日本の内部に潜んだ工作員が、「戦略的」に日本国内で世論を歪めている

日本の内部に潜んだ工作員が、「戦略的」に日本国内で世論を歪めている

中国や韓国や北朝鮮は、凄まじい悪意と憎悪でもって日本を攻撃し続けているのだが、こうした日本人憎悪・日本人差別は「反日」という言葉で括られている。この反日は中国・韓国・北朝鮮では子供の頃から洗脳教育によって叩き込まれる。

だから、こうした反日はこれからも止まることはない。これらの反日国家は日本の隣国ではあっても、友好国になりえない。はっきり言えば「敵対国家」だ。

今まで日本人は「北朝鮮は敵対国家だが、韓国は同盟国であり友好国である」と思い込んできた。

それは、大間違いだ。

靖国神社を戦犯神社と呼び、旭日旗を戦犯旗と呼び、日本海を東海と言い換えるような国家のどこが友好国であると言えるのか。

韓国は慰安婦問題の不可逆的解決のための日韓合意も守らず、徴用工問題の総決算だった日韓基本条約も守らず、日本の自衛隊にレーダー照射するような国である。どの視点から見ても、韓国は「敵対国家」である。

ところが、日本の国内では「韓国は友好国」「問題がこじれるのは日本が悪い」「日本が謝ればすべてうまくいく」という馬鹿げた主張が大声で為されている。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

内部からも「日本のせいだ」と共鳴する

「韓国と日本の関係がこじれるのであれば、日本が悪い。日本が折れるべき。日本が謝れ。日本が関係改善に努力しろ」

このように日本国内で言われることが多い。敵対行為を仕掛けているのは韓国なのに、いったい何が起きているのか。言うまでもない。日本国内に、反日国家「韓国」の工作員やそのシンパどもがうようよしており、彼らが「戦略的」に日本国内で世論を歪めているのだ。

「すべては日本が悪い」という世論のコントロールは、工作員特有の「戦略」であり、活動の軸なのである。こうした工作員は、今や日本の組織のあらゆるところに潜んでおり、政治・経済・文化を掌握してしまっている。

これこそが、戦わずして敵対国を動揺・崩壊させる古典的な工作活動だ。「お前たち日本人が対応を誤ったからこのようなことになった。お前たちの政権が悪い」と叫び、日本内部の工作員が共鳴し、批判の矛先を巧みにズラすのである

いくら韓国が諸悪の根源であったとしても、日本の内部に潜む工作員は「日本の政権が悪いのだ」とすり替え論法を駆使して大騒ぎする。昔からよく使われる内部工作の煽動だ。

(1)外部から「日本のせいだ」と叫ぶ。
(2)内部からも「日本のせいだ」と共鳴する。
(3)日本批判を連日繰り返して日本が悪いことにする。

韓国と日本が衝突を起こすたび、内部工作者が、政治・報道・市民団体という肩書をまとって、したり顔で韓国を擁護して日本を批判する。

彼らは韓国に同調して日本を責め続け、それによって日本を弱体化させ、日本を侵略しようと画策している。日本内部で好き勝手に工作活動をしているのだから、もはや破壊工作員と断定してもいい。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

破壊工作者が行う手口とは?

日本の内部に潜り込んだ反日国家の工作員の仕事は、日本を攻め続けて日本そのものを弱体化させることだ。彼らは、国や行政や教育や報道や企業の内部に潜り込んで、そこから自らが潜り込んだ日本の弱体化に向けて動き出す。

日本を破壊するためにはどうするのか。

国というのは、国民が一致団結している時が最も強い。だから、日本を破壊する内部工作者の仕事は、日本の団結を弱めるために様々な不協和音をばらまいて、日本に対する疑心暗鬼を生み出すことである。そして統制が取れなくする。

工作者自身は、あたかも日本のことを考えているように振る舞いながら、裏側では日本が崩壊するように次々と日本の人々を対立させていく。そして、日本全体を弱体化したあとに崩壊に導くのである。

日本の重要機関に内部工作者が取り付くと、いずれ彼らが破壊分子となって組織は自壊していく。

日本が弱体化しているということは、日本の中枢組織に内部工作者が寄生虫のように取り付いて、癌のように増殖しているということでもある。

不協和音をばらまいて組織の破壊を煽動し、組織が充分に弱体化したところで組織のトップを乗っ取り、組織そのものを変容させて崩壊させていく。そして、最終的に国が乗っ取られる。

国家転覆の工作が日本で行われているというのは、2009年から2012年までの民主党政権時代の売国政策を見ても分かる通りだ。

民主党政権時代の三年間で、日本はもうそのまま崩壊してしまうのではないかと思うほど弱体化してしまったが、日本の中枢が破壊工作者の内部工作で自壊させられたのだから、弱体化して当然だったのだ。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

「外の敵」と「内の敵」の存在

日本の内部からも国家を動揺させようとしている反日の工作員は、日本の破壊工作者である。彼らは日本を破壊させるために何でもする。国益を考える人たちに対する恫喝から買収から嫌がらせまで何でもありだ。

壊れたレコードのように朝から晩まで政権批判を繰り返して、日本の政治・経済を混乱させて破壊しようとする。

彼らはいかにも日本のことを考えているように見せて、巧みに韓国よりも日本が悪いように世論をすり替えていく。

そして、乗っ取られたマスコミが、それを電波に乗せて「批判の声」を増幅させる。そうやって、外側にいる反日国家と共に日本を破壊しようとしている。

韓国の主張に便乗して日本国内で政治の混乱を煽動している工作員どもは、やりたい放題している。こうした工作員に今まで日本はやられっぱなしで、国益を考えている日本人は常に叩き潰されてきた。

しかし、韓国の横暴が目に余るようになりつつある2019年、危険な工作員が日本内部に潜んでいるという現実を、いよいよ日本人は問題視するようになっている。

日本には中国・韓国・北朝鮮という「外の敵」と共に、日本国内にいる「内の敵」がいることの危機感をやっと持つようになったのだ。

(1)外部から「日本のせいだ」と叫ぶ。
(2)内部からも「日本のせいだ」と共鳴する。
(3)日本批判を連日繰り返して日本が悪いことにする。

果たして、日本の政界・財界・報道界・教育界などに潜む内部の敵とは、いったい誰なのだろうか? その発言を注意深く見聞きした時、あなたも「内部の敵」を発見するだろう。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

果たして、日本の政界・財界・報道界・教育界などに潜む内部の敵とは、いったい誰なのだろうか? その発言を注意深く見聞きした時、あなたも「内部の敵」を発見するだろう。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

一般カテゴリの最新記事