弱者でないのに弱者を主張するニセモノが社会を蝕んでいく

弱者でないのに弱者を主張するニセモノが社会を蝕んでいく
(最近は弱者に「なりすまし」した人間が「自分は弱者だ、面倒を見ろ、金を出せ、ちやほやしろ」と叫んで、それを咎めると「差別だ、被害を受けた、謝罪と賠償しろ」と恫喝する手口があちこちで明るみに出ている。思い当たることもあるはずだ。日本は「自称・弱者」があまりに多過ぎる。改めてこの記事を読んで欲しい)
世の中は、真っ当に生きようとする人たちが大半なのだが、一部の寄生虫のような人間はそのような生き方が面倒に感じ、楽して生きることを考える。楽して生きるというのは、基本的に「他人に寄生して生きる」ということである。

本当は、他人に寄生するというのもそれほど楽なことではないのだが、自立して生きるより苦労はいらない。自立して生きれば何かあればすべて自分のせいだが、他人に寄生していれば他人のせいにできる。

だから、基本的に誰かに寄生して生きる寄生虫タイプの人間は、いったん寄生する対象を見つけると、ダニやシラミのように食らいついて離れない。

こうした寄生虫のような人間に取り付かれると、延々と生き血を吸われ続けることになる。寄生虫の駆除が難しいのと同様に、こうした人間の駆除もまた難しい。なぜなら、駆除されたくないために、必死で食らいついてくるからである。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

「自分は弱者だ」と叫び続けて主張する人間たち

現在、先進国各国では、社会福祉に寄生して、本来は働けるはずなのに働こうとしない寄生虫のような人間たちの存在に頭を悩ませている。

社会福祉というのは、いろいろな障害や病気や社会環境で本当に収入を得ることが難しい人たちに対する社会からの救済であり、こうした制度は困窮者を孤立死させないために必須の制度である。

これは「働きたくても働けない人」を対象にしている。

しかし、寄生虫タイプの人間はそこに目を付ける。彼らは「働きたくないから働かない」だけなのだが、もし役所が「働きたくても働けない人」だと認定すれば、その社会福祉をせしめることができると考える。

だから、こうした寄生虫タイプの人間は「自分は弱者である」ということを強調し、大声で訴え、徹底的に弱者という立場にこだわるようになる。

弱者であることを認めてもらうために、ニセモノは年中「自分は弱者だ」と叫んで暮らすようになる。社会の犠牲になった被害者になりすます。

本当の弱者は、実は自分が弱者であることをいちいち叫ぶことも訴えることもない。むしろ、それを隠そうとする人も多い。自立して生きたいと考えるので、「自分は弱者ではない」と言う人さえもいる。

自立して生きることにプライドを持っているので、本来であれば受けられるはずの社会福祉を辞退することもある。障害を持っていても真っ当に働いて生きている人というのは、本当の意味で人間らしい素晴らしく人である。

しかし、本当は働けるのに働きたくないために弱者を装う人は、一日24時間、365日、朝から晩まで「自分は弱者だ」と叫び続けて、うるさくパフォーマンスする。

本当は弱者ではないので、常にそれを叫び続けないと生きていけないのである。こうした人間は「なりすましの弱者」であり、社会で最も有害なタイプであると言える。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

弱者パフォーマンスをして、金に結びつける

弱者になりすました寄生虫たちの戦略はそれほど難しいことではない。

(1)自分たちは弱者だ。
(2)自分たちが弱者なのは社会が悪いからだ。
(3)社会は謝罪しろ、賠償しろ、特権を与えよ。

寄生虫タイプの「弱者なりすまし」の人間たちの基本戦略は、すべてこのシナリオに沿って行われる。

まずは弱者であることが認められないと始まらないので、「自分たちは弱者である」と、大げさに泣いて、大げさに喚いて、とても弱者とは思えないほどのバイタリティで叫び続けてまわりに認めさせようとする。

つまり、「弱者パフォーマンス」を繰り広げる。

そして自分たちを弱者と認めないのは「差別があるから」と曲解し、それに反論したら「ヘイトスピーチだ」と断定して集団で恫喝する。

そうやって「社会が悪い」とあっちこっちに言ってまわり、自分に謝罪しろ、賠償しろ、特権を与えよと本来の目的につなげていく。

重要なのは、「謝罪しろ、賠償しろ、特権を与えよ」の部分である。これらは、すべて「金を出せ」に帰結する。決して「自立できるように何とかしろ」ではない。

社会福祉の目的は、弱者を社会福祉にすがらせることではない。最終的には自立をさせることだ。本当の弱者も最終的には自立して生きていけるようになることを求めている。

しかし、「弱者なりすまし」は自立したくないから社会福祉に寄生している。ずっと寄生し続けることが目的なので、自立など鼻から求めない。そんなものは、寄生虫にはどうでもいいのである。

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

糾弾すべきは弱者でないのに弱者を主張する人間だ

「なりすましの弱者」の特徴は、大声と恫喝だ。

自分たちは絶対に弱者の立場でないとまずいので、「本当にお前は弱者なのか」と追及する人間を激しい大声と罵倒で圧倒しようとする。

弱者でないことを否定されたら、寄生ができないので、そこだけは絶対に否定されたくない。だから、大声で相手を恫喝して口を封じる。

自分を疑う人間を徹底的に糾弾し、人の話はまったく聞かず、「それを認めないのは差別主義者だからだ、レイシストだからだ」と叫び狂う。とにかく、自分たちを疑うことだけは絶対に許さない。

逆に言えば、大声と罵倒で圧倒するような人間が「自分は弱者だ」と訴えていれば、「なりすましの弱者」である可能性が高いということでもある。

こうした寄生虫たちのもうひとつの特徴は、根本的な問題解決はまったく求めていないことだ。

永遠に甘い汁を吸うことを求めるので、問題が解決される話には絶対にならない。むしろ、解決されない方がいいとさえ考えている。

だから、いかに自分たちが弱者であるかを、ありとあらゆる詭弁を労して主張する。「差別されている」という部分だけを100回も200回も繰り返し、謝罪と賠償を求め続けるのだ。

現在、失業手当や生活保護のような社会福祉が整った国の多くに、このような「なりすましの弱者」が大量に湧いて行政を苦しめている。

欧米でも移民や難民が押し寄せ、本当に救済が必要な真面目な人々に紛れて、一部の「なりすましの弱者」が、ただ社会福祉に寄生するためにやってきている現状もある。

こうした人間たちが排除できない限り、社会福祉というものは食い物にされ続けて、いずれは破綻することになる。そうすると、本物の弱者が孤立死してしまうことになる。

日本でも、ニセモノの弱者に食い物にされるだけの生活保護など止めてしまえと主張する人々もいるが、それは間違っている。本当に困っている人々にとって、それは生きていくために非常に重要なものである。

糾弾すべきは、弱者でないのに弱者を主張するニセモノたちの集団だ。本当の弱者の救済手段を奪う可能性もあるのだから、「なりすましの弱者」のやっていることは言語道断の犯罪であると言える。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

糾弾すべきは、弱者でないのに弱者を主張するニセモノたちの集団である。本当の弱者の救済手段を奪うのだから、「なりすましの弱者」のやっていることは言語道断の犯罪であると言える。

 

ツイッターで鈴木傾城をフォローして頂くと、執筆・更新状況などが総合的に分かります。

 

電子書籍『邪悪な世界の落とし穴(無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる)』。現代の資本主義の世界に仕掛けられた数々のワナを、このブログ『ダークネス』から抜粋した電子書籍です。

一般カテゴリの最新記事