効率化

人工知能とロボットで効率化が進み、効率的ではない人間が要らなくなる

2019年6月26日、オックスフォード・エコノミクスは、2030年までにロボットが雇用2000万件を奪い、格差がさらに悪化していくという研究結果を発表している。 ロボットは単純な反復作業の現場にはすでに取り入れられているのだが、今後10年は「単純ではない作業」にも使われていくようになる。ロボットが複雑な反復作業ができるようになった裏側には、言うまでもなく人工知能の存在がある。 今後のイノベーション […]