メルマガ

3/13ページ

経済が悪化して人々の阿鼻叫喚が最大に達したときが、もっとも素晴らしいとき

FRB(連邦準備銀行)は2022年3月から利上げを開始し、現在は5.25から5.5%としているのだが、2023年9月20日は利上げを見送ることに決定した。しかし、今後の見通しとしては、年内にあと1回の利上げも想定される内容となっている。 このFRBの発表を見ても分かるとおり、今後の政策金利は「より高く」「より長く」の方向性であることが決まった。あと1回の利上げがあるとしても、金利上昇局面はそろそろ […]

明日は今日よりも良くなる?日本人でも無能な日本政府に付き合う義務なんかない

2023年9月14日。岸田首相は内閣改造を経て「明日は今日よりも良くなると誰もが感じられるよう、政策を進めていきたい」と、なにかふわっとした口当たりの良いことを言っている。 これが報道されると国民から「実質賃金は16か月もマイナスで、物価上昇はとめられず、なにが『明日は今日よりも良くなる』だ」と呆れられ、激しい批判の声が飛んでいる。 岸田首相は総理大臣になる前は「令和の所得倍増」と華々しくぶち上げ […]

中国に排除されて売られているアップル株だが「売り」の判断は本当に正しいのか?

中国では政府職員の間でiPhoneの使用が禁止されたことで、Apple株がけっこう大きな下落をすることになった。 さらに、ファーウェイなどが制裁を受けている中で西側の技術をパクって新型のスマートフォンを発売して、これもAppleの脅威になるのではないかとして、Apple株が続落した。 ブルームバーグなどは『中国でナショナリズムが再燃し、消費者がiPhoneや他の外国ブランドの製品を敬遠するようにな […]

いずれ日本もインフレが起きて円の資産は目減りするので、どうすればいいのか?

2022年から日本でも物価が上昇しているのだが、今までデフレでテコでも動かなかった物価が上がっていくことによって何が起きているのかというと「見えない貯金の減少」である。 なぜ「見えない」のか。それは、 銀行に貯金されている額面は何も変わらないからだ。変わらないけれども、貯金は減少している。 たとえば、今まで1000円で変えた品物が1200円になったとする。そうすると、これまでどおり1000円を店に […]

心配無用。最近も言われている「アメリカはもう終わり」に恐れることはない理由

アメリカの政治的なゴタゴタを見ていると、「この国もそろそろ危うい」と思うような気にならないだろうか。 ドナルド・トランプ破天荒でおおよそ大統領とは思えないような振る舞いをしているし、ジョー・バイデンは高齢で認知症が疑われているし、さらに息子のハンター・バイデンのスキャンダルも抱えている。 アメリカの次の大統領戦は、またもや欠陥が大きすぎる人間が立候補して戦うというのだから、「これはもうダメだな」と […]

年間2万円の出費だけで株式売買を年間200回して経験値を上げる方法もある?

100円で投資したものが150円や200円になったからと言って、金持ちになったわけではない。利益を得たと言っても50円やら100円である。あまりにも金額が小さすぎて、もしかしたら「馬鹿馬鹿しい」と、怒りすら覚える人もいるはずだ。 とすれば、100円の投資など意味がないように見えるかもしれない。 資産形成の面で見れば、たしかにそれは何の役にも立たない。額があまりにも小さすぎる。 しかし、別の考え方も […]

【VTI】へ投資をしていると投資情報に触れることも人によっては「毒」になる?

何十年もアメリカそのものに投資していた人は、みんなそれなりの資産を築いている。なぜなら、アメリカは世界最強の資本主義国家であり、アメリカ企業もまた世界最強の企業がゴロゴロしているからだ。 1980年代は日本に投資しろ、1990年代は中国に投資しろ、2000年代はBRICsに投資しろ、と言われていた。しかし、それでも何も考えずにアメリカだけに投資していたら、何の苦労もなく資産を増やすことができた。 […]

今の日本社会が崩れ落ちてぐちゃぐちゃになったら、それで得する日本人もいる?

日本は政治の機能不全が続いているし、少子高齢化が続いているし、増税まみれになって貧困層も増えている。 日本が30年も成長できなかったというのであれば、それは30年も政治家や官僚は国の舵取りを誤ってきたということなのだ。 しかし、政治家は誰も責任を取らない。「この30年、我々のせいで日本は成長できない国になった。申し訳ない」と泣いて土下座して謝った政治家を見たことがあるだろうか。 土下座どころか「お […]

アンダークラスでも100万円を貯めるのは可能だ。やるべきことはただひとつだけ

平均年収186万円の非正規雇用者は、現代の日本においてはまったく珍しくない存在となった。フルタイムで働いても、それ以下の人たちも大勢いる。年収186万円と言えば月に換算すると15万5000円なのだが、首都圏でこの月給で生きるのは相当苦しいはずだ。 しかし、この層はいまや約1200万人もいる。 実際、彼らは生活の余裕はほとんどない。日本では貯金ゼロの世帯も全体の約3割に迫っているのだが、低賃金の非正 […]

投資家としての自覚が完全に欠落してしまったほうが実はいいのかもしれない?

