミンスター橋でイスラム教徒ハリド・マスードという男が韓国製の車を暴走させて人々を次々と跳ね飛ばして2名を殺害、さらに車を降りてから警察官を刺殺するという事件があった。 2017年5月22日にはマンチェスター・アリーナでイスラム教徒サルマン・ラマダン・アベディが自爆テロを行い、19人死亡、50人を負傷させる事件があった。 そして2017年 […]

イギリスのテロ。グローバル化が生んだ闇は日本にも忍び寄る

2017年5月25日、イギリスのマンチェスターで自爆テロが起きており、これによって22人が死亡、59人が負傷するという大惨事となった。 イギリスでは2017年3月22日にもロンドン中心部で車を運転していた男が次々と人を跳ね飛ばして4人が死亡、40人が負傷するという事件が起きたばかりだ。 この時、メイ首相は「民主主義や自由などをテロにより否定しようとする試みは成功しない」と宣言し、その後はテロを厳し […]

イギリスのテロは、移民を都合良く利用しようと考えたツケ

2017年3月22日。ロンドンの国会議事堂付近で、車を運転していた男がウェストミンスター橋の歩道に突っ込み、40人近くの人を次々と吹き飛ばし、さらにナイフで警官を切りつけて射殺されるという事件が起きた。 今のところ、ロンドン警察は犯人の国籍や人種を明らかにしていない。 しかし、テロ対策の責任者は「犯人はISIS(イスラム国)に影響されたテロリストの可能性が高い」と述べ、イギリスのメイ首相もこれがテ […]