ひきこもり問題と、少子高齢化問題と、労働問題と、社会保障費の増大

ひきこもり問題と、少子高齢化問題と、労働問題と、社会保障費の増大

2019年3月29日。内閣府は「自宅に半年以上閉じこもっている「ひきこもり」の40~64歳が、全国で推計61万3000人いる」と報告した。15~39歳のひきこもりは54万1000人なので、いまや「ひきこもり」は中高年の方が多い。

かつて、政府は「ひきこもり」を「若年無業者」としていたのだが、若年無業者というのは35歳未満を指すので、長期化・高齢化した「ひきこもり」の人間は若年無業者からスルリと外れてしまう。

そのため、実際には35歳を超えて「ひきこもり」の状態が続いているのに彼らは急に統計データから外れて見えなくなり、統計データ上からは「ひきこもりが減った」という発表になっていた。

この実情を見ていない政府の統計の取り方が激しく批判されたのが2015年の話だった。以後、政府は40~64歳までのデータを取るようになり、その結果が推計61万3000人という数字になって現れたのである。

「若年層よりも中高年のひきこもり」の方が多い。これは、実に衝撃的なことである。中高年を老いた親がいつまでも面倒を見ている。最近はこうした「ひきこもり」の中高年を「子供部屋おじさん」と呼ぶようになっているのだが、何もできないで家に引きこもっている中高年が日本に満ち溢れている。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

それは「時代が生み出した」?

80代の親が自室に引きこもって何もしない50代の息子を年金で細々と養う。生活費が足りなくてどちらも貧困で共倒れになりつつある。それが「8050問題」である。(ブラックアジア:親が高齢化して、ひきこもった子供の面倒を見ることができなくなっている

本来は子供が親を養うべきなのに、親がいつまでも自立しない子供を養い続けるのだから悲惨な話である。

それにしても、「50代のひきこもり」はいったいなぜ、61万3000人も増殖してしまったのか。彼らのほとんどは20代からひきこもって、それが長期化していよいよ50代に到達してしまったというのが現状だ。

そうであれば、なぜ彼らは20代で仕事に就かなかったのか。

それは「時代が生み出した」と考える社会学者も多い。彼らの20代と言えば、1990年代である。1990年代と言えば「バブル崩壊」で日本社会が阿鼻叫喚の地獄に落ちていた時代だ。

1985年以後の高騰する土地を見て、多くの企業が不動産取引に殺到して莫大なカネを借りて土地を買い漁ったり、土地転がしをしたり、自社ビルを建てたりしたのだが、バブルが崩壊すると土地の価値が収縮し、企業は大損失を被ることになった。

生き残りのために企業は求人を絞って体力温存を図った。彼らの20代は、バブル崩壊以後の「超氷河期」と呼ばれる時代にぴったりと合致する。

バブルが崩壊して求人が極度に減ったため、どんなに就職活動をしても仕事が見付からない時代に、彼らは仕事を探していたのである。(ダークネス:1971年〜1974年生まれは、自分たちは過酷な時代に生きる世代だと認識せよ

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

親は日本の高度成長期の恩恵に与った世代

バブルが崩壊し、求人が減り、超氷河期の中で、彼らはもがき続けた。

その中で、何とか仕事を見つけて社会人としてのスタートを切れた人たちも大勢いる。意に添わない会社や職種でも「仕方がない」と割り切って会社に入った人たちは、かなりいたはずだ。

しかし、何をどうしても仕事が見付からなかった若者もいれば、条件が悪い仕事に就いてしまって早々と退職せざるを得ない状態になってしまった若者もいる。

彼らの一部が挫折感に打ちのめされ、心が折れ、そして完全に自信喪失して自宅にひきこもるようになっていったのだ。

幸か不幸か、彼らの親は日本の高度成長期の恩恵に与った世代だった。年功序列で、終身雇用で、貯金や資産もそれなりにあった。挫折した子供の面倒を見るだけの余裕が親にあった。

だから、親は挫折して打ちのめされた子供が「しばらく」自宅にひきこもるのを許した。

まさか、それから数十年に渡って自室でひきこもるなど親は想定していない。就職活動に失敗して心が傷ついた子供を、数ヶ月そっとしておけば、子供は立ち直って再び挑戦してくれると考えていた。

実際、「このままでは駄目だ」と考えて、再び就職活動をして親の自宅から通う形であっても、何とか働けるようになった若者もいる。しかし、それすらもできずに、ますます意固地になってひきこもってしまった若者もいる。

そんな若者が、いまや61万3000人の「群像」となって社会をじわじわと覆い尽くしているのである。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

日本社会は予断を許さない状況になっている

社会から接点が切れた20代の若者が、以後も数十年に渡って自宅から一歩も出ないで親に寄生して生きている。親も高齢化して支えきれなくなっている。いずれ親が死んで何もできない子供が取り残される。

親がいなくなってしまったら、彼らは取り残される。彼らに「働け」と言って、職業訓練でもしたら働けるようになるのだろうか。

そうなって欲しいが、それは「理想」であり、実際にはもはや「ひきこもる」ように生きてきた人間が社会で大勢の人に揉まれて生きていくというのは難しいのではないかという意見も多い。

本人をひきこもった世界から現実世界に連れ戻すのも難しいし、仮に連れ戻したとしても苛烈な社会に耐えられる精神力なのかという問題もある。

今は普通に生きている人間ですらも、非正規雇用で酷使されている時代であり、企業は徹底的な効率化に突き進んで、従業員をどんどんリストラしている。

一方で人手不足も社会現象としてあるのだが、高度な能力を有する人材か、キツい労働に耐えられる人材を求めているのであって、実戦力にも即戦力にもならない人材は最初から弾かれるようになっている。

「ひきこもり」に働いてもらうというのは想像以上に難しいのである。そうであれば現実的には「生活保護で社会が面倒を見る」というのが現実的な線となる。

しかし、生活保護は働く人の払っている税金が原資である。

ひきこもりを生活保護で養うという話になると、今度は「なぜ必死で働いている我々が、働かないで遊んでいる人間の面倒を見なければならないのか」という激しい不満が湧き上がる。

公正を期すには、まずは専門のカウンセラーの力を借りて彼らをひきこもる自室から出てきてもらって、就職支援をして、綿密にカウンセリングしながら仕事を続けてもらう努力が必要だろう。

それで「ひきこもり」が社会復帰できれば社会にとっても本人にとってもベストである。それでも難しければ、その時に初めて生活保護という形になるが、推計61万3000人のうち、どれだけが社会復帰できるだろうか。

急激な少子高齢化で社会保障費が膨れ上がっている今、増え続ける生活保護受給者を支えるのも大変な話だ。

このように見ると、少子高齢化問題と、ひきこもり問題と、労働問題と、社会保障費の増大のありとあらゆる問題が密接に絡み合って日本を襲いかかっているのが分かる。日本社会は予断を許さない状況になっている。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

少子高齢化問題と、ひきこもり問題と、労働問題と、社会保障費の増大のありとあらゆる問題が密接に絡み合って日本を襲いかかっているのが分かる。日本社会は予断を許さない状況になっている。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

一般カテゴリの最新記事