メルマガ

1/4ページ

今の相場環境は嫌いではない。低迷が長引くほど保有株を大量に増やせるから

【実態経済の悪化が深刻化していて、「歴史的な暴落波乱相場で容易に生き残る方法の前に、実体経済が心配で投資どころではない」というメールも多かったので、今回はひとまず今の私の実体経済でのスタンスを述べて、次週に歴史的な暴落波乱相場で容易に生き残る方法(2)を語りたいと思います。よろしくお願いします】 中国の武漢で始まった新型コロナウイルスの騒動は、中国政府の隠蔽と初動対応の失敗で瞬く間に中国全土に広が […]

歴史的な暴落波乱相場で容易に生き残る方法(1)頭を使わないで平均点を取れ

相場が凄まじく荒れている。ナイアガラの滝のように暴落したと思えば、一日に10%近くも暴騰する局面もある。 相場は誰も読めないものだが、今はその最たる局面であるとも言える。信用やレバレッジをかけて取引しているトレーダーは想定外の動きに翻弄されて、かなりの人が資金を吹き飛ばすのが今の局面だ。 今が買い時なのかどうかなど、プロのヘッジファンドにしても見極めることができない。状況は流動的であり、毎日のよう […]

コロナショックはいずれは落ち着いて、どんな形にしろ日常は必ず戻ってくる

現代社会はグローバル化によって恩恵を受けてきたのだから、グローバル化が寸断されるとダメージを受けるのは当然のことだ。 グローバル化が寸断されるというのは、米中貿易戦争のように国と国の対立のみがクローズアップされていたのだが、そこに現れたのが新型コロナウイルスだった。 中国の武漢から発生したこのタチの悪いウイルスは、中国共産党政権の隠蔽のために初動の封じ込めが失敗して全世界に広がっていった。そして、 […]

私のやっている投資がコロナショックでの相場大激変でも何の問題もない理由

新型コロナウイルスの影響は甚大で、実体経済に及ぼす影響の大きさは簡単に推し測ることなどできない。新型コロナウイルスは全世界のすべての業種に悪影響を及ぼしているわけで、しかも「まだ収束していない」ものである。 まだ収束していないのだから、当然のことながらこれから情勢がどのように変わるのかなど、一国の大統領や首相ですらも分からない。トランプ大統領も次に何が起こるのか分からないし、安倍首相も分からない。 […]

ついにやってきた株式市場の暴落と乱高下。この社会情勢で私はどう動くか?

株式市場が大混乱している。当初は中国だけだった混乱は世界に波及して、いよいよ2月の下旬になったらアメリカの株式市場をも直撃するようになり、2月最後の週は7日続落するなど売りが続き、週間下落率はリーマンショック以来、最大のものとなった。 3月に入っても株式市場は乱高下に見舞われている。この状況を見て3月3日、FRB(米連邦準備理事会)は緊急の利下げを行った。0.5%。政策金利(フェデラル・ファンド・ […]

新型コロナウイルスで市場が変わった(2)12%の暴落をどのように考えるか?

アメリカの株式市場が、ここ一週間で下落に次ぐ下落に見舞われている。私自身はこの暴落は一時的なものではないかという感覚がある。今回の暴落はどこかで抑止がかかって、これからむしろ上昇していくのではないか。 つまり、ここ一週間で起きた世界同時株安と暴落は、それほど大した惨事にはならないのではないかと私は考えている。 別に新型コロナウイルスの問題が、すぐに解決するという意味ではない。新型コロナウイルスのパ […]

新型コロナウイルスで市場が変わった(1)日本はもしかしたら見捨てられる?

新型コロナウイルスの脅威が世界を席巻しているのだが、その陰で経済に異常なことが起きていることを日本人は気づかなければならない。 1つは2020年2月17日に内閣府が発表した実質GDP増減率である。 この数字がことさら悪かった。2019年10~12月期の国内総生産(GDP)は年率換算でマイナス6.3%だったのである。この数字を見て私が思ったのは「ああ、日本は終わったな」という苦々しさだった。 このG […]

「中国を潰してやる」というのは、アメリカの一貫した方策であることを認識せよ

中国は新型コロナウイルスの収束に躍起になっているのだが、初動が隠蔽と軽視だったので、気が付いたときはすでに手に負えない事態になっていた。武漢をいくら封鎖したと言ってもすでに武漢の人間たちは省外に出てウイルスを拡散していた。 今後の封じ込めは困難を極めるのは間違いない。 当然のことながら人々の行動も制限され、工場も止まり、生産も減り、内需も縮小し、企業の売上も利益も減り、失業も増えるのだから、中国の […]

新型コロナウイルスが浮き彫りにしたのは、中国に投資すべきではないということ

中国が新型コロナウイルスで窮地に落ちているのだが、ここまで感染が広がったのは、当初から「謎の肺炎が広がっている」と警鐘を鳴らしていた医師を「デマを拡散している」として処分して、さらに本当に広がっていた伝染病を隠蔽して人々を油断させたからである。 中国共産党政権の隠蔽体質が事態を悪化させた。中国の情報封鎖が事態を深刻化させた。中国共産党政権はワイロやハニートラップや恫喝が好きな極悪政権だが、新型コロ […]

