蔓延する中国人の犯罪。日本のアンダーグラウンドが中国だらけになった理由

蔓延する中国人の犯罪。日本のアンダーグラウンドが中国だらけになった理由

中国人留学生は、日本に在留して勉強だけをやっていたわけではない。彼らは大学にも行くが本当の目的は「金を稼ぐこと」であった。1980年代、1990年代と言えば、まだ中国の経済発展は起こっていなかった。日本で働くというのは、アジア最強の国で金を稼ぐということでもあった。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。まぐまぐ大賞2019メディア『マネーボイス賞』1位。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。(連絡先:bllackz@gmail.com)

いつから日本は中国人で溢れるようになったのか?

今、日本には大量の中国人がなだれ込んでいるのだが、「いったい、いつから日本は中国人で溢れるようになったのか?」という疑問を持つ人もいるはずだ。その答えは1983年8月にある。

この当時の日本は中曽根政権だったのだが、日本の国際化を進めるために留学生政策を検討し、8月末に『留学生10万人計画』を発表した。

様々な予算が付けられてこの計画は粛々と進められていき、1983年には1万428人だった留学生は、10年後の1993年には5万2405人に達していた。

そして、2000年に入ってからさらに加速的に増えていき、2003年には10万9508人となった。すべては、中曽根政権がぶち上げた『留学生10万人計画』から始まっていた。さらに2008年7月には『留学生30万人計画』が提唱されて、2020年4月にはそれを達成している。

その結果、何が起きたのか。外国人犯罪の増加である。

受け入れた留学生で最も多いのは言うまでもなく中国人である。だからというわけではないが、必然的に中国人の犯罪が増えた。

日本の社会の裏側では来日外国人犯罪がどんどん増えていった背景には『留学生10万人計画』があったのだが、これが顕著になっていくのが1990年のバブル崩壊以後だ。

1990年は来日外国人犯罪の検挙状況は6345人だったが、以後はどんどん増え続けて最もピークだった2005年には4万7865人にもなっていた。

この頃の外国人犯罪で圧倒的に多かったのは中国人とブラジル人だった。しかし、中国人の犯罪は突出していた。

1990年代は歌舞伎町でも中国人のマフィアが根を広げていて、1994年には青竜刀を振り回して敵対者を惨殺するような事件も起きていたが、これは歌舞伎町にいた上海マフィアと北京マフィアの抗争事件だった。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

馳星周の小説『不夜城』の世界の背景

中国人留学生は、日本に在留して勉強だけをやっていたわけではない。彼らは大学にも行くが本当の目的は「金を稼ぐこと」であった。1980年代、1990年代と言えば、まだ中国の経済発展は起こっていなかった。

日本で働くというのは、アジア最強の国で金を稼ぐということでもあった。

利に聡(さと)い中国人がこのチャンスを見逃すはずがない。最も稼げるのは「夜の世界」なので、この1980年代から留学生として入っていた中国人の女子学生がどんどん歌舞伎町などの夜の世界でアルバイトをするようになった。

中国人の留学生が学業そっちのけでホステスとなり、風俗嬢となり、売春婦となっていったのだ。この当時、歌舞伎町を歩くと、ストリートに中国人の女性がびっしりと立っていて売春を誘っていた光景を覚えている人もいるはずだ。

当時の日本の真夜中の世界は多国籍化していて、中国人、韓国人、タイ人、フィリピン人、コロンビア人などがそれぞれのテリトリーで売春ビジネスを行っていた。さらに、彼女たちは水商売にも進出していった。

女性がこうした真夜中の世界に入ると、今度はそれぞれの国の男たちが彼女たちのボディーガード、客引き、仕事の斡旋役として潜り込めるようになっていき、やがてマフィアが進出して、店を開いたり、ドラッグを売りさばいたりするようになる。

中国人の男たちも、そうやって歌舞伎町に集結するようになった。

しかし、中国は広大でそれぞれ別々の言葉を持っていたり、文化を持っていたりするので一枚岩ではない。上海グループ、北京グループ、福建グループ、広東グループ……と分かれてそれぞれが対立している。

その対立の最前線が日本最大の歓楽街である歌舞伎町だった。馳星周の小説『不夜城』の世界はかくして形成されていった。

もちろん、彼らは歌舞伎町で売春や賭博や麻薬の売買だけに裏ビジネスを留めていたわけではない。日本は無防備な国だ。窃盗から万引きから自動車密売からやりたい放題だった。

そうした犯罪が1990年から爆発的に増えていくようになり、それがピークに達したのは2005年だった。

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

なぜ2005年以降から外国人犯罪が減ったのか?

