中国共産党

日本は叩いても報復して来ないので、人民の不満を反らせる都合の良い国

現在、デルタ株が中国に入って、再び中国で感染拡大が始まっている。これによって中国経済がダメージを余儀なくされる。中国経済がダメージを受けたら食えない人民が暴動を起こす。そうすると、中国共産党はどうするのか。間違いなく「反日」を煽り立てることになる。(鈴木傾城)

美しい日本が嫌いな芥川賞作家・李琴峰と、左翼陣営の「日台離反工作」の陰謀

「美しい日本」を否定する李琴峰に与えられたのが芥川賞である。李琴峰に与えた芥川賞を剥奪しないというのであれば、芥川賞はずいぶん安っぽい文学賞になったものだとほとんどの日本人は失望するだろう。実際のところ、日本の文学界は左翼と反日作家に乗っ取られて久しい。(鈴木傾城)

中国共産党は「国防動員法」で80万人規模の騒乱を日本で起こすことができる

長野オリンピックでは在日中国人が在日中国大使館による組織的支援で4000人が大暴れした。中国共産党がその気になれば、「国防動員法」で80万人に号令をかけて、長野オリンピックの騒乱の200倍の規模の騒乱を起こすことができる。この現実を日本人はどう思うのか?(鈴木傾城)

もう全世界が中国共産党政権と習近平が信用できない存在であると認識している

6月4日は、中国人にとっては特別な日だ。それは六四天安門事件が起きた日である。民主化の芽を中国共産党は容赦ない武力で制圧したが、この政権の体質がまったく変わっていないのは2020年の香港の民主化運動の制圧でも分かった。中国共産党はますます危険な国家になった。(鈴木傾城)

中国を切れ。媚中派に引きずられていると、日本は亡国の道を辿ることになる

日本人はまだ「中国は人類の敵」であるという認識はまったくなく、むしろ国内にいる媚中派議員によって中国との結びつきを深めようとしているようにも見える。「中国は人類の敵」なら、その中国になびく日本は「中国と同類」と思われても仕方がない。(鈴木傾城)

中国は「盗んで成長する」という悪辣なビジネスモデルを国家レベルで行う国だ

中国の成長は意図的かつ徹底的な知的財産の侵害で成り立っている。国際社会はそれを糾弾するが、中国は絶対に変わらない。「盗んで成長する」というアンフェアなビジネスモデルを国家レベルで行っており、それが中国という国の成長の基盤になっているからである。(鈴木傾城)

非人道国家・中国と関係を深めると中国共産党の共犯者となって共に断罪される

中国共産党がいかに危険な存在であるのかは常識を持っている人間なら誰でも分かっているわけで、いくら二階俊博や公明党が媚中に走っても日本人の国会議員や国民の全員が媚中になるわけではない。中国は全力で媚中反米の工作を仕掛けてくる。離れておくべきだ。(鈴木傾城)

儒教が残っている限り、中国・韓国・北朝鮮は永遠に日本の敵であり続ける

中華思想は『世界の中心は中国で、その周辺は同化させるべき野蛮国家』という傲慢な思想である。だから、チベットでもウイグルでも民族大虐殺が公然と行われる。日本は東にある未開国家として捉えられているので、日本が弱体化したらチベットやウイグルと同じ運命となる。(鈴木傾城)