知財を根こそぎ盗んでいく中国に、日本もアメリカと共に戦う必要がある

知財を根こそぎ盗んでいく中国に、日本もアメリカと共に戦う必要がある

中国の国家や企業や個人が「他国の知的財産の侵害」に邁進する理由は簡単だ。知的財産をゼロから生み出す環境も体質も中国にはないからだ。つまり、イノベーションを生み出す土壌が中国に存在しない。

何でもそうだが、「新しいもの」を生み出すというのは大変なことなのだ。

何もないとこから考え、試行錯誤し、多大な時間と多大な問題をひとつひとつ解決していかなければならない。時には途中でどうしても困難が解決できずに今までの時間を無駄にしてしまうことすらもある。

そして、それだけ手間暇をかけても、それが世間に受け入れられるかどうかはまったく分からない。莫大な時間、投じた資金が無駄になる可能性もある。

オリジナルを作り出し、それが知的財産として構築される裏には大きな苦難や苦労がある。知的財産とは、そうした苦難を乗り越えた末に生まれてくるものなのだ。

しかし、「知的財産の侵害」は楽だ。単に成功しているものを盗み、模倣し、激安で売って儲ければいい。中国は国家ぐるみでそれをしている。だから、アメリカは中国を「敵」として認定した。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

ニセモノは、しょせんニセモノでしかない

中国は人口だけは多いので、この人口を「市場」に見立てて他国を誘致し、合弁会社を作らせて技術を盗んできた。安全を理由にソフトの中身の開示を要求するようなこともしている。

さらにレアアースの輸出抑制にあるように政府自らが輸出で圧力をかけることもあれば、資源を手に入れるために途上国を借金漬けにして言いなりにさせることもある。重要な機密を持った企業を丸ごと買うこともある。

さらに中国は、国を挙げてハッキングを行って他国のサーバーに不正侵入をしている。産業スパイを放ち、機密情報にアクセスすることもある。大学に工作員を送り込んで基礎研究の成果を盗んだり、大学教授に賄賂や名誉を与えて重要な研究成果を盗むようなこともしている。

その上、コンピューターのマザーボードにハッキングのための微細なチップを勝手に埋め込んで中国に情報を流したり、ZTEやファーウェイのようにユーザーの個人情報を根こそぎ抜き出すような手口も使っている。

中国は、まさに「犯罪国家」なのである。

仮に中国が恫喝と賄賂で法による制裁を巧みに逃れたとしても、それで中国は発展していくわけではない。

中国は完璧なる盗用ができずに、真似であるにも関わらず劣化する場合が多い。なぜならオリジナルの知財が持つ哲学、こだわりがすっぽりと消えてしまうからである。

表層的に知的財産の侵害ができても、たいていの場合はオリジナルを超えることができない。ニセモノはしょせんニセモノでしかないからだ。

しかし中国は面の皮が厚く、自分たちがオリジナルだと強弁して開き直るクズのような態度を取ることが多い。時には盗んだ知的財産を自国で特許申請して、本当に自分たちのものだと開き直る。

裁判官の買収や証拠を捏造もする。そのため、中国企業を訴えても中国企業の方が勝つことすらもある。

しかし、そんなことを繰り返しているうちに、やがて良心のある世界のユーザーがポツリポツリと離れていき、やがては中国は見捨てられることになる。社会全体がパクリで成り立っていると、社会全体が衰退する。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

中国の発展は「国家ぐるみの知財侵害」から生み出された

中国のように他者から盗むことで成り立っている国家は、やがてじり貧になっていくのは当然のことだ。やっていることは正当なことはないので、いずれは代償を払うことになる。

中国企業の多くはあちこちの企業の知財をそのままパクって形にしているので、警戒され、敵視され、排除されることになる。

どのみち、知財の侵害で成り立ってきた存在はオリジナルが超えられないのだから、いずれは見捨てられることになるのは当然の結末だ。

知的財産の侵害に中国政府とその傘下の企業は、一時的にどんなに巨大な力を持ったとしても、イノベーションを生み出す体質にはならない。最初から、そういった文化も哲学も体制も才能も持っていない。

イノベーションを生み出すためには、基礎研究に裏打ちされた試行錯誤や、現状に対する批判精神を持ち合わせていなければならない。そのいずれが欠けてもイノベーションを生み出せないのだが、中国はどちらも欠けている。

まわりを見回して、どこか手っ取り早く「盗めるもの」がないか捜す方が楽だと考えるのが中国だ。中国の発展は「国家ぐるみの知財侵害」から生み出されたものであり、そのすべてはニセモノなのである。

中国企業は、知的財産を所有する企業に対して愛を持たない。オリジナルを逆に踏みにじる。自分こそがオリジナルだと詭弁と強弁と捏造を強行する。

そんな精神状態だから、イノベーションを生み出す体質にならない。尊敬もされない。尊敬どころか敵視され、やがてはホンモノに叩きのめされることになる。

起源は自分にあると激しく主張し、「嘘も百回言えば本当になる」を実行してまわりを欺こうとする。このような腐った体質の国家や企業が現実に存在するのである。アメリカは「中国がそうだ」と言っている。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

一線を引いて、中国から離れておかなければならない

アメリカは中国がそのような国であることに気づき、中国がやっているアンフェアな手口をいよいよ糾弾するようになっている。

トランプ政権は徹底的にそれを推し進めているのだが、「中国はフェアではない」という認識は、いまや世界全体が共有するようにもなっている。だから、これから中国がうまくいくとは思わない方がいい。

オリジナルを生み出せない盗賊国家「中国」のピークは、すでに過ぎたと見る方が正しい。

普通の国家や企業はオリジナルを尊重し、オリジナルを愛し、そしてオリジナルを手本にして追いつき、追い越そうとする。中国はそうではないのだ。ハッキングや悪質ソフトウェアでオリジナルを踏みにじる国なのだ。

中国はオリジナルをパクって、あたかも自分が生み出したように見せかける。起源を主張したり、パクって素知らぬ顔をしたり、他人のオリジナルをそっくり盗用してなりすましたり、消費者に対してニセモノを本物と偽って売ったりする。

姑息で下劣である。

アメリカはいよいよ中国の傍若無人のやり方に反撃を加えようとしているのだが、本当のことを言えば日本こそが中国に立ち上がらなければならない立場でもある。

なぜなら、知財侵害の最大の被害者は日本でもあるからだ。

日本の政治家や経営者や高級官僚の一部は、中国にハニートラップや賄賂で取り込まれて日本の知財を中国に売り渡している。あるいは、中国が不正な手段で機密情報や知財を盗んでいくのに「見て見ぬふり」をしている。

中国が危険な国家であるという認識は、日本人こそが肝に銘じる必要があるのだ。日本人が日本のためを思うのであれば、中国を強く警戒しなければならないし、一線を引いて離れて防御しておかなければならない。

防御できないのであれば、すべて盗まれる。知財や意匠のみならず、土地も建物も自然も根こそぎ奪われていくことになる。

果たして、日本は無防備でいていいのか? 知財を根こそぎ盗んでいく中国に、日本もアメリカと共に戦う必要がある。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

一般カテゴリの最新記事