韓国と断交しろという政治家が表舞台に登場しても良い頃だ

韓国と断交しろという政治家が表舞台に登場しても良い頃だ
慰安婦問題は、2015年12月28日に「不可逆的完全解決で合意した」ことになっているのだが、韓国は慰安婦像を撤去もしていない。むしろ、慰安婦像ビジネスをより拡大している。

マスコミは大々的に報道しようとしないが、最近、韓国・平昌五輪のフィギュアスケートやスピードスケートが行われる会場近くにも慰安婦像が設置された。完全なるオリンピックの政治利用だ。

日韓合意はまったく守られていない。状況は合意前より悪化している。そして言うまでもないが、もっと悪化する。

文在寅(ムン・ジェイン)は日韓合意など守る気はさらさらなく、合意破棄したいのが本音だ。だから安倍首相はこの平昌五輪に合わせて韓国に行き、韓国に日韓合意を遵守するように直接伝える気持ちになっている。

しかし、それは間違いだ。

そもそも、韓国が約束や合意を守ると思う方がどうかしている。日本は何度もそれで騙されて来たのではなかったか。韓国は何をしても最後には裏切る国なのである。

日本はこの守られもしない「不可逆的完全解決」のために10億円を払ったのだが、これもまた馬鹿げた決断だった。約束を守らない韓国に10億円を毟り取られただけになった。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

約束を何度でも反故にするのが韓国という国の正体

なぜ「性奴隷にされた」「20万人強制連行された」という嘘を取り下げてもらうのに10億円も払う必要があったのか。

韓国という国は約束を何度でも反故にしてきた歴史があるのだから、嘘を引っ込めてもらうために10億円を払うというのは、相手の土俵に乗ることであるとなぜ気付かなかったのか。

解せないのは、与党にも野党にも「韓国みたいな国に10億円を支払う」ということに対して痛烈な批判や反対をする人間がどこにもいなかったということだ。

「韓国に騙されているだけではないのか?」と安倍首相を追及する国会議員はいたのか。いなかった。

さらに合意後も、約束を守らない韓国に対して痛烈に批判する国会議員の姿もない。

韓国という信頼できない国と合意をするということに反対し、韓国とは国交断絶すべきだと主張する政治家が今の国会の中枢にはいないのが日本の不幸だ。

日本を想う政治家であれば「韓国との国交断絶」を強く主張すべきであり、日本の国益を本気で考えるのであれば、国会議員は今こそ国交断絶に向けて行動を起こす必要がある。

韓国との国交断絶は別に無理なことではない。

韓国側では日本と国交断絶すべきと主張する団体や個人が山ほどいる。それに呼応して互いに関係を断ち切る流れに持っていくのは決して不可能ではない。

韓国は反日が剥き出しになった国であり、日本人に対するヘイトスピーチに溢れた異様な国だ。

「日本に対しては何をやってもいい」という恨みつらみや憎悪の感情が満ちているこの薄気味悪い国と国交断絶するというのは、優れた問題解決の方法のひとつである。国交断絶は日本の国益となる。

「国と国との合意すらも守れない国とは断交しましょう」という意見は、多くの国民も納得する。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

すべての国は自国の国益を真摯に追求している

外交とは「仲良しごっこ」をする場ではない。外交とは国益を追求する場である。現に、すべての国は自国の国益を真摯に追求している。この点は、どこの国も何のためらいもない。

ところが日本だけは、いつも諸外国に「配慮」して自国の国益を損ねてしまっている。

特に韓国に対してはまるで腫れ物に触るように接して、しかも相手が無理難題を押し付けてくるとそれを受け入れるような方向で検討する。

韓国に対しては竹島を奪われても取り返そうとしないし、嘘八百の慰安婦問題で謝罪と賠償を要求されたら、何度も何度も謝罪する。

謝罪するばかりか、今までは日本人の税金を「賠償金」という形で韓国に差し出すようなことすらもしていた。

政治家がこのような売国的な動きをしているのは、中国・韓国・北朝鮮のスパイが日本国内の中に根を張っており、それが政治の世界に侵食しているからだ。

旧民主党系(民進党・希望の党・立憲民主党)、共産党、社民党は売国政治家の嵐で、売国どころか日本人に成りすましている日本人ではない政治家まで存在している。

このような政治家のために、日本だけが純粋に国益を追求できない国になってしまっている。

政治の世界だけではない。マスコミの世界も、宗教の世界も、教育の世界も、財界も、スポーツ界も、芸能界も、映画界も、みんな不正な手段で乗っ取りが行われ、日本人のものではないものになってしまったのである。

日本人はあまりにも人が良すぎるために、重要な中枢部分がことごとく乗っ取られてしまっている。

だから、そういったものの総体として国益を追求できない政治ができあがり、日本は韓国にいつも外交的に叩きのめされ続けるのである。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

「隣国を援助する国は滅びる」という真実は重い

しかし、いくら日本人が鈍感であったとしても、さすがに捏造の慰安婦問題で延々と攻撃され、靖国神社を攻撃され、仏像を盗まれ、強制労働があったと攻撃され、軍艦島の世界遺産をけなされて何も思わない日本人はいない。

旭日旗を戦犯旗、日本海を東海と言い換えされ、日本の教科書に介入され、日本の文化を何でもかんでも韓国起源にされ、韓流を押し付けられ、「豚の足」とヘイトスピーチで罵られ続けるうちに、韓国が異常な国であることは誰でも気付く。

この国と関わってはいけないことが分かる。慰安婦問題にしても、それは日本に謝罪と賠償を要求するための「被害者ビジネス」であると日本人はやっと知るようになった。

そのため、もう8割以上の日本人は韓国を信頼していないという結果になっている。(日本人の80%は合意すらも守れない韓国に怒りを感じている

日本国内では完全に韓国を見る目は変わった。もう日本人が韓国を信頼することはない。

こうした流れの中で、確実に日本から売国政治屋の排除につながっていくようになっている。民進党の崩壊はその序章である。ここから、最終的には国交断絶の実現に向かうべきだ。

「隣国を援助する国は滅びる」とマキャベリは言った。日本人こそがこの言葉を噛みしめるべきだ。

韓国は切り捨てなければならないのだが、そのためには誰が売国政治屋であるのかを知り、こうした人間たちを選挙で振り落とす必要がある。そして、国益を考えている政治家を次々と当選させる必要がある。

韓国との国交断絶が、その先に待っている。

中国・韓国・北朝鮮のように、日本と価値感を共有していない反日国家との関係を清算できれば、日本はまだまだ大きく成長できる。

価値感が共有できない国と付き合って、うまく行くと思う方がどうかしている。韓国とはうまくいかない。うまくいかないものは、遅かれ早かれ壊れていく。

そうであれば、一刻も早く国交断絶が最良の道である。

今の日本には、「韓国と国交断絶すべき」と毅然と言える政治家が必要とされている。いったい、いつになったら正論を言える政治家が登場するのか。そろそろ、こうした政治家が表舞台に立ち上がってもよい頃だ。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営しています。本文を他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

今の日本には、「韓国と国交断絶すべき」と毅然と言える政治家が必要とされている。いったい、いつになったら正論を言える政治家が登場するのか。そろそろ、こうした政治家が表舞台に立ち上がってもよい頃だ。

〓 この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

ツイッターで鈴木傾城をフォローして頂くと、執筆・更新状況などが総合的に分かります。

一般カテゴリの最新記事