中国の新型肺炎で、1月17日に「オーメン」を嗅ぎ取って動いていた人たち(2)

新型コロナウイルスはもはやパンデミックとなって世界を襲いかかっている。 新型コロナウイルスは「大したことはない」「手洗いしていたら問題ない」みたいなことを言っていた間抜けな人たちを尻目に、2月2日現在で感染者は1万4380人、死者も304人となって今も感染の勢いは衰えていない。 しかも、この感染者1万4380人というのは中国共産党政権が発表している信用できない数字であり、感染者はもう10万人を優に […]

中国の新型肺炎で、1月17日に「オーメン」を嗅ぎ取って動いていた人たち(1)

中国の新型肺炎が今も蔓延し続けている。中国政府が対応に躍起になっているのだが、明らかに初動の押さえ込みに失敗した。 そのため、震源地となった武漢から大量のコロナウイルス感染者が散らばって、いまや中国全土に新型肺炎が広がってしまった。 さらに、春節(旧正月)の時期にも重なったので、感染者が大量に海外に出て、全世界に新型肺炎を広めている。 当初、専門家が「弱いウイルスなので心配はいらない」とか「人から […]

国民年金だけでは65歳以後は乗り切れないということを早く自覚して行動すべきだ

総務省の2019年のデータによると、すでに雇用の38.8%、つまり約4割は非正規雇用になっている。非正規雇用者でも正社員と同じように厚生年金に加入している人もいるのだが、そうでないことも多い。 また、元々どこの会社にも所属せず、自らの力で生きているフリーランサーや個人事業主も厚生年金には入っていない。ニートやフリーターも厚生年金には入っていない。当然のことながら、引きこもりも完全なる無職も厚生年金 […]

私がやりたいのは「株式市場での火事場泥棒」。社会が混乱している時に盗む

2019年は資産は増え続ける年ではあったが、それほど面白い年ではなかった。株式市場は上がり続けていたからだ。株式市場が上がり続けていたらなぜ面白くないのかというと、株式を大量に買うための勝負ができないからである。 私は「安いところを買い漁る」タイプの投資家なので、相場が上がり続けるような局面ではあまり積極的に動かない。 ここ数年、私の購買意欲はどんどん低下して、ただ単に機械的に定期定額積立投資をす […]

【新年特別号】令和すなわち地獄。終わりの始まりを迎えた日本で経済的にサヴァイヴする方法

2020年代。もしこの10年に日本が政策の対応を間違うと、日本は完全に「終わる」ことになる。この10年が重要なのだ。この10年を失敗すると、もう先はない。それほど、この10年は重要な10年になる。 何が問題なのか。少子高齢化だ。 日本を敵視する国の攻撃や侵略で日本人は滅びると私は思っていない。こうした外的要因には対抗手段がある。しかし、ある要因が重なれば、日本は外部からの攻撃や侵略で容易に破壊され […]

私が「2020年代が自分の人生で最もキツい年代になる」と覚悟している理由とは?

2019年は、日本にとっていろんな意味で時代の節目であった。2010年代は2019年で終わった。さらに平成も2019年に終わった。 2010年から2019年を振り返ると、日本も世界もすさまじく激動の時代だったことが分かる。2010年はまだリーマンショックの泥沼の傷は癒えておらず、日本は民主党政権で悪夢のような政治的混乱に見舞われていた。 さらに2011年は東日本大震災が襲いかかった。この未曾有の震 […]

「捨て石」の概念を見直せ。これが前もって成功に辿り着く確率を上げる方法

ウォーレン・バフェットはこれと思った銘柄に莫大な金額を一極集中するタイプであると思われているのだが、その投資行動を見ていると、必ずしもすべてがそうであるとは限らないことに気づく。 バフェットの母艦であるバークシャー・ハサウェイのポートフォリオを見てみると、確かに上位に上げられる保有銘柄であるアップル、バンク・オブ・アメリカ、コカコーラ、ウェルズファーゴの4銘柄だけで57.59%、つまり約6割を占め […]

2019年。ドラッグで芸能人が逮捕され、高齢衰退社会突入し、貧困が常態化に

まぐまぐ大賞2019のメディア賞で『鈴木傾城のダークネス・メルマガ編』が1位になりましたことを報告致します。読者の皆様、ありがとうございます。 https://www.mag2.com/events/mag2year/2019/category/money.html 数年前から、マネーボイスには記事を寄稿すると同時に『鈴木傾城のダークネス・メルマガ編』やダークネスからも積極的に水平展開を行っている […]

2019年の総括と、2020年のこと。相場の動きは読まない。何か起きたら対応する

まだ2019年は15日ほど残っている。そのため、残りの15日でどんでん返しがあるかもしれない。しかし、そうは言ってもあと15日で2019年が終わる。そろそろ今年を総括して来年を俯瞰するのも悪くない。 今年のアメリカの株式市場はすこぶる好調だった。そのため、ETF【VTI】でも【QQQ】でも【VYM】でも、どれを持っていたとしてもそれなりに儲かっていた。無謀なことをしなくても良かった。 米中の貿易戦 […]

1 4