国防

軍事力を取り戻すことが新しい日本を作る原動力になり、新しい日本の復興になる

ウクライナはかつては世界第三位規模の核保有国だった。しかし、1994年に米国が提示した安全保障を担保にして核兵器を放棄した。米国の傘に入れば自国の平和が守られると思ったのである。甘かった。核兵器を放棄して平和を謳えば平和になるわけではなく、国家は蹂躙された。(鈴木傾城)

「憲法第九条の改正・スパイ防止法・諜報部隊設立」で日本は真の国家となる

侵略の意志を持った特定の国家に囲まれた日本においても、今後は国軍と諜報が重要になっていく。「憲法第九条の改正」「スパイ防止法の実現」「諜報部隊の設立」の3つが実現できたとき、日本は本当の意味の国家となる。この3つが日本の未来を決めるのだ。(鈴木傾城)