ギャンブル依存

パチンコは日本社会に有害であり、業界の壊滅は正しい行為

パチンコは明らかに日本社会では有害で下品な存在である。それにも関わらず放置され続けてきた。日本人は誰も「こんなものを廃止しろ」と声を上げなかったし、警察も政治家も業界から金をもらって有害性をうやむやにしてきた。いつまで、こんな状態を放置しておくのか? 日本人はそろそろ本気になって社会を良くしようと思わないのか?(鈴木傾城)

パチンコ。年間約3000人の死者を出す日本人殺戮兵器を一刻も早く社会から一掃せよ

緊急事態宣言で、多くの企業が真っ当に自粛・休業をしている中、最も営業しなくてもいいパチンコ屋が名前を公表されるまで自粛・休業に抵抗していた。「パチンコ」というギャンブルが今も莫大な金を吸い続けている。射倖心を煽るパチンコの「ギャンブルとしての弊害」は誰もが知っている。今こそ、パチンコを全廃する良い機会だ。(鈴木傾城)