2005年以後、来日外国人犯罪が徐々に徐々に下火になっていくことになるのだが、いったい何があったのか。それは、2004年から当時の東京都知事であった石原慎太郎氏によって行われた「歌舞伎町浄化作戦」である。

歌舞伎町浄化作戦は重要な節目だった。

当時、中国人のマフィア、チンピラが歌舞伎町で幅を利かせるようになって多くの日本人は「どういうことなのだ?」「何とかならないのか?」と苦々しく思っていた。

そこに石原慎太郎氏は都知事選の二期目の公約として「首都の治安強化」を掲げて当選し、2003年から急ピッチで歌舞伎町の浄化を行うようになっていた。

治安を強化するために、歌舞伎町のビデオカメラ設置、違法カジノ店の摘発、わいせつビデオ店の摘発、性風俗店の摘発を次々と進めていき、当時3000店舗あった風俗関連の店を次々と廃業に追い込んだ。

2003年から2005年の数年間で約300店舗の風俗店が廃業に追いやられ、当時のマスコミの一部は「石原都知事は歌舞伎町の賑わいを消して夜の住民をいじめるな」という批判を繰り広げていたのだが、都民のほとんどは都知事の政策を支持した。

さらに石原都知事は歌舞伎町の浄化を進める一方で、歌舞伎町に巣食っていた中国系マフィアを追い出すために以下の政策も平行で行っていた。

・不法滞在者の摘発
・資格外活動の外国人の逮捕
・強制送還の徹底

その結果、2006年から目に見えて来日外国人の犯罪が減っていき、都知事を勇退する2012年には来日外国人犯罪の総検挙件数を1万5368件にまで減らすことに成功した。

石原都知事がいなかったら、今ごろ歌舞伎町は中国人マフィアに乗っ取られて、日本で最もガラの悪いチャイナタウンになっていたところだった。

しかし、中国人の犯罪が日本から消えたわけでも何でもない。近年、中国人は夜の街を仕切る犯罪から、公文書偽造やハッキングを多用した詐欺の方に軸足を移している。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

日本政府は一度も留学生を減らそうとしたことはない

日本に外国人が増えていくと共に在留カードの偽造、免許証の偽造、各種資格の偽造が金になるようになった。そこでコンピュータによって精密に偽造証明書を作るのが巨大なビジネスとなって、それを中国人が製作・販売して暴利を貪っている。

以下の偽造カードが8000円から1万円あたりで販売されているというニュースが出たこともある。

・運転免許証
・高所作業車資格証
・各種の組合員証
・卒業証書
・在留カード
・学生証
・国民健康保険証
・マイナンバーカード
・日本語試験の合格証
・ギフトカード

要するに、紙で提供される各種資格・証明書は、ほぼ偽造されて売られている。銀行員の社員証なども偽造されて、高齢者からキャッシュカードを騙し取る詐欺で使われている。

日本の国防に関わるところでは、陸上自衛官証明書まで偽造されていたことだ。2020年1月14日に逮捕された23歳の中国人留学生「王詩超」は、この偽造カードをSNSで製作依頼し、約1800円で買っていた。

中国人観光客が偽造の国際運転免許証でレンタカーを運転し、交通事故を起こすケースも相次いでいる。

偽造された国際免許がインターネットで売買されていて、彼らは簡単にそれを依頼して手に入れることができる。実際に彼らは偽造運転免許証を使って運転している。

実質的に無免許で車を運転しているも同然だ。私たちは日本で中国人に轢き殺されるかもしれないのだ。いや、中国人から他の外国人もそれを買っているので、「外国人に轢き殺されるかも……」というべきか。

こうした中国人の犯罪が増える中、2020年11月2日に文部科学省は『国立大の留学生について学部の定員増を認める方針を固めた』と発表していた。日本政府は1983年の『留学生10万人計画』以後、一度も留学生を減らそうとしたことはない。

「隠れた移民政策」は着々と進んでいる。

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

一般カテゴリの最新記事