投資のプロでもだいたい予測は当たらないのは、これまで彼らが言ってきたことを振り返ればわかる。 プロは相場の動きだけでなく、財務諸表や、FRBの発言や、過去のアノマリーや、全世界の株式の動向をウォッチする。さらに日々上がってくるニュースなどや、相場のちょっとしたボラティリティまで、ありとあらゆるものを分析している。 ところが精密かつ思慮深く分析して、それでも投資対象を間違うのだ。タイミングも間違える […]

「貯金している人が損する時代が2022年から来ている」ということを知ってるか?

2022年あたりから日本でもいよいよコストプッシュ型のインフレが起こるようになってきている。中国は強烈なゼロコロナ政策をしていてグローバルなサプライチェーンが乱れてしまったし、ロシアはウクライナに侵攻して泥沼になった。 欧米は2020年のコロナショックで爆発的な金融緩和を行って、それもまたインフレを招く要因となった。 これを阻止すべく中央銀行は急ピッチの利上げを行ったのだが、日本だけはゼロ金利政策 […]

「貯蓄から投資へ」というのは「自分たちで金を何とかしろ」という棄民政策か?

「貯蓄から投資へ」と日本政府が率先して言うようになっているのだが、これは「親切心」で言っていると思っている人はいるだろうか。 「貯蓄しても利息なんか0.02%程度しかないので投資した方がいいですよ」と多くの経済学者は言ってきたのだが、日本政府自身も国民にそういう啓蒙をして国民に豊かになってもらおうとしているのだろうか。 日本政府が親切心で何かやると思っている人がいるのであれば、それは相当「お花畑」 […]

日本政府と財界が仕掛けている血も涙もないワナを理解して生き残りを図ればいい

もう日本政府は私たちから搾取する存在となっているので、日本の未来を期待してはいけない局面に入ってきている。日本政府と高級官僚たちは国民を搾取の対象として見ており、ひたすら税金をかけまくって私たちからむしり取る。 すでに税金と社会保険料で国民負担率は約48%となっているのだが、ここからさらに日本政府はインボイス制度で中小企業・零細企業・個人事業主・フリーランスから「税率の上がらない増税」をしようとし […]

凋落していく日本から脱出できない場合、すべきことはマネタイズともう1つのこと

日本は少子化であって高齢化である。高齢化が進むと、当然のことながら労働者が不足するのだが、それによって高齢層もまた労働市場に投入せざるを得なくなる。高齢者は体力も気力も消えかけているわけで「労働力の質の低下」が避けられない。 そこで政府は外国人無期限に滞在できる「特定技能2号」の業種拡大案を了承して、外国人に労働させるのだが、やはり日本人とは感覚が違って日本語も不十分な人が働くわけであって、ここで […]

日経平均が3万1000円を超えて上昇しているが、鈴木傾城はどう考えるのか答える

日経平均が3万1000円を超えて上昇しているのを、私は大きな関心と共に見ている。新しい時代が来ているのか、それとも一過性のものなのか、多くのアナリストが分析しているのだが、果たしてどうなのだろうか。 日経平均が上がったのはいくつもの要因が指摘されているのだが、主に日経平均を押し上げている資金は外国である。東京証券取引所によると、外国人投資家による日本株の買い越し額が1兆円を超えて、怒涛のように流入 […]

今日のメルマガは、1億円突破のシングルマザーさん含め質問だけひたすら答えます

『鈴木傾城のダークネス・メルマガ編』も質問コーナーを設置して、たくさんの方からの質問を頂いておりますが、面白い質問や考えたこともない問題の質問などもやってきて、個人的にも面白く感じております。 今週も、いくつか質問が来ているのですが、けっこうな分量になりますので、今日のメルマガは、質問だけひたすら答える回にしたいと思います。 まずは、1億円突破のシングルマザーさんからです。 * * * * * * […]

社会を不安定化させる経済格差。超富裕層と低所得層の違いはどうなっているか?

社会を不安定化させるのは経済格差である。一部が超富裕層となって、大半が貧困層となった時、社会はまともに機能しなくなっていく。その格差は、中流階級がどんどん下に落ちて貧困化し、富裕層の資産が逆に増えていくことによって開いていく。 日本はまだまだマシな部類であるが、将来はそうとも言い切れない。日本も経済格差が極度に開いた国になってしまうだろう。 現在、日本の相対的貧困率は15.7%であり、約2000万 […]

時が来たら行動できるかどうかが重要なのであって、予測は思うほど重要ではない

2021年に信用やレバレッジで調子に乗っていた投資家は、2022年の長い相場の下落によって大損失を喰らって一掃された。私自身は2022年は定期定額積立投資をしたくらいでほとんど動かずにいたので特に損失はなかった。 損失どころか、保有していたのがドル資産なので、2022年のドル高・円安で私の資産の価値は何もしていないのにもかかわらず勝手に増大して円ベースで見ると過去最高の資産額になっている。 このド […]

1 3 13