多文化共生

多文化共生。誰かを低賃金・悪条件の奴隷的環境で働かせる日本社会が間違っている

多くの日本人は多文化を欲していない。現に、ベトナム人が大量に入って来ているからと言って、ほとんどの日本人はベトナム語やベトナム文化に興味を持とうとしない。単に、日本企業が高賃金・好待遇を払う環境を整えずに、「使い捨てしやすい外国人を集めているのを「多文化共生」と言っているだけだ。(鈴木傾城)

中国人は日本の高齢者をATMにしている? このまま日本は隠れ移民政策で滅ぶ

中国人は多くの犯罪に関わっており、犯罪の幅も増えていく。隠れ移民政策でやってきている中国人たちに研究され、情報交換される。特に高齢者を騙す詐欺ビジネスは日常茶飯事と化していて、あたかも「中国人が日本の高齢者をATMにしている」ような様相にも見える。(鈴木傾城)

万引き・ドラッグ販売・そしてレイプ。ベトナム人が日本で犯罪者化してしまった

ベトナムにもギャングなど捨てるほどいる。日本がベトナムから連れてきているのは低賃金・悪条件で働く「低度人材」なのだから、こうした人間たちも大量に入り込むということ。経団連や政府や野党は勝手にそれを進めている。そして、外国人犯罪が爆発的に増えてきた。(鈴木傾城)

反日思想を持った「新日本人」が意図的に今の日本人を駆逐していくと早く気づけ

日本が日本人だけのものであるという幻想を持っている間に、日本が底辺から浸食されていく。気がついたら日本国籍を持った外国人が大量に日本を覆い尽くしていき、彼らが「新日本人」となる。今すぐそうなるとは言わない。このままでは数十年をかけてそうなると言っている。(鈴木傾城)

多文化共生を日本社会に強制しているのが、自らの利益しか考えていない経団連

大企業は高賃金の自国民を雇うよりも低賃金の人間を使いたいというニーズが常にある。だから、大企業のロビー団体である経団連は、移民の流入を大歓迎して多文化共生を押し進めている。政治家に莫大な金を渡してロビー活動を行い、政治家も移民政策と多文化共生を謳う。(鈴木傾城)